スキンケアで50代のくすみを効果的に解消するには、洗顔だけでなく化粧水も大切です。洗顔で毛穴をクリアにした後に、しっかり美白効果のある化粧水を浸透させればベターな効果が実感できます。

くすみをとる美白ローションは、様々なメーカーから販売されています。しかし、頑固な50代のくすみを化粧水でなくすには、いろいろな角度からのこだわりが効果アップのポイントとなります。

ここでは、50代のくすみがどのくらいクリアになるのか、表面だけでなく、内側からくすみをとる美白化粧水の選び方、効果的な使い方、保存法などをお伝えします。

くすみのベールを剥がして、肌に透明感を与えましょう!

50代のくすみをとる美白化粧水の選び方

美白化粧水

プチプラから一流ブランドまで、くすみをとる美白化粧水は実にピンキリです。若い頃はコスパで選んでもなんとか地肌でキープできるものの、50代ではそうはいきません。そこで、どんなポイントに注目して効率よくくすみを改善できる化粧水を選べば良いのか、ここでチェックしましょう。

有用美容美白成分が配合されているものを選ぶ

くすみケアを重視した美白化粧水には、有用美容美白成分が配合されていることが前提です。以下の美容美白成分に注目して、くすみケアをしましょう。

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • 緑茶エキス

美容成分が満遍なく配合された美白化粧水を選ぶ

女性ホルモンの減少や表情筋の緩みで、50代の肌はくすみがちになります。そこで、美白化粧水を選ぶときには、コラーゲンやヒアルロン酸など、美容成分をたっぷり配合した化粧水を使いましょう。

さらに、濃縮配合で低分子のものならより効果を高めることができます。肌の奥まで長時間ハリと潤いを与えることができ、肌が柔らかくなります。ターンオーバーも促進されて、艶やかな肌になります。

薬用や医薬部外品と表記されている美白化粧水を選ぶ

美白という文字だけで化粧水を購入しては、効果がなかったという話はよく聞きます。それは、主に配合量が少ないことが原因です。

配合量はパッケージに記載されていないので、一目で判断しにくいです。そんな時は、薬用や医薬部外品である化粧水なのかチェックすることをおすすめします。

薬用や医薬部外品は、厚生労働省が効果を認めた製品です。つまり、美白化粧水なら、美白効果が実感できる有用成分が適量配合されているということです。

また、配合成分の順番が先になっているほど配合量が多い成分なので、さらに美容に良い化粧水なのか知ることができます。

50代のくすみをとる美白化粧水の効果的な使い方

美容液イメージ

自分にぴったりの美白化粧水を選んだら、早速その効果を実感するために、効果的な使い方をここにまとめました。美白だけでなく、ハリや潤いもアップしてトータルな美容ケアをしましょう。

使用前に肌を清潔に整える

どんなに高品質の化粧水でも、毛穴が汚れていては、浸透することができません。せっかくの美容成分が肌の表面に残ってしまっては、もったいないです。浸透力の高い化粧水のはずが、いつまでも肌の上にヌルヌルしている時は、毛穴が詰まっているのが一つの原因です。

メイクをした日はクレンジングはマストです。クレンジングと洗顔が同時にできる洗顔料もありますが、一つずつ使用した方が効果的に汚れを落とすことができます。また、洗顔は1日2回行い、肌の汚れを除去することが大切です。

また、週に数回ピーリングをしたり、美顔器で肌のクレンジングをするのもおすすめです。化粧水が効率よく浸透し、くすみをなくしてくれます。

美白化粧水を人肌に温める

50代の肌は硬くなりやすいので、美白化粧水を温めて浸透しやすいようにしましょう。化粧水を両手で温めて肌につけると、肌が柔らかくなり浸透を高めます。また、巷では電子レンジで温めるコットンパックも話題になっていますが、高温を嫌がる化粧水を電子レンジで温めるのは逆効果になります。

とりわけビタミンC誘導体は、熱に弱いので、浸透しても効果なしとなってしまいます。電子レンジを使用する時は、ホットタオルを作るときなどに使用しましょう。

美容コスメのライン使用をする

美白化粧水だけで本当にくすみがなくなる?というのが本音ですが、単独で使用するよりもラインで使用した方が効果アップできます。50代の美白ケアに、化粧水だけ使っている方も、洗顔料から紫外線クリームまで、セットで使用することをおすすめします。内側と外側から効率良い美白ケアができ、くすみをしっかり予防することができます。

最低3ヶ月は継続する

美白化粧水でくすみをとるには、毎日長期間使用することが大切です。美白コスメは即効性のあるものも販売されていますが、通常の美容コスメで美白効果を実感するには3ヶ月間はかかります。何事にもスピードが好まれる時代ですが、美容に関してはそういかないのが事実です。

50代のくすみは長年かけて蓄積されたものですから、さらに根気よくケアしていくことが必要です。

50代のくすみをとる美白化粧水の保存法

美容液保存イメージ

美白化粧水の効果を維持するためにも、正しい美白化粧水の保存法をチェックしましょう。

日光の当たらない湿気のない場所に保存する

化粧水はデリケートな成分が配合されています。そのため、燦々と日光が当たったり湿度の高い場所では、化粧水の質が低下してしまいます。

洗面所に置くと便利ですが、入浴中はどうしても蒸気が入ってきて化粧水によくありません。

化粧水は他のスキンケアと一緒に、ドレッサーに置いておくと品質保持ができます。

開けたらすぐに使い切る

化粧水を使う時は、少なからず空気や雑菌が入ってしまいます。毎日使う分には心配がありませんが、一度開封した化粧水の使用を長期間使用しないと雑菌が繁殖して腐敗してしまいます。肌に合わないなど、特別な理由がないなら、一本の化粧水を使ってから他の化粧水を使うようにしましょう。特に、防腐剤フリーなものは注意が必要です。

温度変化の激しいところで使用しない

美白化粧水は、人間が心地よいと感じる18〜25度気温を好みます。そのため、冷蔵庫で保存した化粧水を電子レンジで温めたりするなど、急激な温度変化での使用は避けましょう。化粧水の効果が下がり、くすみも抜けません。化粧水の保存は普段の習慣なので、今から改善するようにしましょう。

効果アップできる美白化粧水で50代のくすみをなくそう

美容液イメージ

50代のくすみを美白化粧水でなくすには、正しい選び方や使い方で大幅な効果アップができます。もちろん、くすみをとるのは長期戦なので、化粧水の効果を維持する保存法もしっかり守りながら、色白のお肌を手に入れましょう。