日焼けではないし汚れでもない…。いつまでたっても顔のどんよりが消えない時があります。ピーリングをしても紫外線カットをしても、透明感が出ない!それは、長年内側に蓄積されたくすみです。

なぜそんなにくすみが増えてしまうのか、原因を知らずに過ごしていると進行するばかりです。くすみはケアに時間がかかってしまうので、未然に防いで肌の美容を維持することが大切です。

ここの記事では、くすみができる原因を肌、体調、メイクから探り、いつまでも明るさに満ちた50代の美容を応援します。くすみなしの肌で、みずみずしい若い肌を自慢しましょう。

肌の調子が原因になっているくすみ

日焼けイメージ

50代のくすみの原因の一つとして、肌の調子が安定しにくいことが挙げられます。50代では、空気の乾燥だけでも、肌をくすませるなど肌の印象に影響を与えてしまいます。

メラニン色素の沈着

年齢を重ねるごとに毛穴にメラニン色素が蓄積されます。紫外線防止は日常的に行っていても、やはり完全に避けることは難しいものです。毎日の洗顔だけではオフできず、やがてはくすみとなって肌全体に現れてしまいます。

また、シミなどが重なっては、肌がますますくすんでしまい、表情もパッとしなくなります。

肌荒れによる陰り

乾燥しがちな50代の肌は、肌荒れも頻繁に起こりやすいです。美容ケアをしても、数時間後に肌がつっぱることもよくあることです。そのまま放置しては、肌のツヤがなくなり、細かな影が重なってはくすんでしまいます。

また、肌荒れが起こると同時にしわも現れやすくなるので、どんよりとした肌になってしまいます。肌荒れが習慣的になっていると、こまめな保湿ケアを怠りがちになるのも一つの原因になります。

ターンオーバーの遅れ

肌の再生、ターンオーバーは、50代になるとリズムが遅くなってきます。ターンオーバーが遅くなると、肌細胞が活性化できず古くなったままになります。そうなると、美容パワーが落ちて肌の潤いやハリが低下し、肌がくすんでしまいます。

また、毛穴に詰まったメラニン色素や硬くなった角質などを排出することができず、くすみの色も濃くなります。

体調が原因となっているくすみ

ストレスイメージ

50代では美容だけでなく、更年期症状も重なって健康も敏感になりやすいです。無理に行動を起こしては、美容にも影響を与え、全身のくすみになります。

ストレス

ストレスはセルフコントロールがしにくいので、どんどん溜まってしまいます。気づくと肌にしわやくすみが出たり、美容もイマイチになります。ストレスは急速的に舞い込んだり、出て行くもので、その不規則なリズムによって血行が悪くなってしまいます。

更年期による自律神経の機能障害

更年期で自律神経に不備が起こると、血液の流れが悪くなります。新陳代謝が低下しては、くすみが取れにくくなる原因になります。目の下のクマも定着しては、年齢よりも老けて見せてしまいます。

さらに、血液の流れが悪くなると、末梢神経まで血液が届かなくなります。その結果、体が冷えてしまい、肌のイキイキさが低下してはくすみの原因になります。

リンパの流れが悪い

50代になると、美容の低下と同時に筋肉が衰えてしまいます。そうなると、リンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まります。老廃物が溜まると、下まぶたのたるみやむくみの原因にもなり顔色も冴えなくなります。

メイクが原因となっているくすみ

メイク道具

しわやシミなど、50代のエイジングケアは美容コスメやマッサージでは追いつかないことがあります。そんな時には素早くメイクでカバーしがちですが、メイクもくすみの原因になります。

メイクの酸化

しわやシミなどの肌の年齢サインがあちこち肌に現れては、コンシーラーやファンデーションでつい厚化粧になりがちです。しかし、それだけにメイクが毛穴の中に残りやすくなり、皮脂などと一緒に黒く酸化してしまいます。

乾燥で角質が硬くなりやすい50代の肌は、クレンジングだけでは、汚れを落としにくくなります。そのまま毛穴の中に蓄積されては、黒ずみも増えてはくすみが目立ってしまいます。

アイメイクの残り

メイクの中でもくすみの原因になるのがアイメイクの残りです。アイシャドウやアイライナーなど、比較的濃い色を集中的に重ねづけすることで除去しにくくなり、メイクの色素沈着が起こりやすくなります。

アイゾーンは、メイクオフがしにくい部位であるほか、小じわもできやすい部分です。そのため、アイメイクが完全に落とすことができず、くすみの原因になってしまいます。

ファンデーションのヨレ

保湿ケアやベースメイクをせずに、ファンデーションをダイレクトに塗ってしまうと、メイクが崩れやすくなります。メイクの土台であるファンデーションがヨレてしまっては、毛穴が見えたりツヤ感がなくなってしまうので、くすんで見せてしまいます。

50代の肌はカサつきやすいので、ファンデーションが保湿タイプであっても、スキンケアでの保湿ケアは欠かせません。

50代のくすみの原因をカバーしてワントーン明るい肌をキープ

透明感のある女性

くすみは肌の表面や内側からなど、様々な原因が重なって起こります。50代では、美容を維持するためにあらゆる角度からの改善が必要となります。できることから改善をしながら、透明感ある肌に磨きましょう。