長時間外出をすると、時間が経つごとに肌が乾燥したりくすみが出たりします。せっかくメイクをバッチリ決めても、別人のような肌になってしまってはガッカリです。ツヤがなくなり、表情も老けて見えがちになります。

そこで、外出のときに乾燥対策をして、いつでも艶やかな肌やメイクをキープしましょう。外出先ですとこまめな潤いケアがしにくいですが、ここでお伝えする外出別と食品別の潤いスキンケア法を参考にすれば、簡単にSOS乾燥対策をとることができます。1日中輝きある肌でいるために、早速今日から取り入れましょう。

外出中に肌が乾燥・くすみやすくなる理由

大気汚染

屋内にいるよりも、外出先ではより肌が乾燥しやすくなる原因をチェックしましょう。季節やシチュエーションによっては、室内と同じ潤いケアでは不十分になります。

紫外線

外では紫外線がふり注いでいます。曇りの日でも、紫外線を浴びてしまうので、しっかり紫外線防止ケアをすることが大切です。紫外線は、肌を乾燥させるだけでなく、コラーゲンを破壊してはシワやたるみの原因となります。

また、メラニン色素を増やし、シミやそばかすを作ってしまいます。

外気

長時間外で過ごすと、風や大気に触れることで、肌を乾燥させます。次第に潤いを保つ細胞間脂質が衰え、肌がカサつきやすくなります。同時に肌のバリア機能が低下して、紫外線からのダメージも受けやすくなり、ちょっとした刺激で肌トラブルが起こりやすくなります。

大気汚染

PM2.5など目に見えないスモッグを浴びると、肌が汚れてくすみやすくなります。また、肌が乾燥してはかゆみやシワの原因となります。

【外出先別】潤いスキンケア法

スキー

出かける場所によって肌が乾燥するレベルが異なります。そこで、シチュエーションに合わせて肌に適切な潤いを与え、モチモチ肌をキープしましょう。

スキーやビーチ

日差しの照り返しが強いスキー場やビーチでは、強力な紫外線カット対策をすることが大切です。とりわけ敏感肌の場合は、時間に関わらずSPF50、PA++++の紫外線防止コスメを使用することをおすすめします。

肌に負担をかけないためにも、無添加で敏感肌用のコスメを選ぶこともポイントです。中には保湿美容成分も配合されているものがあるので、保湿ケアも同時にできます。

また、CCクリーム効果も兼ねた紫外線防止クリームもあり、くすみをカバーするのにお勧めです。

また、日焼け止めアイテムとして、サングラスや帽子もあると効果的です。いずれも紫外線カット加工のあるものを使用します。

旅行

旅行中はスキンケアよりも、つい訪問先を優先してしまいがちです。1日中外出しては、肌がどんどん乾燥し、夕方にはほうれい線が突然現れたりすることもあります。

外出中にこまめに保湿ができるように、詰め替え用や旅行用のミニサイズを携帯すると便利です。紫外線防止ケアは長時間持続するものを使い、保湿コスメはジェルなら鏡なしでも手軽に使用できます。

ショッピング

ショッピングセンターなどで過ごす場合は別ですが、街中を歩き回るショッピングでは、風やスモッグ、紫外線を浴びてしまいます。お店に出入りするので、これらの外的要因を忘れがちですが、肌の乾燥やくすみの原因となります。

お出かけ前には、適度な紫外線防止コスメや保湿スキンケアをしっかり行いましょう。また、メイクの最後にフェイスパウダーをつけるとスモッグが付着しにくくなります。メイクの持ちも良くなり、みずみずしい肌がキープできます。

【食品別】潤いスキンケア法

はちみつ

外出中に肌を乾燥から守るには、食べ物も大きなサポートとなります。どこでも気軽に摂取できる食品や飲み物で全身の潤いを保ちましょう。

ハチミツ

ハチミツには豊富なビタミンが含まれており、とりわけ美肌を維持するB2、B6、ビタミンCなどが簡単に摂取できます。外出用には使い切りサイズやパウチタイプ、ハチミツキャンディーなどを持参しておくと美肌成分を内側から補給できます。

100%フルーツジュース

新鮮フルーツで美肌を維持するのが理想ですが、外出中では100%フルーツジュースで摂取します。様々なフルーツがミックスされたジュースなら、バランスよくビタミンが摂取できます。

肌細胞がみずみずしく維持でき、潤いある肌をサポートします。

とりわけ柑橘系のジュースでは、ビタミンCが多く含まれているので、肌のターンオーバーも促進できます。

加齢によって体内の水分が減少していくとともに、肌も乾燥していきます。弾力やハリを高めるには水は根本的な食品となります。

水は1日に2.5リットル推奨されていますが、食品からでも水分補給ができます。外出中には、ペットボトルのミネラルウォーターで残りを補うことができます。水1.5リットル摂取すれば、食べ物と合わせて1日の水分が得られます。

できればシリカやマグネシウムなど、ミネラルの含有量の多い水を摂取すれば、さらに美肌作用が高まります。

外出中でも潤いに満ちた美肌でくすみオフ!

笑顔な女性

屋内とは異なり、外出中では肌のコンディションを見落としがちです。気づくと肌が乾燥したり、くすんでしまいます。アウトドアでは様々な外的要因から肌が乾燥しやすくなるので、肌のゴワつきやくすみを感じる前に素早い応急スキンケアで美肌バッチリ!