しっかり肌の保湿をしていても、時間が経つとゴワついたりカサつくことが良くあります。
加齢や季節などの影響もありますが、効果があるはずの美容コスメを使っても実感できないとガッカリです。

そんな時は、スキンケア法をもう一度チェックして、一から改善してみましょう。スキンケアは製品以上にやり方がモノを言います。正しい方法で保湿をすれば、長時間肌が潤うようになり、くすんだ表情もなくなります。

ここの記事では、40代以降の女性がいつでもピチピチな肌を維持できるように、肌が乾燥してしまう原因を探り、対策法をお伝えします。

保湿ケアをしているのに肌が乾燥してしまう原因

乾燥をしている肌
乾燥をしている肌

保湿ケアをしているのに、数時間後にはつっぱりを感じる時は、スキンケアが間違っていることが挙げられます。
本格的なエイジングケアが必要となる40代以降でも、自己流スキンケアになりがちです。

肌の乾燥はそんなスキンケアの結果であり、原因を突き止めることで改善することが大切です。

不適切な保湿成分を使っている

保湿成分が入っていれば、なんでもOKではありません。40代や50代になると、肌の潤い成分が乏しくなるので、単に保湿クリームと書かれているものを使っていると不十分となることが多いです。

スキンケアのステップを間違えている

基本スキンケアを適当な順番で行うと、せっかくの有用成分が効率よく浸透されません。また、時間がないからと省いてしまったりするのも良くありません。肌への保湿効果が保たれず、乾燥しやすくなります。

洗顔法が間違っている

アイメイクを先に落とさずにクレンジングすると、どうしても肌をゴシゴシと洗ってしまいます。肌に負担がかかっては、乾燥しやすくなります。

また、クレンジングと洗顔が同時にできる2in1タイプの洗顔料では、毛穴にメイクや汚れが詰まりやすくなり潤い成分が浸透しにくくなります。

さらに、スペシャルケアとして使用するべきピーリングやスクラブを毎日使用すれば、たちまち肌を乾燥させてしまいます。

化粧水を乱用している

乾燥防止に化粧水を使うと、その瞬間肌が潤います。そして、たっぷりつければ肌がそれだけ保湿できると誤解しがちです。しっかり水分を補給しているようでも、やり方を間違えると逆効果になります。

コットンパックでは、コットンが乾燥するまで肌に放置しすぎると、逆にコットンが肌から水分を奪ってしまいます。

また、化粧水スプレーは、肌の表面を濡らすだけで、付着した水分が肌の水分を蒸発させてしまいます。肌がさらに乾燥しやすくなり、悪循環になりがちです。

正しいスキンケアで保湿効果を高める方法

正しいスキンケア
正しいスキンケア

潤いを1時間でも延長させることで、ハリのあるエイジングケアができます。メイクの持続も良くなり、若々しさが高まります。
スキンケアは習慣になるので、今から正しい方法を見直しながら、モチモチ肌を維持しましょう。

正しいスキンケアのステップ

スキンケアはバッチリしているつもりでも、ステップを間違えてしまうと美容コスメの効果が発揮できません。まずは正しいスキンケアステップを見直して、潤いを高めましょう。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液またはクリーム

クレンジングはノーメイクの日には必要ありません。ここで保湿に大切なポイントとなるのが化粧水と美容液です。乳液とクリームは、いずれも油分として前のステップで行なった潤いを閉じ込めてくれます。肌に皮脂のベールを張るように満遍なくなじませるだけでOKです。

正しい洗顔法

洗顔の基本は、ぬるま湯やホットタオルを使用しながら毛穴を開かせることです。入浴にちょうど良い温度で洗顔をすると、肌を乾燥させてしまいます。また、ぬるま湯でも、シャワーを顔に当てて洗顔すると肌に負担をかけるので注意しましょう。

クレンジングや洗顔料は、スキンケアの最初のステップです。肌に低刺激のものを選び、肌に摩擦を与えずに洗顔することが乾燥を避けるポイントです。肌に必要な皮脂が残り、つっぱりやゴワつきのない洗い上がりになります。

また、アイメイクや口紅は先に専用リムーバーでオフしておくと、肌へのダメージを抑えることができます。ゴシゴシ擦る必要がなくなり、乾燥を予防したりメイクによってくすみにくくなります。

化粧水の正しい使い方

化粧水はコットンに適量を浸透させ、肌を軽く押さえながら潤いを与えます。最後に両手で頬を包み込むようにして馴染ませます。

肌の潤いを長時間保つ保湿成分

肌の潤いを長時間保つには、角質層の細胞間脂質を維持することが大切です。ヒトセラミドなら肌の奥に潤いをたっぷり与えることができ、ハリと弾力のある肌が維持できます。

ヒトセラミドには11つのタイプがありますが、保湿により良く作用するのはEOP、NS、NP、APの4種類です。

ヒトセラミドなら、美容コスメの成分に必ず表記されています。セラミドには多くの種類が美容コスメに使用されているので、成分から判断すると良いです。

正しいスペシャルケア法

40代以上にもなれば、普段の基礎化粧に加え、スペシャルケアとしてベターな美肌を維持する必要があります。

ピーリング:

ピーリングは週に2〜3回行うのが目安ですが、肌の乾燥が気になったり体調によっては1回でも大丈夫です。使用後はしっかりローションやクリームなどで保湿をして、毛穴を引き締めます。プルプルの肌になり、小じわが目立たなくなります。

フェイスパック:

フェイスパックの使用頻度は、週に1度が目安です。しかし冬など乾燥しやすい季節や環境により、使用回数を調子するとより良い潤い肌が実感できます。

フェイスパックは市販のフェイスシートや大きめのコットンに、ローションや美容液を浸透させます。数分放置しますが、パックがまだ潤っているタイミングで剥がすことが大切です。潤いを浸透させることができ、プルプルの肌が実感できます。

正しいスキンケア法で年齢に負けない潤いをキープ

保湿を大切にする女性
保湿を大切にする女性

年齢を重ねるごとに、スキンケアをしているに関わらず、肌が乾燥しやすくなります。
乾燥が続くと、肌トラブルやエイジングサインの原因になります。
潤い方法を改善するだけで、ハリのある輝かしい肌に導くことができるので、今日から実行しましょう!