50代になると、否が応でもしわが増えたり深くなってしまいます。若い頃よりも、美容には人一倍気を使っても、何か物足りないと感じることはよくあるものです。

ぐっすり寝ても、美容コスメを使ってもしわが進行してしまうのはなぜ?それは、50代のしわの原因は10年前よりも深刻になってしまうからです。

50代だからと諦めることはありません。ここの記事で、しわが増えたり進行してしまわないように、今から原因を探って美容維持をしましょう。

50代のしわの原因5つ

明るい女性

50代のしわは20代の一時的なしわとは大きく異なります。しわが翌日になっても取れなくなったり、どんどん増えてしまうのはこのような原因があります。

原因①肌の乾燥

50代になると美容成分の減少と同時に肌の潤いが低下するので、乾燥しやすくなります。特に乾燥していない環境にいても、肌に貯蓄されている水分が少ないため時間が経つごとに肌がカサつきます。

肌が乾燥すると、肌が干ばつ状態になり、肌荒れを起こしてはしわを作ってしまいます。また、肌のバリア機能が低下することで、乾燥や紫外線からのダメージを受けやすくなることも乾燥の原因です。特に目や口の周辺の乾燥が感じるようになり、しわが目立ちやすくなります。

原因②ターンオーバーが遅くなる

肌のしわを抑えるのは美容成分だけでなく、ターンオーバーも大切な美容維持の一つです。50代以降の肌は新陳代謝も低下し、ターンオーバーも遅れがちです。そのため、肌細胞が再生できずしわやシミなどの原因となり、肌の年齢サインを進行させてしまいます。

毛穴の中に溜まった老廃物も詰まったままになるので、潤い機能も低下してはしわができやすくなります。

原因③女性ホルモン分泌の減少

更年期や閉経に差し掛かる50代になると、今まで美容をサポートしていた女性ホルモンの分泌が著しく減少します。

女性ホルモンのエストロゲンは、肌のハリや潤いを維持してくれる美容ホルモンでもあります。体内から分泌される天然の美容成分がほぼ失われてしまうので、しわを引き起こします。

原因④表情筋の衰え

加齢とともに、表情筋がだんだん衰えてはしわになります。表情筋は顔にある8つの筋肉を総称したもので、50代になれば、とりわけ口輪筋や眼輪筋など様々などの筋肉がたるみ、ほうれい線や目のしわとして現れます。

原因⑤運動不足

美容と健康に欠かせない運動ですが、50代になると腰を上げるのさえ億劫に感じます。そのため、運動不足になっては、血行が悪くなり、肌へ栄養が行き届きにくくなります。

肌の栄養不足はしわの原因になりますので、エイジングケア以外にも運動もプラスすることが大切です。

50代のしわの進行を抑える方法5つ

スキンケア

50代のしわの原因を知った後には、今あるしわを進行させないように、また予防のために美容対策をしましょう。

方法①肌の潤いをこまめに行う

50代の肌の乾燥は、通常の美容ケアでは物足りません。肌の角質層が水分を保つことができるように、パックなどのスペシャルケアを定期的に行ってしわを防止することが必要です。

また、室内が乾燥しないように加湿器を使ったり、カサつきを感じたらすぐに保湿できるように手元に保湿美容コスメを用意しておくと良いです。

肌が一定して潤うと、ターンオーバーも促進できるので、ヒトセラミドやヒアルロン酸など、高い浸透力のある潤い美容成分でしわを進行させないようにしましょう。

方法②正しいスキンケアを行う

しわを和らげたり、発生しなくするには、普段の正しいスキンケアを行うことも大切です。クレンジングからクリームまで自分の肌に合ったものを使用するのはもちろん、低刺激のものを使用することでしわを防ぐことができます。

メイクをしない日や朝の洗顔は、お湯だけの洗顔でも大丈夫です。また、50代でスクラブやピーリングを行うときは、週に1回にとどめ、微粒子のもので優しく汚れをオフすることが大切です。

方法③エクオールをサプリで補う

50代になるとエストロゲンの分泌に期待ができなくなります。そのため、しわや乾燥などが進行してしまうので、食品やサプリなどでエストロゲンを補うことが大切です。

中でも大豆イソフラボンは、エストロゲンと似たような作用をする天然美容成分としておなじみです。しかし、なかなか食事では効率よく摂取できないのも事実です。

実際、エストロゲンの代役をしてくれるのは、大豆イソフラボンが腸内で変換して始めて得られるエクオールです。

しかし、うまく体内でエクオールを得ることができるのは、50%の確立です。

そのため、エクオールを効率よく摂取するには、エクオールそのものを配合したサプリで50代の美容維持をすることをおすすめします。

方法④フェイシャルマッサージをする

フェイシャルマッサージは、顔の表情筋を鍛えてフェイスラインやしわをリフティングします。フェイシャルマッサージは自宅でも気軽にできるので、予防のためにも、気になる部位から始めてみましょう。

マッサージはあくまでも優しく行い、肌に摩擦を与えないことでしわの原因を回避することができます。

50代になってから、体がなまったという女性も多いものです。同時にしわやたるみが加速し始めたというときは、運動をして新陳代謝をアップしましょう。筋肉が鍛えられて血行も良くなり、肌がイキイキします。

しわをとるおすすめの運動は、ジョギングやヨガなど、ゆっくりと長時間行う有酸素運動です。短距離走など短時間で激しく行う無酸素運動は、活性酸素を増やし逆にしわの原因となるので注意しましょう。

運動はいきなり長時間行うと挫折しやすくなるので、少しずつできる運動から始めてしわを防止をするのがコツです。

50代のしわには体の中から美容維持をするのが大切

明るい女性

50代のしわの原因は体内の変化によるものが多いので、内側からしっかりケアしてしわの進行を抑えることが大切です。美容にはもちろん、健康に良い方法もあるので、今から習慣付けておきましょう。