年齢を重ねていくと、ふと「このまま同じ洗顔を続けていていいの?」と思うことがあるはずです。スキンケアの基本となる洗顔。化粧水や美容液と同様に、いまある肌悩みに合わせて変化させていく必要があります。

ここでは、50代からの肌におすすめの洗顔石鹸をまとめてご紹介していきます。いまある年齢サインを洗顔でもアプローチしていきましょう!

50代からの肌に必要な洗顔とは?

「20代の洗顔」と「50代の洗顔」。お肌のコンディションや悩みが変化するのと同様に、必要とする内容も大きく変わっていきます。では、年齢サインが目立ちはじめる50代からの洗顔はどういったものであるべきなのでしょう。

ここでは、おさえるべきポイントをいくつかチェックしていきます。

肌に優しい洗顔

皮脂が多めの若い頃は、少し刺激が強めでも「落とすこと」に集中してしまいがち。しかし、そんな洗浄力が強めの洗顔を50代以降も続けていては、肌が悲鳴をあげてしまいます。

乾燥やシミ、しわなどの年齢サインが気になる肌には、これ以上悪化させないためにも「肌に優しい洗顔」を心がけることが最も重要です。

 

使用する洗顔料はできる限り刺激の少ないものを選び、洗顔によって肌がダメージを受けないよう配慮しましょう。

 

不要な汚れはしっかり落とす

年齢を重ねた肌はターンオーバーが行われづらく、皮脂や角質汚れが溜まりやすくなっています。毎日の洗顔で落とすべき汚れをスッキリ落とすことは、エイジングケアにも欠かせません。

50代から選ぶ洗顔料は、肌への優しさと共に一定の洗浄力も必要になります。

 

保湿効果や美容効果もプラス

洗顔は落とすだけのものだと思っていませんか?過敏になる50代の肌に使う洗顔料は、落とすだけでなく「与える」ものを選びましょう。

 

たとえば、保湿成分や美容成分を配合した洗顔料ものを使用することで、洗顔後のツッパリや乾燥を防げます。また、肌のコンディションを整え年齢サインの改善にはたらきかけることもできるのです。

 

 

洗顔でエイジングケア!50代からの肌におすすめの洗顔石鹸

 

では、さっそく50代からの肌におすすめの洗顔石鹸をご紹介していきましょう!

不要な汚れをしっかり落としながら、肌にあるべきうるおいは残す。機能性と優しさのバランスがとれた優秀アイテムが揃っています。

 

ヴァーナル もち肌洗顔石鹸

ヴァーナル もち肌洗顔石鹸

メーカー:ヴァーナル

しっかり落とすこととうるおいを守ること。これを一つの洗顔料にまとめることはなかなか難しいことです。そこで開発されたのが、クレンジング石けんと美容液石鹸の2種類の石鹸で洗顔ケアをする「ヴァーナル もち肌洗顔石鹸」。

落とすための「クレンジング石けん」には、優れた吸着力をもつ麦飯石や抗菌作用があるドクダミなどを配合。もっちり泡が肌にピタッと吸い付き、汚れを残さず洗い流します。

うるおいを守る「美容液石けん」は、その名のとおり美容成分をたっぷり配合した石鹸です。シアバターやアボカド油をはじめとする保湿成分が洗顔後の肌にうるおいを与え、カミツレエキスやドクダミなどの整肌成分が乱れた肌環境を整えていきます。

このW洗顔によるアプローチで、毎日の洗顔をさらに効果的なものに変えていきましょう!

 

然 よかせっけん

然 よかせっけん

メーカー:長寿の里

肌の乾燥や毛穴、黒ずみなどのあらゆる年齢サインを、濃密な泡で改善へと導く「然 よかせっけん」。超微細な火山灰「シラスパウダー」を配合し、毛穴奥の汚れまでスッキリ掻き出してくれます。

また、コラーゲンやローヤルゼリー、アロエエキスなど肌にハリツヤを与える美容成分がたっぷり。配合成分の60%以上を美容成分が占めているので、洗顔後の肌はもっちりうるおいを保っています。

肌に優しい自然由来の成分を中心に構成されているので、敏感になりがちな年齢肌でも安心して使えます。一つひとつ手作りされたこだわりの石鹸を一度試してみませんか?

 

クレイウォッシュ

クレイウォッシュ

メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

最新のサイエンステクノロジーによって肌悩みに直接的なアプローチをするスキンケアブランドのビーグレン。なかでも人気なのが「泡立てない洗顔」のクレイウォッシュです。
天然クレイのモンモリナイトを配合し、古い角質や酸化した皮脂などの汚れを磁石のように引き寄せ残さず除去。スクワランやヒアルロン酸などの保湿成分を配合したなめらかなテクスチャーで、肌のうるおいを逃さず優しい洗顔が目指せます。
汚れはごっそり落とすのに、保湿ケアしたあとの肌のようなしっとりした洗い上がりが魅力。洗顔後ツッパリや乾燥しやすいという方におすすめの洗顔アイテムです。

 

年齢肌の洗顔で注意したいこと

若い頃の肌より、よりデリケートになっている50代からの年齢肌。洗顔アイテムはもちろん、毎日の洗顔方法も見直す必要があります。

あの頃と同じ方法を続けていては、後に取り返しのつかないトラブルへとつながってしまう可能性も。現状の肌に合った洗顔を今日から始めましょう!

ゴシゴシ洗わない

意外とやっている人が多いゴシゴシ洗い。汚れはしっかり落とせそうですが、実は一緒に肌を傷つけうるおいまでも奪ってしまっています。この洗顔を毎日続けていると、そのうちシミやしわ、乾燥などのトラブルを起こしかねません。

 

洗顔は、泡や洗顔料を肌の上で滑らせるように行いましょう。なるべく肌を直接触れないようにして、肌への摩擦ダメージを防ぎます。

 

「これでちゃんと洗えているの?」と感じるかもしれませんが、これだけで十分不要な汚れは落とせます。肌への刺激を少なくすることで、洗顔後のツッパリや乾燥もなくなるはずです。

 

何度も洗わない

朝の洗顔に洗顔料を使っていませんか?寝起きの肌が皮脂でベタベタしていると、ついサッパリ洗いたくなってしまいますよね。

しかし、洗顔料を使って洗顔することは、少なからず肌への負担となっています。ただでさえ不安定な年齢肌に余計な刺激を与えることは、あまりおすすめできません。

 

朝の洗顔は、なるべくぬるま湯で軽く汚れを落とす程度に済ませましょう。どうしてもベタつきが気になる方は、化粧水を含ませたコットンなどで拭き取るなどの処置がおすすめです。

 

洗顔後の保湿は手早く行うこと

入浴ついでに洗顔をすると、着替えやボディケアを優先してしまいフェイスの保湿ケアが後回しになってしまいがちです。

 

洗顔後の肌は、5分以上放置すると乾燥状態に陥ってしまうのだとか。それを毎日繰り返していては、間違いなく慢性的な乾燥肌になってしまいます。

 

洗顔後はなるべく早めに保湿ケアへと移りましょう。どうしてもすぐに時間がとれない場合は、シートマスクを付けておくなどしてうるおいを逃さない工夫をすることが大切です。

おすすめの保湿ケアステップは以下の手順となります。改めて確認しておきましょう!

 

・化粧水をたっぷり手にとり肌に浸透させる
・手の平で顔全体を包み込み、20秒ハンドプレスする
・美容液を手にとり体温で軽く温める
・ハンドプレスしながら顔全体になじませる
・乳液、またはクリームを顔全体に薄くのばす
・最後にハンドプレスでうるおいを閉じ込める

化粧品によってケアの手順は異なります。メーカーの指示に従って適切なケアを行いましょう。肌への浸透力を高めるには「ハンドプレス」することがポイント。体温で温めながら、美容成分を奥まで届けていきましょう!

 

美肌のために洗顔からリニューアル!

リラックスする女性

スキンケアをマンネリ化してしまうと、肌を美しく成長させることはできません。いまある肌の状態を把握し、より良いケアにリニューアルしていきましょう!

洗顔はアイテムを変えるだけでもその効果は大きく変化します。自分の肌に合う洗顔石鹸をとり入れて、洗顔でも美肌へとアプローチしてくださいね。