50代になると、肌の年齢サインが顔だけでなく首にも現れます。何重も首輪をつけたかのように、たくさんしわができたり、しわくちゃなヨレができてしまっては、メイクをしても美容効果が半減してしまいます。

デコルテにも影響を与えては、肌を露出するファッションに消極的になってしまいます。しかし、初期のうちに適切な方法でケアすれば、50代でもなめらかなネックラインを簡単に維持することができるのです。

そこでここの記事では、首のしわをなくしてデコルテも美しく見せる5つの方法をピックアップしました。50代の首のしわのコンプレックスを毎日の簡単美容ケアでなくしましょう。

50代の首のしわの原因

首のしわ

首にしわができる原因を把握することで、より良い改善へつなげることができます。首は顔よりも衣類などで覆うことが多いので、ついしわを見逃しがちです。

首は顔よりも皮膚が2/3と薄いため、本来なら顔よりもよりケアに気を使いたい部分です。

皮下組織の衰え

首のしわの主な原因は皮下組織の衰えです。顔も皮脂組織が衰えるとしわができますが、顔には首にない靭帯があるため、たるみに耐えることができます。

さらに、コラーゲンやエラスチンなどの美容成分も減少することで、しわができやすくなります。

皮下脂肪の増大

50代になると新陳代謝が衰えるため、エネルギー変換が行われにくくなります。そうなると、顔や首に脂肪が増えては、ハリの低下も重なりたるみやしわが起こりやすくなります。

さらに、脂肪が増加するにつれて、コラーゲンやエラスチンの生成ができにくくなるのでしわが進行してしまいます。

顔だけでなく全身にも贅肉がついてしまうので、ボディラインも乱れやすくなります。

顔の表情筋の衰え

50代になると表情筋が衰えるので、額から顎にかけてしわがあちこち出やすくなります。首は顔と繋がっているので、その影響を受けては首の皮膚もたるんできます。同時にしわとして刻まれ、波が押し寄せるように波紋を描きます。

首を曲げた姿勢で過ごすクセがある

自宅のソファーや椅子の上では、リラックスした姿勢で過ごしたくなるのは最もです。しかし、首を傾けたり、下に向けるクセがつくと、しわとなって跡が残ってしまいます。

血行不良

首は頭の重さに耐えながら、様々な動作を行ったり頭をリフティングしています。そのため、血行やリンパの流れが悪くなり、首の耳下から鎖骨に伸びる太い胸鎖乳突筋が凝りやすくなります。結果、肌にも栄養が届きにくくなり、しわやむくみの原因になってしまいます。

50代の首のしわをなくす5つの方法

首のしわ

50代の美容ケアとして忘れがちな首のしわは、現れてから気づくことが多いです。しかし、パニックになって、無理に首をこすったりしては逆効果になります。

50代の首のしわの原因に沿いながら、適切な方法で首のしわをスムーズにしましょう。

1.首用の美容コスメでハリを与える

美容コスメは顔中心のものが多いですが、コラーゲンやエラスチンを配合した首専用の美容コスメを使用すれば、効率良くしわをなくすことができます。

もちろん、フェイスクリームでもコラーゲンやエラスチンを配合しているものなら、首にハリを与えてネックラインをスムーズにしてくれます。

首のしわケアは、スキンケアをするときに行うことで、フェイスとネックの一貫した美容ケアができます。

2.首のエクササイズで胸鎖乳突筋をほぐす

胸鎖乳突筋は、顔を横に向くときに耳下から鎖骨にかけて出る太い筋です。胸鎖乳突筋の凝りをほぐして血行促進をすることで、首のしわやデコルテを美しく見せることができます。オフィスワークをしている50代の方でも、椅子に座りながら手軽にできるエクササイズですので、ぜひ試してみましょう。

 

・椅子に深く腰掛けて、顎を引きながら視線は軽く下を見るようにします
・左耳上に右手をおきながら、右側にゆっくりと頭を傾けます
・左側のネックラインを伸ばし息を吐き、左肩の力を抜いたまま30秒間維持します
・反対側も同様に行います

 

3.リンパマッサージをする

首は凝りやすいので、血行を促進するリンパマッサージをして首や顔の肌に栄養をたっぷり届けることが大切です。デトックスもできるので、むくみや脂肪の除去などトータルな美容維持におすすめです。

また、肩こりや眼精疲労も軽減してくれるので、美容と健康維持のためにもスキンケアのルーティンとして習慣づけましょう。

  1. 美容クリームを首に塗ります
  2. 人差し指、中指、薬指を合わせて、首筋に沿って耳下から鎖骨に向けて押します
  3. 鎖骨の下を内側から外側へ向けて滑らせます

4.頰の筋肉を鍛えて首のしわをなくす

50代の首のしわは、顔の表情筋の中でも頰の筋肉である頬筋(きょうきん)を鍛えることでしわを抑えることができます。

さらに、口元にある大頬骨筋と小頬骨筋も同時に鍛えることができるので、頰のたるみが抑えられ、首のしわやデコルテにハリを与えてくれます。

5.有酸素運動をして脂肪燃焼をする

50代になると運動不足を自覚していても、なかなか実行に移せないことが多いです。その割にカロリーが高い食品を食べてしまっては、脂肪が顔や首にどんどんついて美容レベルがダウンしてしまいます。

脂肪はハリの大敵ですので、有酸素運動で脂肪燃焼をして脂肪細胞を抑えることが大切です。有酸素運度は主に以下のものがあり、美容と健康維持にも普段から少しずつ始めると良いです。

 

・ジョギング
・ウォーキング
・サイクリング
・水泳

 

50代の首のしわの原因を抑えて首やデコルテを美しくキープ

首のしわ

50代の首のしわは、主に筋力やコラーゲンなどの美容成分の低下が原因です。ボディと同様、エクササイズや美容ケアを行うことで、しわをなくすことができるので今から実行しましょう。また、それほど首のしわが気にならなくても、50代を過ぎれば首のしわが突然大きく現れることもあるので、デコルテも含めた美容ケアを習慣づけておくことをお勧めします。