50代のくすみを洗顔で落とすのは無理?そんなことはありません。即効性がなくても、毎日しっかり洗顔をすれば、ジワジワと肌の透明感を高めることができます。

それには、正しいクレンジングや洗顔料選びに加え、効果的な洗顔法でしっかり正しく洗顔することがくすみ消しのポイントとなります。

普段の洗顔ではどうしてもくすみがなくならない、どす黒くなってしまった時には、ここで洗顔法を改善しましょう。毎日実行することで、50代のくすみ肌がクリアになります!

50代のクレンジングにおすすめ!くすみをとるクレンジングの選び方

クレンジング

50代のメイク落としには、肌の美容を促進しながら内側からくすみをとるクレンジングがおすすめです。また、無添加で肌への刺激を抑えたものがおすすめです。

ホットクレンジング

ホットクレンジングは使用中に肌を温めてくれるので、血行を促進します。また、硬くなった肌を柔らかくするので、さらに毛穴が開きやすくなり、老廃物を排出します。くすみを効率よく改善するクレンジングとしておすすめです。

100%オーガニック成分のクレンジング

敏感になりやすい50代の肌には、100%オーガニック成分のクレンジングがおすすめです。肌にダメージを与えずに、潤いを守ってくれます。

天然植物オイルを使用したオイルクレンジング

オイルクレンジングは強い洗浄力があるイメージがありますが、天然植物オイルを高濃度に配合したオイルクレンジングなら、肌の乾燥を抑えて洗い上げます。つっぱり感のないスッキリとした洗い上がりで、くすみを徐々に改善します。

美容保湿成分が配合されたクレンジング

ダイズエキスやヒアルロン酸など、美容保湿成分がたっぷり配合されたクレンジングなら、50代のスキンケア効果を高めます。潤いとハリのある肌をキープし、ワントーンアップした肌が実感できます。

50代の洗顔におすすめ!くすみをとる正しい洗顔料の選び方

洗顔イメージ

くすみを改善する洗顔料はマストアイテムです。しかし、50代の肌は乾燥しやすいので、洗顔料は見た目やコスパだけで選んでしまうのはおすすめできません。毎日使う洗顔料でくすみを快適にケアするには、以下のような製品を選ぶのがコツです。

固形洗顔石鹸

固形洗顔石鹸はきめ細かな泡が、毛穴の奥まで入り込んで汚れを吸着排出してくれます。もちろん、天然成分を配合したものなら、肌に潤いを残してくれるのでより良い洗顔ができます。

美容成分が配合された洗顔料を使う

セラミドやリピジュアなど、美容保湿成分が配合された洗顔料なら、潤いある洗い上がりが実感できます。肌のターンオーバーも促進しやすくなり、くすみも蓄積されにくくなります。

アミノ酸系の洗顔料を使う

肌に負担をかけないアミノ酸タイプの洗顔料なら、洗い上がりの肌をしっとりとキープします。50代の女性の中には、つっぱるから洗顔料を使わないという方でも、心地よい肌触りが実感できます。

自家製緑茶洗顔

使用中の洗顔料がなくなってしまった時や、洗顔料を購入するのが億劫なときにおすすめです。材料を用意しておけば、いつでも天然の美白洗顔料でスキンケアができます。緑茶はポリフェノールが豊富に含まれており、美白作用を促進してくれます。50代の濃いくすみでも、効率よくクリアにすることができます。

毎日、緑茶を薄めて洗顔するだけで、徐々に肌に透明感を与えてくれます。緑茶は作り置きをせず、使用する毎に作ることで衛生的な洗顔ができます。

50代におすすめ!効果的な洗顔法でくすみをとる方法

洗顔イメージ

適切なクレンジングや洗顔料を購入したなら、効果アップの方法でさらに肌の美容を高めることができます。50代になったからこそ、洗顔に手間をかけて、くすみのない肌を実感しましょう。

肌を温めて毛穴を開かせる

肌のくすみを洗顔で効果的に除去するには、事前に肌を温めることです。肌が温まると、毛穴が開き、汚れが浮き出やすくなります。黒ずみが溜まりやすい鼻は、顔の中でも一番高さがあり冷えやすい部位なので、しっかり温めることが大切です。

濃いメイクは専用リムーバーでオフしておく

濃いアイメイクやルージュなどは、先にリムーバーで除去します。クレンジングで肌に摩擦を与えずに素早い洗顔をすることができます。また、強い洗浄力のあるクレンジングを使う必要がなくなり、メイクが毛穴に付着してしまうことも避けられます。

しっかり泡立てる

優れた美容成分が配合されていても、泡を立てずに洗顔してしまうと逆効果になります。肌に摩擦がかかったり、毛穴を詰まらせてしまいます。

固形石鹸は、手よりも泡立てネットを使えば、素早くモチモチの泡が立ちます。きめ細かな泡を立てることで、毛穴の汚れを絡めやすくなり、くすみが軽減できます。

ダブル洗顔をしない

ダブル洗顔をすると、洗いすぎで肌に負担をかけてしまいます。オイリー肌で濃いメイクを毎日する50代の女性なら使う甲斐があります。しかし、乾燥が気になる場合は、美容オイルを配合したオイルクレンジングを使用すると良いです。

週に1〜2回スペシャルケアをする

毎日洗顔をしていても、わずかながらメイクや皮脂などの老廃物が毛穴の中に蓄積されてしまいます。そこでおすすめなのが、ピーリングパックや美容器などのスペシャルケアです。毛穴の奥底に溜まった汚れをしっかり吸着してくれるので、艶やかな肌が維持できます。

肌のくすみは美容成分を重視したコスメと洗顔法でバッチリ

洗顔イメージ

こだわりのクレンジングや洗顔料などで、くすみだけでなくトータルな肌の美容を維持することができます。50代では、女性ホルモンの減少や肌の新陳代謝の低下などで、肌サインが現れてしまいます。洗顔法や製品選びは、スキンケアの中でも妥協してしまいがちなので、しっかり見直して輝きある肌を目指しましょう。

【合わせて読みたい】おすすめ洗顔石鹸