女性の美しさに大きく関係している女性ホルモン。あれこれ忙しい現代女性はバランスが乱れがちなのをご存じですか?

この記事では、スッピンでも美しい肌を手に入れるための女性ホルモン対策法をご紹介。意識して生活することで、女性らしさ溢れる美肌を目指しましょう!

女性ホルモンってなに?

花

そもそも、女性ホルモンとはどのようなものなのでしょう。また、私たちのからだのなかでどのようなはたらきをしているのでしょう。

ここでは、いまさら聞けない女性ホルモンの基礎知識を解説します!

どっちも大事な2種類の女性ホルモン

女性ホルモンには、女性らしいからだづくりをサポートするエストロゲン(卵胞ホルモン)、妊娠に関わるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。これらがバランスを保つことで、女性は健康的に過ごすことができています。

美肌に関係しているのは前者のエストロゲン。女性の心やからだの健康に大きく関係しているため、このホルモンが乱れるとさまざまな悪影響が起こることもあります。

また、エストロゲンに似た化学構造をしているということで注目されているのが「大豆イソフラボン」。似た働きをしてくれる期待もあるため、大豆は女性の救世主とも言える食材ですね。

女性ホルモンは減少する

女性ホルモンを増やすことはできません。一生のうちに分泌される量は決まっていて、そのピークは20代後半から30代前半。

それ以降はどんどん減少する一方で、閉経を迎える50代になるとさらに急降下してしまいます。この時期、更年期障害などが起こってしまうのは女性ホルモンの減少が関わっています。

女性ホルモンの乱れによって起こるトラブル

女性ホルモンの乱れや減少は、女性の心身にあらゆるトラブルを起こします。考えられるものをここでいくつか挙げてみました。

【女性ホルモンが関係するトラブル】

・肌荒れ
・生理不順
・イライラ
・疲れやすい
・免疫低下

他にも、髪が抜けてしまったり体重が大幅に変化したりとその影響は計り知れません。美肌を育むためにはもちろん、健康維持のためにも女性ホルモンへの対策を心がける必要があるのです。

女性ホルモンが乱れる原因

イライラしている女性

女性ホルモンは些細なことでも乱れを引き起こしやすいとても身近な存在。どんなところに原因が潜んでいるのか、ここで詳しくチェックしておきましょう。

乱れた食生活

栄養バランスの悪い食事や過度な外食、カップラーメンなどのインスタント食品は、女性ホルモンの働きを妨げる原因に。

また、過食や小食も女性ホルモンにとって良い状態とは言えません。とくに女性に多いのがダイエットによるホルモンバランスの乱れ。痩せる代償に肌や健康状態が悪くなってしまっては本末転倒ですよね。キレイになるためには食事を整えることが大切なのです。

睡眠不足

ホルモンが活動するのは主に睡眠時。その睡眠時間が少ないと、女性ホルモンが乱れることは当然ですよね。また、寝ないことでストレスが溜まったり疲れやすい状態になり、それもホルモンバランスを乱す原因になります。

睡眠不足は肌自体にも良くないことなので、できる限り整った生活を送ることもポイントです。

ストレスを溜めること

毎日のちょっとしたストレスでも、少しずつ溜まっていくことでホルモンバランスに大きく影響します。とくに、仕事や家事で忙しい女性はストレスを溜めてしまいがち。

女性ホルモンが減少する50代以降は、子どもの自立や退職、親の介護など家庭環境が大きく変化する時期でもあるため、日頃からのストレスケアが美容や健康のカギとなります。

今日から実践!簡単にできる女性ホルモン対策

眠っている女性

女性ホルモンへのアプローチは意外と簡単にできます。今日から少しずつチャレンジして、女性らしい心とからだに整えていきましょう!

女性ホルモンを助ける食べ物

女性ホルモン自体を増やすことはできませんが、食事によって助けることは可能です。効果的な食べ物を積極的に摂って、健やかなバランスへと促していきましょう!

【女性ホルモンを助ける食材】

・納豆、甘酒などの発酵食品
・ゴボウ、いも類、葉物野菜などの食物繊維
・豆腐、きなこ、豆乳などの大豆食品

発酵食品や食物繊維を多く含む食材は腸内環境を整える作用があります。からだの巡りが良くなることによって女性ホルモンが正常に働くサポートをしてくれるのです。

また、大豆には女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンがたっぷり含まれているため、不調を感じたら進んで摂取するよう心がけましょう!

適度な運動

おすすめはヨガやストレッチ。ゆったりと呼吸を整えながら行うので、女性ホルモンをつかさどるリンパや血行の循環を高めてくれます。また、適度にからだを動かすことで心地良い疲れを感じ、良い眠りを促すことにもつながります。

ではここで、おすすめのヨガポーズをご紹介しましょう!

【女性ホルモンのためのヨガ「合蹠のポーズ」】

・床にすわり、両足裏を合わせる
・このとき、両手は両足首部分を掴む
・そのまま左右にゆらゆらとお尻が浮くまで大きく揺れる(左右10回繰り返す)
・今度は膝を上下にぱたぱたと動かす(上下10回繰り返す)
・息を大きく吸い込み背筋を伸ばす
・ゆっくり息を吐きながら上体を前に倒していく
・ゆっくり呼吸をとりながら上体を起こす

温かいところでリラックスした状態で行いましょう。このヨガポーズは生理不順や血行の改善にも効果が期待されます。また、骨盤を整えるためヘルニアの予防にもつながるので、一日5分のんびりチャレンジしてみましょう!

質の良い眠り

睡眠が重要ということは先ほどお伝えしましたが、睡眠時間が十分にとれない人は「質の良い眠り」を心がけるようにしましょう。時間が短くてもゆったりリラックスした状態で眠ることで、女性ホルモンの働きも促されます。

質の良い眠りの環境づくりには、次のようなことに注意しましょう。

【質の良い眠りのための注意点】

・熱いお風呂は控える
・寝る3時間前の食事は控える
・寝る前のスマホやゲーム、テレビは控える

これらは脳やからだが眠りにつく妨げになる可能性があります。アロマをたいたり好きな音楽を聴くなどリラックスした環境をつくって睡眠に入りましょう。

女性ホルモンを整えて笑顔がキレイな女性へ

笑顔の女性

女性ホルモンは女性の美と健康を支える重要な役割をもっています。日々の生活のなかのちょっとした心がけで良い状態へとコントロールができます。

スキンケアやダイエットをするまえに、まずは女性として健康でいられる生活環境を整えてあげましょう!