50代のくすみケアは美容コスメだけでなく、生活習慣を見直すことで全身のくすみの改善に繋がります。確かに、生活習慣改善といっても、美容コスメのように決め手となる成分などがないので、本当にやり甲斐があるのかと、つい見送りになりがちです。

しかし、普段の生活習慣をくすみ改善に向ければ、自然に全身に輝きが出てきます。そこで、ここの記事では、スキンケア、日常生活、ボランティア活動を中心に、シンプルな方法でのくすみ改善生活習慣をお伝えします。

生活習慣改善方法①スキンケア

洗顔イメージ

くすみを落とすつもりが、スキンケアで逆効果になってしまうことがあります。生活習慣の一つであるスキンケアは、間違ったクセがつくと肌をくすませてしまうことになります。早速、ここで正しいスキンケアや効果アップの方法を実行しましょう。

ノーメイクの日はぬるま湯洗顔

午後になる前にもカサカサし始める50代の肌洗顔は、必要以上に洗顔料やクレンジングで洗顔をしてしまうと肌を乾燥させてくすみやすくなります。

お化粧をしない日はぬるま湯で洗顔することで肌荒れを抑えくすみも予防できます。しかし、毎日お湯だけ洗顔をしていると、美容コスメや皮脂などのぬめりが残ってしまうデメリットもあります。さらに、美容成分の浸透を妨げてしまうことにもなるので、次の方法をプラスして肌のくすみを取るスキンケアをすることをおすすめします。

美顔器で毛穴を洗浄する

ミクロの泡で洗顔をしても、美容器ほど毛穴の奥の汚れを除去してくれるものはありません。毎日使用でき、肌をマッサージしながら快適な毛穴洗浄ができます。これはイオン導出と呼ばれる作用で、放出されるマイナスイオンが毛穴の汚れなどに帯びているプラスイオンを吸着してくれます。

クレンジングや洗顔料をしない日は、特に美容器を使用することで、肌に負担をかけずにくすみをなくすことができます。

低刺激の美容コスメを使用する

今や美容コスメはオーガニックや天然素材を使用したものが主流となっています。それだけに、低刺激の製品が見つかりやすいですが、中には自分の肌に合わないものもあります。単にフリーと書いてあっても、製造過程において、肌に良くない成分を利用している場合があるからです。

完全な配合成分は記載だけでは判断できませんが、美容コスメの購入をするときは、できるだけ成分や添加物を出来るだけチェックしましょう。ここに、肌に負担をかける添加物や成分をお伝えします。

  • 紫外線吸収剤
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • (チル系)パラベン類
  • 着色料
  • 香料

【合わせて読みたい】おすすめ洗顔石鹸

生活習慣改善方法②メリハリのある日常生活プランを立てる

公園で運動イメージ

50代のくすみは、肌だけが原因ではありません。年齢と同時に美容や健康がくすみがちになるので、全身が重く見えがちです。体がイキイキする生活習慣があってこそ、全身のくすみが取れるので、毎日の行動をリズム良くオーガナイズしてみましょう。

毎日30分運動をする

シンプルな生活習慣でも、50代になるとなかなか実行できなかったり、挫折してしまうこともあります。しかし、運動不足になると体の巡りが悪くなり、冷えも出てはくすみやすくなります。運動は毎日続けることで効果が実感できるので、毎日30分簡単にできる運動から始めてみましょう。

現代の50代の女性は、美容だけでなく体力的にも若い方が多く、特に制限する運動はありません。しかし、無理のない範囲で行うことが継続と効果アップのポイントです。ここに、50代の女性に人気のある運動をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

  • スロージョギング
  • ウォーキング
  • スクワット
  • サイクリング
  • 卓球
  • 社交ダンス
  • バドミントン

また、運動する気分にならない時は、一軒先のスーパーへ行ったり、遠回りして帰ったりなどすることで運動量を増やすのもおすすめです。

ショッピングで最近の流行をチェック

働きに出ている50代の女性なら問題はないですが、専業主婦で長時間の在宅が生活習慣になってしまうと一気に老けてしまいます。美容だけでなく心もくすみがでて、ファッションもズボラになってしまいがちです。

そこで、週に1回は1日中ショッピングに時間を当てましょう。ウィンドウショッピングでも、今流行しているファッションを知ることができ、くすんだ自分のファッションに刺激を与えることができます。

もちろん、見ているだけでなく生活習慣として実行することが肝心です。毎日衣類を変えたり、違った香水をつけるだけでもくすみが晴れてきます。

友人とおしゃべりをする

夫とばかり話をしていると、どうしてもマンネリな毎日になってしまいます。働き先の同僚との会話ではストレスが発散できず、心のモヤモヤが溜まっては、肌がくすんでしまいます。そこで、友人とおしゃべりして気分転換をしましょう。

50代にもなれば、時間にゆとりが出てくるので、級友と会うチャンスも得やすくなります。お互い都合が合わない時でも、ビデオチャットも簡単にできる時代です。普段の悩みやうっぷんを話すだけでスッキリでき、美容にも良い影響を与えます。

生活習慣改善方法③ボランティア活動に参加する

ボランティアイメージ

若い頃は奉仕をしてもらう側だったのが、50代にもなれば逆に誰かのために役立ちたいという意識が湧いてきます。そこで、おすすめなのがボランティア活動です。無償で貢献することで、心が洗われくすみを洗い流すことができます。

ボランティア活動には、環境の衛生など様々な分野があります。お住いのエリアにあるボランティアセンターを始め、ネット上でも参加することができます。

文化活動のボランティア

博物館などで訪問者の誘導や、説明などを主に行います。考古から現代まで様々なアートに触れることができ、センスを磨くことができます。美しい価値あるものを見ることで、新鮮な気持ちを維持でき、くすみも気にならなくなります。

外国人をホストするボランティア

ホストファミリーとして、外国からの訪問者を受け入れる活動です。お互いの文化交流や外語語の習得ができ、インターナショナルな刺激を受けることができます。視野も広がり、海外への関心を深めながら意欲的な毎日を送ることができます。

スポーツ関連のボランティア

スポーツ好きな50代の女性なら、スポーツ関連のボランティアがおすすめです。スポーツを教えたり、各スポーツイベントを企画したりすることができます。自分自身への維持としての運動ができ、血行促進をしながら若々しい肌作りができます。

50代のくすみ解消は、正しいスキンケアと刺激ある日常生活習慣で決まり!

美容イメージ

くすみは普段の正しいスキンケアや刺激ある生活習慣によってすっきりと解消できます。肌に負担をかけないスキンケアと気持ちがワクワクすれば、顔色が良くなりくすみが消えます。50代であるからこそ、毎日積極的に過ごして、全身の明るさを倍増しましょう!