50代を過ぎると、肌とともに輝きを失いがちなのが髪の毛です。
ハリやコシがなくなり抜けやすくなっては、ボリュームダウンをしたり額の広さも目立ってきます。
さらに、白髪やフケに覆われては、50代からのヘアケアはもうやりようがないのか、今行っているセルフケアは間違っていないかなど悩んでしまうでしょう。

今回は、度重なるヘアトラブルを解決したい50代以降の女性のために、原因を抑えながら美髪を取り戻すヘアケア法や生活習慣をお伝えします。

落ち込みがちな髪の毛にバイタリティを与えて、ボリュームアップしましょう。

50代や60代のヘアトラブルはなぜ起こりやすいのか

髪トラブル

50代以降になると、ヘアケアが若い頃よりも困難になってきます。
普段のヘアケアでは不十分になってしまうのはなぜなのか、ここで主な原因をチェックしましょう。

毛周期の乱れ

50代になると更年期による血行不良減により、ヘアサイクルが乱れては髪の毛にハリやコシがなくなり抜けやすくなっています。
50代に限らず、若い年代でも抜け毛は起こりますが、50代は毛根の活性が衰えているので、放っておくとどんどん深刻化していきます。

エストロゲンの減少

更年期から閉経にかけてエストロゲンの分泌はさらに急激に減少していきます。
エストロゲンは髪に潤いを与えてくれるので、エストロゲンの分泌が停止してしまうことで、髪のツヤや潤いがなくなるのです。

パーマやカラーリング

抜け毛や脱毛が気になると、パーマでボリュームアップしてカバーすることがあります。
また、50代や60代では白髪の量も多くなり、カラーリングも頻繁に行わねばなりません。
しかし、パーマ剤やカラーリングの液は髪にとって大敵でありダメージを与えてしまうだけです。
パーマはできるだけ間隔を開け、カラーリングは刺激を抑えたカラーシャンプーや水素カラーなどを利用することをお勧めします。

50代・60代女性に起こりやすい髪の毛のトラブル

髪トラブルの原因

美容の大きな曲がり角となる50代以降では、髪の毛にも以下のようなさまざまなトラブルが起こります。
主な症状を4つ見てみましょう。

抜け毛

毛周期の乱れにより、とりわけブラッシングやシャンプー、ドライヤーで乾かすときにごそっと抜けます。髪の毛に触れなくても、ポロポロと髪の毛が落ちるようになり、フロアや椅子にも抜け毛が目立つようになります。季節によって抜ける量は変わりますが、年間を通して常に抜けやすい状態です。

ハリやコシがなくなる

加齢とともに頭皮の血行が悪くなると、ヘアサイクルが乱れて髪の毛がしっかり成長できなくなります。そのため、弱い状態で成長が止まってしまうので、髪にコシやハリがなくなってしまうのです。

パサパサ乾燥ヘア

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪や肌を潤う役割をしています。しかし、50代以降になるにつれて、エストロゲンの分泌が衰えてしまい、髪が乾燥してパサつきやすくなります。

脱毛

男性よりも比較的少ない女性の脱毛ですが、髪全体がボリュームダウンしてしまうびまん症脱毛症が起こります。一部に集中して脱毛するのでなく、細くなったり、抜け毛が進行することで頭髪がまばらになるのが特徴です。

50代からのヘアケアを改善して美髪になる方法

パサパサヘアや抜け毛を予防したり、進行させないためにも、ここでおすすめのヘアケア法を今から実行しましょう。

低刺激のヘアケア製品を使う

50代からのヘアケアは、低刺激のヘアケア製品を選ぶことが大切です。
メーカーや値段よりも以下の成分にも注意して、頭皮に刺激がない無添加の製品を使用することが基本です。
シャンプーならば、余分な皮脂や汚れを落としながら、頭皮や髪への潤いを残してくれる製品を使うことで、髪へのダメージを防ぐことができます。

• パラベン
• 石油系界面活性剤
• 保存料

育毛ビタミン剤を飲む

ビタミン剤は育毛に有効な成分が効率よく配合されているので、頭皮の血行促進をして成長を助けるなど、総合的な髪のボリュームアップをサポートしてくれます。
育毛促進に使用される主な栄養素は以下の通りです。

• 亜鉛
• カプサイシン
• イソフラボン
• コラーゲン

育毛剤でスペシャルケアをする

育毛剤には頭皮の血行を良くしながら、ヘアサイクルを正常に維持してくれます。育毛剤は3ヶ月は使用することで、育毛をはじめ抜け毛予防が実感できるようになります。
また、髪の毛が生えてきたり、潤いが良くなっても継続して使用することが大切です。

オイルトリートメントをする

髪のボリュームアップには、オイルトリートメントをするのもおすすめです。
オイルは伸びが良く長く使用できるので、少量でも数ヶ月は持ちます。
オイルはオーガニックのものですと、頭皮に負担をかけないので肌が敏感でも安心です。
オイルの中でも、髪の毛の成長を促進するビタミンB2を含むホホバオイル、ビタミンDを含むスイートアーモンドオイルは髪のボリュームアップをサポートしてくれます。
さらに、ビタミンEが血行を促しながら栄養素の浸透を高めます。

頭皮マッサージをする

育毛剤やオイルトリートメントをするときに、必ず実行したいのがヘッドマッサージです。
血行がさらに良くなり、栄養素の浸透を高めます。
マッサージのコツは下から上へ向けて、頭全体を指の腹で優しく揉みながら行いましょう。
ヘッドマッサージはリラックス効果もあるので、ストレス発散のためにもおすすめです。

トータルな美容維持におすすめの生活習慣を実行

ヘアケア製品の他にも50代からも健やかな美髪を維持するには、普段の生活習慣を見直すこともコツとなります。
美肌のためにも今から習慣づけましょう。

ストレスを溜めない

ストレスがたまると血行が悪くなり、頭皮環境にも影響を及ぼします。
また、髪のケラチンを作る亜鉛を減少させることで、髪の毛が弱くなったり抜けやすくなります。
普段からしっかり睡眠を取り、ストレスを溜めないように適度にリラックスすることが大切です。

日々の食生活に気を配る

食生活の改善ダイエットや偏った食事など不規則な食生活をしていると、髪に一定した栄養素を届けることができません。
ハリとコシのある髪に欠かせないたんぱく質をはじめ、ビタミン類も満遍なく毎日のメニューにバランスよくプラスしてください。

50代・60代のヘアケアを見直してハリコシのある美髪を目指そう

髪をなびかせる女性

50代、60代になったからと言って、ヘアケアを諦めてしまうことはありません。
自分に合ったヘアケア法を実行したり生活習慣を改善することで、美髪に導くことができます。

ハリとツヤに満ちた髪なら年齢よりも若く見えるほか、女性としての自信を取り戻し肌もイキイキと輝くでしょう。

少しでも髪のボリュームがダウンしたら、おすすめの改善法を参考に今から予防しましょう。