50代60代になってくると、人によって一番悩むのが老化によるシワではないでしょうか?人間「オギャー」と生まれて、成長し成熟し老化するのは人間だけでなく、すべての生き物です。

老化をしない生き物はありません。それなら「しかたがない!」と諦めたら終わりです。老化を遅らすことが私たちにはできるのです。

それは毎日の生活の中からできることです。高い化粧品を使っていれば老化は止められるかというとそうではありません。

アンチエイジングケアしなければ、老化は早まりますがそれだけではないのです。今回は50代から60代が一番気になるアンチエイジングのご説明を致します。

アンチエイジングとは?

綺麗な女性

アンチエイジングとは英語で抗高齢化、すなわち高齢を防ぐという意味です。このごろ良くアンチエイジングという言葉が使われるので、お聞きになられたことがあると思います。

50代60代になると、40代では少数派だったシワが特に気になってくるのではないでしょうか?シワやシミは、水分が減少して乾燥してしまうのでできてしまいます。

肌はいつも紫外線にさらされていて、紫外線を浴びてケアしていないと、老化は進んでしまいます。アンチエイジングケアするときに一番はシワではないでしょうか?シワについてご説明します。

50代60代は「ほうれい線」「おでこのシワ」「首のシワ」が気になる!

ストレスを抱える女性

40代のころから人によっては、ほうれい線やおでこのシワ、首のシワが気になる人も出てきます。50代60代になるとほうれい線は隠せなくなり、ほうれい線が出ていない人を探す方が難しくなります。

ほうれい線は何故できる?

ほうれい線は顔のたるみからきています。歳を重ねると肌が乾燥してきて、たるみが出てきます。若いころ張りつめていたみずみずしい肌も、50代60代になると保湿が十分でなくなり、シワとなって表面に現れます。

ほうれい線は顔の筋肉の衰えとも言えるでしょう。ですから、ほうれい線を治すのに、顔の筋肉をできるだけ動かした、ほうれい線エクササイズなどがネットには出ています。

ほうれい線はどのようにすれば薄くなる?

ほうれい線を薄くするにはいろいろな方法があります。顔のたるみを直すには、顔の筋肉を強くしてたるみを持ち上げることです。そのためにはエクササイズが良いでしょう。

スキンケアで十分保湿をすれば、一瞬ほうれい線が消えることがあります。根本的に保湿を身体の中から整えるのにはどうしたらよいのでしょう。

保湿を体の中から整えるには?

やはり保湿を身体の中から整えるには、食べ物や飲み物以外ありません。そして、規則正しい生活と、十分な睡眠をとることが保湿を身体の中から整えることになり、老化を遅らせる可能性があるのです。

保湿にはどのような食べ物が良い!

保湿には、まず身体の細胞を作るのに必要な原料となるタンパク質は必需品です。タンパク質がアミノ酸に変わり、身体の中に吸収され、また、タンパク質となって身体のパーツとなっていきます。

この中で角質細胞にある天然保湿因子というものは、アミノ酸が原料となっているのです。天然保湿因子というのは、角質細胞の中で水分を保持する働きをしています。

タンパク質

タンパク質はコラーゲンの元ともなるもので、潤いの元となる天然保湿因子が良質なタンパク質を摂らないと不足することになってしまうのです。

タンパク質はこのように天然保湿因子を生成し、肌の生まれ変わりのターンオーバーを正常に戻す働きをしてくれます。ビタミンB6と一緒に摂ると、タンパク質を分解して効率よく吸収してくれるのです。

肉類(カロリーが気になる人は赤身の肉)・魚介類・大豆類・乳製品・卵などです。

タンパク質以外の栄養素

タンパク質のほかにビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCなどを摂ることできます。簡単で寒い季節にぴったりのメニューは雑煮です。

野菜やお肉や豆腐など寄せ鍋をした後の、スープにご飯を入れて、煮立ったら卵の溶いたのを上からかけて、卵が煮えたら食べます。ここには美容に良い栄養素が凝縮されています。簡単で美味しくて健康に美容に良いレシピです。

おでこのシワが気になる!

おでこを抑える女性

次はおでこです。おでこのシワも若い時から出ている人もいますが、50代60代になるとおでこにシワがでてきて歳が隠せなくなってきます。

おでこのシワの原因

おでこのシワの原因は、ほうれい線と同じで、肌のたるみも原因の1つです。そのほかに、頭皮のたるみ、前頭筋と後頭筋のバランスの崩れ、眉毛を上げるクセなどにより、おでこにシワを作ります。

こちらも、乾燥によることで肌のたるみやバランスの崩れなどを起こしていますので、保湿することでこれらのシワも薄くする可能性が考えられます。

シワを作るには筋肉の衰えで、顔のたるみやほうれい線おでこのシワなどができます。そのほかにも免疫力の低下や血行不良や低体温質も原因となってきます。

おでこのシワをなくすには?

おどこのシワをなくすには、やはり身体の中からの保湿が大切になります。そして、身体を温かくして栄養を身体の隅々まで行き届かせることが大切です。

そのためには血液がドロドロでは栄養も隅々まで行き届きません。体内の保湿を改善するためには、血液をサラサラにする必要もあります。

そのようなときに大切なのが、オメガ3系脂肪酸と言われる良質な資質が美容には大切なのです。この、オメガ3系脂肪酸は体内で作ることができない、不飽和脂肪酸のひとつで、青魚に含まれています。

α-リノレン酸やDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)などがあります。この脂肪酸は熱に弱く酸化しやすいので、生のまま直前にドレッシングとして摂取する方が良いでしょう。

また、お魚などは煮魚にして、煮汁も一緒に食べたり、お刺身にしたりして摂取すると、栄養成分を吸収することができます。焼き魚にすると、せっかくの油がグリルなどに落ちてしまいます。

首のしわが気になる!

首を触る女性

首のシワもとても年齢を感じさせます。若い方でもできている人がいますが、50代60代になるとできてない人の方が少なくなります。

首のシワの原因は

首のシワの原因は日常生活に大きく関係してきています。加齢によるたるみもありますが、歳を重ねた人でも首にシワがない人を見かけます。

首の横のシワは気を付ければ結構簡単に薄くすることはできます。まず、首のシワの原因は乾燥によるもの、新陳代謝の低下、コラーゲンの減少、姿勢などが挙げられます。

この中で私が注目したいのは、首のしわが少し目立ってきたころに姿勢を見直すことです。首は重たい頭を支えています。スマホを見るときなどに、頭を前に垂れていませんか?

いつもこの姿勢を取っていると首にシワができてきます。首の皮膚は顔よりも薄く、汗を首は掻きます。顔に掻く人もいますが、顔より首の方が汗を掻きやすいので、より乾燥を促進させるのです。

乾燥によって肌がバリバリになると、細かいシワができるので、やはり保湿が大事です。そして、枕の高さもとても大きな原因です。

人間は1日のうち3分の1は睡眠をとっている方が多いです。高い枕を使っていると頭が上がり、首にシワを作るので、それが定着してしまいます。

低反発の枕を使うと、低すぎず高すぎず、首にシワを作らないで済みます。私もシワが二本ぐらいできたとき

慌てて枕なしで寝ていました。

枕なしだと血液が脳に溜り脳に刺激になり浅い眠りになるので良くないといわれていたので、低反発の枕に変えたら、1年もしないうちに横の首のシワが気にならなくなりました。

そして、首も忘れないように、スキンケアすることです。

まとめ

綺麗な女性

50代60代で気になるところは、シミとシワが多くなります。また、目の下のたるみなど、全体にたるんでくるので、鏡を見たとき歳を感じさせます。

年齢を重ねていて、鏡を見たとき今まで若々しい張りつめた肌が、いつの間にかたるんで、歳をごまかせなくなったということはあるのではないでしょうか?

老化を早めるのは何といっても乾燥です。それは、スキンケアだけでなく身体の中からも保湿しなければ、インナードライになって、結局シワとなって現れてきます。