毎朝、鏡を見るたびに気になる顔のシミ。
「何だか増えたみたい」「濃くなってきたかも……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
シミがない(少ない)女性は年齢よりも若々しく見えます。

一方、顔に黒々とシミが目立っていれば老けて見られがちです。
シミのせいで見た目よりも年齢が上に見られているとしたら、それは人生にとって大きな損失かもしれません。

50代以降は閉経による女性ホルモンの減少や、加齢によるターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れによって、シミができやすく改善しにくくなるお年頃。
ですが、諦めてしまうには、まだまだ早い!今回は大人の女性に効果的なシミ改善法の最前線について調査してみました。

お肌悩みイメージ

あなたのシミのタイプはどれ?

一言で『シミ』といっても、実は種類や症状はさまざま。
特に60代以降に増える茶色く盛り上がるシミは、シミではなくイボの一種に分類されます。
まずは、あなたのシミのタイプを確認しておきましょう。

肝斑

30代、40代の女性に多く、頬に沿って顔の左右両面対象に現れるシミ。
50代以降には少なく、妊娠やピルの摂取が原因とされる女性ホルモンに由来する症状です。

日光黒子(にっこうこくし)

いわゆる一般的なシミ。主な原因は紫外線と言われています。

ソバカス

遺伝性が高く幼少時から発症する、小さく茶色いシミ。

炎症後色素沈着

ニキビ跡や化粧品で炎症を起こした後に発症する色素沈着。徐々に薄くなる傾向があります。

脂漏性角化症

加齢に伴って発症する、茶色く盛り上がるイボ。この症状が出た場合は手術による除去が有効です。

市販の美白クリームでの改善は困難

ドラッグストアやデパートの化粧品売り場には多くの『美白クリーム・美白化粧水』が販売されています。
テレビCMや雑誌で見たことがある商品であれば手が出やすいですし、お値段も手ごろなのでついつい買ってしまいたくなるはずです。

しかし、市販の化粧品や美白クリームでシミをキレイに改善するのは、非常に困難。
一度肌についた色素沈着(シミ)は、市販されている化粧品や薬だけで改善するのは不可能に近いでしょう。

とはいえ、化粧品に含まれているセラミドやアミノ酸などの成分によって乾燥を防いだり、UVカットが期待できる化粧品で日焼け対策をするのは、シミの悪化を防ぐには有効です。
「これ以上シミを増やさない」ためのものという意識で使用するには、効果があるといえます。

クリームを使うなら美容皮膚科へGO!

本格的にシミを改善したいなら、やはり美容皮膚科や皮膚科で専用の薬を処方してもらうのが近道です。
前述したように一言で「シミ」と呼んでいる色素沈着も、いくつかの種類に分けられます。

美容皮膚科では、あなたのシミの種類が何なのか、どの治療薬が有効なのかを診察して薬を配合してくれるので、ダイレクトな効果が期待できます。

例えば有名な『ハイドロキノン』という成分。
別名『肌の漂白剤』とも呼ばれている美白効果が期待でき、シミの大きな原因であるメラニン色素生成の素・チロシナーゼという酵素の生成を抑制する成分です。
現在できてしまっているシミの色素を薄くするうえに、以降の発生を防御できる成分としても知られています。

ハイドロキノンを含む市販薬や化粧品にはごく少量(5%未満)の配合しか認められていませんが、病院で処方されたクリームであれば、より多く含んだものが処方されます。

また、医師の監視下で使用するため、万が一の肌トラブルの際も安心。
効果の高い薬用成分は確かに有効ですが、使用方法を間違えれば重篤な症状になる恐れもあるからです。

安心で効果の高い美容皮膚科の最新シミ治療法

現在、美容皮膚科(普通の皮膚科や美容形成外科など)ではシミ改善のための治療を多く実施しています。
より高いシミ取り効果を得たいのであれば、塗り薬だけではなくシミ改善のための施術を受けるのがベスト!
50代はもちろん、60代70代の方でも安心して受けることができます。

(1)ケミカルピーリング

サリチル酸やグルコール酸を用いて色素沈着してしまった古い角質を除去します。

(2)医療用レーザー治療

各種医療用レーザー機で、メラニン色素(シミ)を効果的に除去。シミだけをピンポイントに狙うので他の組織への影響が少ない治療法ですが、施術後は絆創膏などで照射部分を保護するなどの対応が必要です。

(3)レーザートーニング

レーザー光をごく低く設定し、顔全体に照射する施術。レーザー治療では難しい肝斑改善に効果的で、施術後にすぐメイクもできるダウンタイムの少ない治療法です。

(4)飲み薬

症状によってビタミンCやトラネキサム酸などが処方されます。

50代以降の女性のシミ改善は美容皮膚科がおすすめ!

美容皮膚科イメージ

新陳代謝が落ちていく50代以降は、なるべく早く美容皮膚科を受診し、スピーディーにシミを改善すべき。
化粧品や市販の美白クリームはリーズナブルですが、効果を発揮するには至らないことも多く、改善できたとしても、かなりの長期戦になりがちです。

私たちは、もう自由に使える時間もお金も(若い頃よりは)十分にあるはず。
気になるシミは出来るだけ早く改善し、今後の人生をより良い楽しいものにしたいですね。