洗顔や保湿ケア、エステなど、美肌を目指すためのスキンケアには様々な方法がありますよね。しかし、肌を根本から美しくしたいなら一番重要なのが毎日の食事です!

食事はからだに直接取り込むものなので、もちろん肌にも大きな影響を与えます。この記事では、美肌のための食事法やNGな食べ物などを徹底解説していきます。

肌トラブルを起こしやすい食べ物

ジャンクフード

急な肌荒れやニキビ。もしかしたら原因は食事にあるのかもしれません。

まずは美肌の邪魔をする肌トラブルを起こしやすい食べ物をご紹介しましょう。

油っぽいもの

たまに食べたくなる天ぷらや唐揚げ、フライドポテトなどの油っぽい食べ物。これらはダイエットの大敵としてよく挙げられますが、実は肌にも大敵だったのです。

食事で油を摂り過ぎると必要以上の皮脂がつくられます。その皮脂は肌表面にも現われ、これがテカりやベタつきの原因に。

さらに、肌のうるおいを生成する栄養が足りなくなってしまう可能性も。油っぽい食べ物を続けて摂ることはできる限り控えましょう。

甘いもの

女性が大好きなケーキやチョコレート。これら甘いものも肌トラブルを起こす大きな脅威となってしまいます。

甘いものに大量に含まれる糖質がからだのなかで余ると、たんぱく質とくっついてAGEという新たな物質になります。これがいわゆる「糖化」とい現象。

このAGEは、シワやしみ、肌のたるみなどの老化現象スピードをどんどん速めてしまう恐れがあります。いつまでもキレイでいたいなら、甘いものはほどほどにすることが大切です。

アルコール

お酒好きの人にとっては残念なお知らせですが、アルコールも肌にNGな食品です。

アルコールには美肌に欠かせないビタミンの働きを鈍らせる作用があります。また、アルコールを分解するためにたくさんの水分が使われるため、からだの乾燥を促進する可能性もあります。

適量であれば、からだを温めるなどの良い効果も認められますが、過剰な摂取は控えるよう心がけましょう。

ここに挙げたもの以外でも、過剰に摂取すると肌の命取りとなる食べ物はたくさんあります。「食べない」というよりもバランス良く摂ることを考えましょう!

肌が整っていく!美肌のためのおすすめ食事法

サラダ

食事で美肌にアプローチするためには、食事方法にいくつか気を付けることがあります。

食べ方をちょっと変えるだけで、肌に良い食事ができちゃいますよ!

からだを温める食べ方を選ぶ

食事ではできるだけ温かいものを積極的に食べるようにしましょう。例えばざるそばではなくかけそばに、サラダではなく温野菜にするというように、同じ食べ物でも温かくすることがおすすめです。

温かくして食べることによってからだを内側から温まり、血行や肌の働きが促されます。からだの巡りが改善されることは、肌だけでなく健康にも良いことなので、日常的に「温める」ことを意識しましょう!

食べる順番でより効率的に

食べる内容だけでなく、食べる順番も美容に大きく関係します。食事はなるべく糖質の少ないものから順に食べるようにしましょう。

まずはからだを温める味噌汁、次にサラダなどの野菜類、次に肉や魚などのたんぱく質、最後に白飯やパンなどの炭水化物を食べます。

この順で食べることによって血糖値の急激な上昇を避け、からだに良い栄養素を効率的に取り込むことにつながります。飽きてしまう場合は、この順番で繰り返し食べるようにしてみましょう。

水分をたっぷり摂る

肌の健康に水分は不可欠!食事と一緒に水分もたっぷり摂る習慣をつけましょう。

「おなかが一杯になっちゃうから」と食事中に水分を摂らない人が多いですが、これでは代謝が滞りやすくなります。便秘やむくみは肌の代謝の妨げにもなるため注意しましょう。

肌の生まれ変わりを促したいなら、こまめに水分補給することを忘れないでくださいね。

美肌のために摂りたい食品4選

料理する女性

では、肌に良い食べ物には何があるのでしょう。ここでは美肌を助けてくれる食品をいくつかご紹介します。毎日食べて、肌を内側からキレイにしていきましょう!

アボカド

「森のバター」とも呼ばれるアボカドには、肌のうるおいを保つ働きをするビタミンB2、C、E、βカロテンやセラミドを生成するリノール酸がたっぷり。食べるだけで簡単に保湿ケアができちゃいますね。

切ってそのまま食べるのが一般的ですが、からだを冷やさないようグラタンやソテーにする食べ方もおすすめです。

肉や魚

肉や魚などに多く含まれるたんぱく質、実は現代女性に不足しがちです。肌をつくる栄養素なので、たんぱく質が不足してしまうと肌の生まれ変わりも正常に行われません。

忙しいとついついパンや麺類などの手軽な食品に頼ってしまいますが、なるべくたんぱく質を多く摂るよう心がけましょう。

肌の角層を構成する天然保湿因子の原料となるアミノ酸。卵にはこのアミノ酸が20種類も含まれていて、まさに美肌の栄養の塊。さらに、高い保湿力をもつレシチンやターンオーバーを促す亜鉛、たんぱく質なども含まれているので、一日に1個は食べておきたい食品ですね。

大豆製品

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た作用をもっています。これがからだに取り込まれると、肌の働きを促すだけでなく女性らしいしなやかな肌へと導いていきます。

もちろん、女性の健康維持にも必要な食品なので意識的に食べるようにしましょう。

ここにある肌に良い効果が期待される食品も「バランス良く摂る」ということが大前提。毎日適度に食事にとり入れ、肌の調子を整えてあげましょう!

食事は肌の栄養源!上手に食べて素肌から美しく

料理する女性

食事はエステに行くよりも大切な美肌の栄養源。実際に、食事を改善しただけで肌が変わったという例はたくさんあります。肌に良い食品を中心に、バランスの良い食事を心がけ内側からキレイな素肌を目指しましょう!

美肌のためにはダイエット中でもきちんと1日3食食べるようにしてくださいね。