洗顔をしても光を当てても肌のくすみが戻らないと、このまま黒くなってしまうのかと心配になります。ファンデーションの色もどんどん濃いカラーになるだけで、メイクで綺麗になるどころか老けを感じてしまいます。

せっかく素敵なファッションや、ヘアスタイルをバッチリ決めても肌のくすみで台無しになってしまいます。しかし、50代以上でも透明感あるキラキラ肌を維持している女性は多くいます。その秘密といえば、実に簡単なくすみ対策だったのです!

毎日チリに積もったくすみでもここでお伝えするホームエステ、メイク、食品などで肌の透明感を復活させることができます。50代のくすみを撃退するくすみ対策できらめく肌を取り戻しましょう。

ホームエステで肌の透明感を復活させるくすみ対策法

笑顔

50代になれば、セルフケアでは肌の透明感を実感しにくくなります。エステで美白ケアをすることもできますが、効果があってもコストが高いです。定期的な通院も必要ですし、もっと手軽にくすみ対策ができないかと思うものです。

そこで、エステ並みのくすみ対策が自宅でできるおすすめのくすみ対策法をピックアップしました。低コストでしかも短時間でできるので、効率良く透明感アップできます。

毛穴パックで汚れをしっかり除去

クレンジングや洗顔料は、肌の表面の汚れやメイクを落とすだけです。それだけで肌の洗浄を終えては、毛穴の中に古くなった角質や皮脂などが酸化して角栓となったり、顔全体のくすみになります。

そこでおすすめなのが毛穴パックです。ピーリングとも言いますが、しっかり50代の肌の奥に蓄積された老廃物を取るには、クレイや酵素を配合したものがおすすめです。

クレイはミネラルがたっぷり配合されており、肌の潤いを守ってくれます。また、ミクロの粒子が毛穴の奥に溜まった汚れのみを効率よく吸着してくれます。

一方、酵素は角質を分解しながら頑固な角栓も取り除いてくれます。透明感ある肌がたちまち復活でき、キメの揃った滑らかな肌が実感できます。

イオン導出・導入美顔器でくすみを除去

美白コスメを使っているのに、なかなか効果が実感できないということがよくあります。それは肌に老廃物が詰まっていて、美容成分が浸透できないからです。50代の肌は乾燥しやすく、角質が硬くなりがちなので、洗顔だけではくすみ対策になりません。

イオン導出美顔器は、プラスイオンを帯びながらマイナスイオンを帯びている汚れを効率よく除去してくれます。

また、美容コスメの効果が実感できないときは、美容成分が角質層以下に浸透していないことが原因です。角質層のプラスイオンとその下の顆粒層のマイナスイオンのバリアが、低分子化された美容成分でも跳ね返してしまうからです。

そこでおすすめなのが、イオン導入美顔器です。イオン導入は、マイナスイオンとマイナスイオンを帯びる美容成分と突付き合います。その反動で肌のプラスイオンに引き寄せられ顆粒層にもしっかり美容成分を届けてくれます。即効的に肌に透明感が復活し、頰に素晴らしいツヤ感を与えてくれます。

美容マッサージでくすみをとる

エステ気分で肌の透明感をだす方法に美容マッサージがあります。美容マッサージは、血行やリンパの循環を促進してくれるので、美容クリームを使いながらリラックス気分で行いましょう。

  1. 両手でゲンコツを作ります
  2. 両手の人差し指を折り曲げた部分でこめかみを下方向に押します
  3. そのまま耳の下から顎に向かって、フェイスラインに沿いながら、肌を顔の中心に向かって持ち上げるようにマッサージします
  4. 最後に、耳下腺に沿いながら鎖骨へ向かって押してデトックスします

メイクで肌の透明感を復活させるくすみ対策法

笑顔

スピーディーに肌の透明感を復活させたいときは、やっぱりメイクが一番です。メイクを工夫するだけで、普段より一段と肌のくすみを抑えることができます。突然クマができてしまった時などに役に立つくすみ対策となります。

肌の透明感を一気に高めるベースメイク法

スキンケアをした後に、いきなりファンデーションを塗るとくすんだりヨレやすくなります。まずは、透明感を高めるベースメイクのカラーを使い分けることから始めましょう。

  • パープル…パープルは肌をイキイキと見せたり、黄くすみにもおすすめです
  • ブルー…黄・赤のくすみをピンポイントで使用して、肌全体の色合いをコントロールします
  • ローズ…顔全体の茶くすみやクマをカバーして健康的に見せてくれます

リキッドファンデーションを使う

パウダーファンデーションはマットな仕上がりになりますが、乾燥しやすくメイク崩れも起こりやすいです。50代のくすみ対策メイクとして、リキッドファンデーションなら均一感を持たせることができます。

伸びが良いので厚塗りも避けることができ、ナチュラルメイクで自然なツヤ感をキープすることができます。シワや肌荒れに蓄積されにくく、どんな肌の状態でも綺麗に仕上げることができます。

リキッドファンデーションは、顔のパーツの中心に塗って周囲をぼかすのが透明感復活のコツです。また、スポンジよりもブラシの方が満遍なく塗ることができ、メイクもヨレにくくなるのがメリットです。

フェイスパウダーで仕上げる

リキッドファンデーションを塗った後には、フェイスパウダーでさらに透明感を引き出します。フェイスパウダーにも様々なカラーがありますが、くすみ対策としておすすめなのは、以下のカラーです。

  • クリア…どんなタイプのくすみもサッと透明感を与えてくれます
  • パール…頰や鼻筋などに部分的にハイライトとして効果を出すのにおすすめです
  • パープル…くすみがそれほど気にならない時にちょうど良い透明感に仕上がります
  • ローズ…黄くすみにおすすめのカラーで、若々しい肌色に整えてくれます

食品で肌の透明感を復活させるくすみ対策法

笑顔

食品からでも50代の肌の透明感を高めることができます。食品でのくすみ対策は、長期間続けることで少しずつ透明感が復活できます。ここでは、手軽に美味しく食べながら、飽きのこないくすみ対策ができる食品をピックアップしました。

キウイ

ビタミンCを豊富に含むキウイは、フルーツの中でも年間を通して美味しくいただけます。メラニンを抑制して、透明感ある肌に導いてくれます。ビタミンCを含むフルーツには、そのほかアセロラやグァバなどがありますが、毎日食べてくすみ対策をするならキウイがベストでしょう。

ナッツ類

ナッツ類にはビタミンEが含まれており、高い抗酸化作用をするほか、血行促進もしてくれます。50代のハードなくすみでも、内側から新陳代謝を高めながら透明感ある肌に整えてくれます。

さらに、ナッツ類には、エラグ酸と呼ばれる、メラニンを抑制する成分も含まれています。また、肌のバリア機能を高めてシミやくすみのないみずみずしい肌に導きます。

肉類

牛、豚、鶏肉には、メチオニンというくすみやシミを予防してくれる成分要素が含まれています。メチオニンが体内に入り込むと、くすみ防止をするL-システインを作り、透明感ある肌に繋がるという仕組みです。メチオニンは牛乳や大豆製品などにも含まれているので、50代の美容や健康維持も兼ねて毎日積極的に摂取しましょう。

50代のくすみ対策で倍の透明感が実感しよう!

笑顔

すっきり透明感ある肌になると、気分も明るくなります。くすみ対策は普段からコツコツ実行することで、パッとした肌をキープすることができます。できることから早速実行して、輝きのある肌を目指しましょう!