10年前は小ジワだったしわが、50代になると長くなったり深みも増してきます。今までは簡単に美肌効果ができたはずが、急に変化なしとがっかりしてしまうこともよくあります。

でも、50代になったからといってしわだらけの顔で過ごすわけにはいきません。いつでも夫や知人に綺麗と思われるために、美容ケアをパワーアップしてしわの悩みを解消しましょう。

ここの記事では、しわが進行しないように、またできてしまったしわを効率よくケアする方法を9つお伝えします。

50代だからこそ、ワンランクアップの美容ケアで、若い人の肌との差を縮めましょう。

ホーム用美顔器でしわを目立たせなくする方法3選

美容用具

参照:MTG

美顔器は自宅でエステ並みの美肌ケアができる美容マシンです。エステに行くよりコストを抑えられ、好きな時にしわケアができるのがメリットです。

美顔器には様々な種類があり、とりわけしわにおすすめの美顔器でハリのある肌に磨くことができます。

1.ラジオ周波美顔器

RF美顔器は高周波により、機能が衰えた50代の肌コラーゲンを熱刺激しながらしわを伸ばしてくれます。リンパの流れも良くなり、デトックス効果も発揮しながらくすみのない肌を維持します。さらに、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出す、繊維芽細胞の増殖もしてくれるので、たるみやしわのない肌が実感できます。

2.マイクロカレント美顔器

肌に弱めの電流を流して、肌の電流を正しながら細胞をイキイキと機能させます。肌のターンオーバーも促進でき、コラーゲンを増やしてくれます。

表情筋のリフティングにおすすめのデザインで、しわやたるみのある肌をシャキッと効率よく引き締めます。

3.EMS美顔器

EMS美顔器は、顔の筋肉をパルスでマッサージをしてくれます。50代になると表情が乏しくなることもあるので、筋肉が硬直しがちです。

そこで、EMSのパルスで筋肉をほぐしながら、頰の筋肉が鍛えられしわやたるみを目立たせなくします。血行も良くなり、若々しい肌に整えます。

フェイシャルエステで本格的なしわケアをする方法3選

ファイシャルエステ

セルフケアで50代のしわの進行を抑えることができないというときは、プロの手によって美容ケアをするのもおすすめです。的確なフェイシャルケアを行ってくれるので、無駄な時間や手間を省くことができます。体験コースも利用できるエステも多いので、初めてでも安心してトライできます。

また、エステによって、回数制や時間制になっているので、自分のライフスタイルに合わせながら満足したしわ取りをしましょう。

1.エンダモロジーでエラスチンの増殖を促進

顔の筋肉が衰えがちな50代以降の肌は、エンダモロジー美容マシンで筋肉をほぐして肌細胞を活性することができます。血行が良くなり、新陳代謝も活発になるので、しわを目立たせなくする繊維芽細胞を増やすことができます。

繊維芽細胞はエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分を生成してくれます。50代の肌に弾力とハリを取り戻しながらしわを改善します。

2.生コラーゲントリートメント

コラーゲンを配合している美容液やクリームでは実感できなかった場合でも、エステが使用する生コラーゲンならしわを取る効果が高まります。肌の角質層までしっかり浸透しながら、肌の皮脂と水分のバランスを整え、持続的なハリや弾力が実感できます。

3.エレマグ美容マシンで美容成分を浸透させる

エレマグは、美容成分を肌の角質層まで届ける美容マシンです。肌に美容成分が浸透しやすいように肌を柔らかく整えるので、しわを効率よくリフティングします。また、肌自体が潤いを保てるようにサポートして、肌をみずみずしく維持します。

自宅で美容成分配合の美容クリームなどを使っていても、分子が大きかったり、毛穴が詰まっているなどでしわケアの効果が半減することがあります。イオン導入の美顔器は自宅でも利用できますが、エステのエレマグならパワーアップした効果が実感できます。

美容外科で永遠の美肌をキープする方法3選

美容外科

美容外科での美容成分注射では即効的な美容ケアができますが、しわのない肌を維持するために高いコストがかかります。しかし、どんなに高価なエイジングケアコスメを使っても効果がないときは、一度試してみる価値があります。

1.ヒアルロン酸注射

美容保湿成分であるヒアルロン酸注射は、肌の内側にジェルを注入して体内に存在しているヒアルロン酸と相乗作用をして、しわをリフティングします。

ヒアルロン酸注入は美容成分注入の中でも素早い効果が期待できますが、持続性が劣るため定期的に補充する必要があります。

主に海外製品を使用するヒアルロン酸注射には様々な種類があり、タイプにより2万〜10万円と異なります。50代のしわはまだ個人差があるので、予算に合わせた選択ができるのがメリットです。

2.ボツリヌス菌注射

ボツリヌス菌注射は、しわを作ってしまうアセチルコリンを抑える菌です。菌が活動すると、筋肉の動きが緩やかになるので、しわの進行を遅らせることができます。

注入後3日で効果が実感でき、50代のしわでもスピーディーに和らげることができます。突然の大切なイベントが舞い込んだときなどSOSの美容対策となります。

ボトックスよりも料金が安いので、初めての美容成分注射としてもおすすめです。

3.ボトックス注射

通販やお店などでも購入できるボトックスですが、素人がボトックスでしわを改善するのは危険です。そのため、品質や技術が保証された美容外科で注入してもらうのが安心です。

ボトックスは、しわの原因となるアセチルコリンという物質を抑制して、スムーズな肌にしてくれます。1回1万円以下ででき、約1週間で効果が現れます。

50代のしわには、肌の内側と外側からの本格的なケアがおすすめ!

笑顔の女性

50代になったなら、年齢だけでなく美容ケアもレベルアップしてしわをなくしたい!そんな時に、美顔器やエステ、美容外科での美容ケアは大きなサポートとなります。50代になるとしわも本格的になるので、それなりに高度なレベルの美容ケアが必要です。コストが多少かかっても、50代以降も美しさを維持するためなら安いものです。自分に合ったしわケア方法で、モッチモチの肌を自慢しましょう。