Playfullとは…
40代以上の女性のために作られた
webマガジン

一度きりの人生を愉しむ、
前向きな新大人だけが集う、
会員制コミュニティBLANCが提供
http://shin-otona.jp/blanc/

 

 

 

50代になるとどんな方向から見ても、しわやたるみが消えなくなります。美容コスメでエイジングケアをしても、どれも同じに感じてしまうこともよくあります。メイクでカバーしようとしては、厚化粧になってはヨレやすくなるものです。

そんな時におすすめなのが、しわとたるみを改善してくれる表情筋エクササイズやリンパマッサージです。内側からの美容ケアは50代のしわやたるみには欠かせないジェスチャーです。

さらに、小顔になるマッサージ法もプラスして、数分でリフトアップできる方法をまとめました。

まずは、しわとたるみの原因をチェックして、気になるしわやたるみを改善しましょう。

50代のしわとたるみはどうしてできる?

しわが気になる女性

しわやたるみは、50代以前から少しずつ現れてきます。しかし、50代になると様々な要因が重なって、しわやたるみが目立ちやすくなります。

女性ホルモンと美容成分の減少

50代以降の肌は、40代では耐えていた美容成分が大幅に減少してしまいます。これは、加齢や閉経によって、エストロゲンがほぼ分泌をしなくなるからです。同時に、エストロゲンによって生成されていたコラーゲンなどのハリや潤い成分の生成も衰えてしまうため、しわが深くなったりたるみの重たさも目に見えて増加します。

表情筋のたるみ

全身の筋肉がたるむように、顔の筋肉である表情筋も全体的に衰えてきます。50代になると、まぶたや頰などが垂れ気味になるのは、表情筋のたるみが一つの原因となっています。

血行が悪くなる

加齢とともに減ってくるのが運動量です。運動不足になると血行が悪くなり、ターンオーバーのリズムがさらに乱れてしまいます。結果、肌のハリや潤いが維持しにくくなり、しわやたるみができやすくなります。

紫外線からのダメージ

50代と20代では、今まで浴びた紫外線量が当然異なります。しっかり紫外線防止ケアをしていても、少なからず肌に蓄積されてしまいます。紫外線はシミやそばかす、そしてコラーゲンの生成を破壊してしまう有害光線です。50代でハリが失われてしまうのは、このような外的要因も関わっています。

肥満

中年期は代謝酵素が少なくなったり、運動不足も重なることから、摂取カロリーをしっかり消費できず肥満になりやすいです。贅肉がついてしまうと、重さによってたるみが著しくなってしまうのは想像できます。たるみの重さでしわも深くなりやすく、症状が悪化してしまいます。

50代のしわやたるみを抑えるエクササイズ法

顔エクササイズ

高価な美容コスメに愕然していませんか?そんな時には、根本的な美肌作りをするエクササイズを試すことをお勧めします。ここでは、50代のしわやたるみが目立ちやすい、下まぶたと頰のエクササイズをそれぞれ2つずつお伝えします。短時間で肌のリフティングがしっかりできるので毎日行いましょう。

目の下まぶたのエクササイズ

目の下まぶたのたるみやシワは、目の周囲にある眼輪筋の衰えが原因です。眼輪筋を鍛えて、目の下のしわやたるみを改善しましょう。

エクササイズ法①:

1. 顔をまっすぐにしたまま視線を上に向けます
2. 下まぶたを上まぶたに引き付けるようにして持ち上げます
3. 目を完全に閉じずに細くしたまま5秒間そのまま維持します
4. 20回繰り返します

 

エクササイズ法②:

1. まず上に視線を向けて、そのまま左上、左真横、左下に視線を移動します
2. 次に目を細めながら視線を下に向かせ、右下、右真横、右上に視線を移動します
3. 5回繰り返します

頰のエクササイズ

エクササイズ法①:

1. アイウエオと一文字ずつはっきりと発音します
2. 20回繰り返し、1日に3回セットで行います

 

エクササイズ法②:

1. 風船を膨らますように両頬を思いっきり膨らませます
2. 10秒間このままの状態をキープします
3. 頰の元の状態に戻します
4. 片方の頰を膨らまして5秒間維持します
5. 頰を元の状態に戻します
6. もう一方の頰を膨らまして5秒間維持します
7. 口の上側をを膨らませて5秒間維持します
8. 口の下側を膨らませて5秒間維持します
9. チューをするように口をすぼませて5秒間維持します
10. そのまま両頬をゆっくり膨らまし5秒間維持します
11. 口の中の空気を出します
12. 1〜11を3回セット行います

 

【アップップメソッド】表情筋を鍛えるならコチラ

しわとたるみを改善して小顔になる方法

小顔女性

しわとたるみを直接にとるエクササイズ以外にも、フェイスラインを引き締めたり、むくみをとることでも効果アップできます。見た目の年齢が若くなり、メイクも楽しくなります。

エクササイズの結果により、自分のしわとたるみの原因はどれなのか、判断するためにも役立ちます。

顎と舌のエクササイズ

顎と舌のエクササイズで、顔から首のラインが美しくなります。しわやたるみで崩れやすい全体のフェイスラインを引き締めることができ、小顔でフェミニンな印象になります。

1. 顔を45度上に向けます
2. 広頚筋(こうけいきん)と呼ばれる首の筋肉を伸ばしながら下唇をグッと前方に突き出します
3. そのまま10秒間キープします
4. 10回繰り返します

むくみを取って小顔になるマッサージ

たるみはむくみがあると、頰のたるみや二重アゴがさらに重く見えてしまいます。そこで、リンパの流れを促進して、デトックスをしながらむくみを取るマッサージをしましょう。

1. 親指と人差し指で頰を挟みながら筋肉をほぐします
2. 耳に向けて、頰の挟んだまま指を滑らすようにリンパマッサージをします
3. 5〜10回繰り返します

しわとたるみを取るエクササイズやマッサージ効果を上げる方法

オイル

しわとたるみのエクササイズやマッサージを行うときに、より良い効果を得るには次のコツを実行しましょう。

美容クリームやエッセンシャルオイルを併用する

エクササイズやマッサージを行う前に、美容クリームやエッセンシャルオイルを顔に塗ると、肌に負担をかけずに行うことができます。美容成分が肌に浸透しやすくなり、ハリや潤いを高めます。

50代では体内で生成される美容成分が少ないので、コラーゲンやエラスチンなどのハリ成分を配合したものや、マルチビタミン配合のクリームやオイルがおすすめです。

入浴中に行う

入浴中は肌の血行が良くなるので筋肉がほぐれやすく、エクササイズやマッサージ効果が高まります。リンパの流れも良くなり、老廃物を排出しながら小顔が実感できます。

こすらずにマッサージをする

しわやたるみのエクササイズは、手を使わずに行うことができますが、マッサージをするときは、つい肌をグイグイ押してしまいがちです。

しかし、無理に肌を左右にゴシゴシマッサージしてしまうと、リンパ節にダメージを与えては血流が悪くなります。また、しわを作ってしまう原因にもなります。

正しいマッサージ法は、筋肉のコリをほぐしながら血行促進をし、表面をマッサージすることが大切です。毎日続けることで、すっきりとしたフェイスラインを整えることができます。

【アップップメソッド】表情筋を鍛えるならコチラ

50代のしわとたるみはエクササイズとマッサージで解消!

しわのない女性

50代のしわとたるみのケアは、エクササイズとマッサージを続けることで解消することができます。どこでも簡単にできる方法がいろいろあるので、リラックスしながら行ってください。また、効果アップの方法も参考に、しわケアをしたりフェイスラインを引き締めましょう。

【合わせて読みたい】


 

Playfullとは…
40代以上の女性のために作られた
webマガジン

一度きりの人生を愉しむ、
前向きな新大人だけが集う、
会員制コミュニティBLANCが提供
http://shin-otona.jp/blanc/