50代に入ると肌のいたる所に悩みが増えてきて、年齢を感じてついがっかりしてしまう事ってありますよね。
中でも肌の色が徐々にくすんでくるくすみで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
くすみは肌のツヤや透明感が減って、色むらが出来たり黄ぐすみが増える状態の事です。
年だから仕方ない・・・と諦めかけている人はまだ早いです。
正しい方法でくすみ対策を行えば、肌のトーンが明るくなり年齢を感じさせない綺麗な肌に生まれ変わります。
今回は、くすみで悩む50代の方の為に肌くすみの種類と対策をご紹介します。

肌のくすみを気にする女性

肌くすみの種類とそれぞれの原因をチェック

一言でくすみと言われていますが、くすみにはいくつもの種類があるのです。
個人差はありますが、種類ごとに要因が異なるので比較的多いくすみをご紹介します。

乾燥型

乾燥肌で悩む方によく見られるのが、肌の潤いが失われて起こる乾燥型のくすみです。
乾燥が厳しい秋冬には、特に注意が必要なタイプです。
肌の水分が失われると乾燥によってキメが乱れます。
キメが乱れると肌表面が凸凹になり、ところどころに影が出来てそこに光が当たると乱反射をして肌がくすみます。
透明感やツヤがない状態になると全体的に老けて見えてしまいますよね。

血行不良型

血行不良型のくすみは、疲労や睡眠不足、ストレスや運動不足、冷えなどが考えられます。
疲れやすい方や神経質でストレスを溜めてしまいがちな方に多いタイプです。
血液がうまく流れていないと肌に栄養を届けることができなくなり、ターンオーバーも正常に行えなくなります。
その結果、血色が悪くなり肌が青黒く見えてしまうくすみになります。
目の下にクマができやすい方も、血行不良によるものだと考えられます。

メラニン型

メラニンはお肌の大敵であるシミを作る元ですが、紫外線や肌の摩擦によるダメージがかかると、メラニン色素が過剰に作られてしまいます。
過剰に作られたメラニンは、ターンオーバーによって排出されずに肌に残るので、色素が沈着してくすみの原因になるのです。
メラニン型のくすみは、色むらができたり黄色くくすんで見えるのが特徴です。

スキンケアを見直してくすみ対策をしよう

くすみの要因を知って頂けたところで、実際にくすみケアをしていきましょう。
くすみを予防・改善するには普段のスキンケアを見直す事が大切です。
誰でもすぐに始められるくすみケアをご紹介します。

UVカットは1年中行う

紫外線が出るのは夏場だけだと思われがちですが、実は1年を通して紫外線は降り注ぎ、冬場の紫外線は雪に反射してさらに強くなると言われています。
日焼け止めは欠かせないアイテムですが、帽子や日傘も上手に活用しましょう。

保湿はしっかりする

乾燥によるくすみや肌ダメージを軽減するには、保湿が最も重要です。
保湿ケアはエイジングケアの基本となるので、しっかり行いましょう。
くすみには保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが配合された化粧水やクリームを使用すると改善できます。
シアバターが配合されている保湿剤も乾燥によるくすみを解消します。

強く肌をこすらない

くすみを早く治したいからと、気合いを入れてゴシゴシ手で擦ってしまうのはNGです。
かえってくすみを進行させてしまい、治りが遅くなってしまう可能性があるのです。
洗顔やクレンジングはぬるま湯で優しく落としてあげると良いでしょう。
適度にピーリング剤を使用すると古い角質が取れるので効果的です。

美白化粧品を使用

メラニンの排出を促す為には美白化粧品がおすすめです。
肌を明るくするだけでなく、同時にシミの予防にもなります。
しかし、美白化粧品だけでは正直効果が薄いので紫外線対策をしたうえで使用すると効果を期待できるでしょう。

 

【こちらもオススメ】洗顔石鹸のおすすめランキングをご紹介。

 

くすみ対策には生活習慣を改善する事も大切

リラックスする女性

生活習慣をきちんと正すこともくすみ予防に繋がります。
それぞれのくすみに合った方法を取り入れましょう。

質のいい睡眠を十分にとる

ターンオーバーの乱れによるくすみを改善するには、十分な睡眠が必要です。
質のいい睡眠は肌を正常に保つ為にとても大切です。
ターンオーバーは眠っている時に活発に働くので、仕事や家事で睡眠時間がバラバラになりがちな方は、同じ時間に眠れるように心がけると改善できます。

身体を温める事が大切

身体を冷やさない為に、ゆっくり入浴したり定期的な運動を心がけることが大切です。
年を重ねると新陳代謝が低下しがちなので、血流を良くすることでくすみを改善できます。
運動といっても日頃から習慣になっていないと、逆に身体を壊してしまうので無理しないでできるストレッチやウォーキングがおすすめです。

リラックスする時間を作る

年を重ねると社会や家庭で人との関わりが増えて、疲れやストレスが溜まってしまいがちですよね。
ターンオーバーが乱れるだけでなく、顔全体がくすんでしまい暗くて疲れている印象を与えてしまいます。
そこで、好きな趣味に没頭したり音楽を聞いたり、好みのアロマを焚いて精神的にリラックスする事が大切です。

まとめ

くすも改善イメージ

いかがでしたか?
シミやシワと違い、くすみは見た目で判断することが難しい傾向にあります。
普段のスキンケアや生活習慣を見直すことで、年齢を重ねてもツヤがあり綺麗な肌を保つことができます。
ぜひ参考にして、同年代の方からも憧れるような若い肌を手に入れてくださいね♪

 

【こちらもオススメ】洗顔石鹸のおすすめランキングをご紹介。