いま話題の「すがもメーク」を探ってみました。

最近、テレビで見かけるようになり気になったのが「すがもメーク」というワード。

まずは、ざっくばらんにご説明しますが、「すがもメーク」とは、「シニアを自然な若見えに導く」ことを目的としています。シニアが若返るというキーワードはかなり気になりますね。

では、番組の内容から「すがもメーク」の実態を探ってみましょう。

シニアが若返る!?すがもメーク

まず、番組では65歳の方がどう変わるのか、説明していました。

ビフォー65歳

まず、写真の見た目で言うと、65歳より少し若いかなと思いました。ここから、どれだけ自然に若返る事ができるのかなと、純粋に気になります。そして「すがもメーク」でメイクアップ、此方をご覧下さい。

アフター65歳

単純にびっくりしました。元々、ノーメイクでも地が綺麗な方だなと思っていましたので、あまり変化がみられないのかなと予想していました。ところが、これが、「すがもメーク」の実力です。
もちろん、光の加減などもありますが、若返り、さらには美しくなりました。

一人では、信憑性がないので、2人目もみてみましょう。

ビフォー82歳

この方は、なんと御年82歳。不躾ながら見た目は年相応に感じました。ここからどれだけ変わるのでしょうか。
さぁ、開けてビックリ玉手箱、「すがもメーク」に掛かれば、82歳の方もすごい。

アフター82歳

 

感激のあまりに、ため息をもらしてしまいました。

派手にメークして、シワなどを隠しているわけではなく、あくまで自然に美しくなっている事が分かりります。日常の延長線上のキレイを作る事が「すがもメーク」の特徴だそうです。

普段、食事や運動等でエイジングケア、お化粧で自分の肌をフォローアップしていると思いますが、これは写真技術とナチュラルエイジングケアによる美表現ともいえますね。時間を切り取って、写真の中で自分の真の美しさが最大限に表現できることも、特徴の一つかとおもいました。

すがもメークの発祥の地は?

すがもとついているだけあって、巣鴨にその本店があります。その名も、えがお写真館。シニア・シルバー世代を専門として、人物をメイクアップし写真を撮っているそうです。
彼らを自然に若返らせ、美しいまま、写真に収めています。えがお写真館は60歳以上の方々を月間で100人以上も撮影しているので、実力は折り紙付きです。

独自のフォトスタジオを構えているそうで、一人一人に合わせた形でメイクアップや撮影をしてくれそうですね。

すがもメークとは?

シニアのためのメーク本を出版するなど、今シニア層に話題の人物、赤坂渉さんという方が「すがもメーク」の第一人者。4000人以上の方のメイクアップや撮影の監修を行ってきたそうです。

年々、口元や眉毛は形が変わっていきます。その変わる20年前の形に戻すようなメークが、この「すがもメーク」。その人がもつ美しさを、その人らしく輝かせる技があるそうです。

利用者の声として、とても自然で写真嫌いの方が好きになるぐらい、いいらしいです。確かに、この写真映えを見るとかなり嬉しいと思います。
では具体的に目元に悩みがある方の、ビフォーアフターを見てみると、分かりやすい結果が出ています。

加齢の原因、修正

 

ここまで行くと、もう別人クラス。10歳以上若返ったように感じさせます。

シニア世代の悩みで、眉毛が薄くなったりまつ毛が薄くなったり、目元の印象が弱くなる事があります。そのネガティブポイントをバランスよく「すがもメーク」する事で、上記の写真のように、自然に美しさが増すイメージになります。

加齢の原因

一般の方だけではなく、この番組では女優の松岡きっこさんもモデルになってます。普段はちゃんとプロのメーク担当がいると思いますが、今回「すがもメーク」を体験した事で、かなり驚いておられます。この写真を見ると、分かる気がします。

松本きっこさんBA

かなり、ゴージャスな感じに仕上がっていると思います。本人も、いい意味で期待を裏切られたと述べていたので、相当気に入ったみたいです。女優も喜ぶ「すがもメーク」は、巣鴨を飛び出して全国でフィーバー間違いないでしょう。

私も撮って欲しくなりました。

生前遺影って?

この番組で気になるワードがもう一つあります。生前遺影です。

終活の中の一つで、生前に自分の気に入る遺影を用意しておくというのがあります。もちろん残された家族に迷惑をかけないようにと、準備をする意味もあります。「すがもメーク」で撮った写真を使いたくなるのは分かります。
こんなに、美しくなるのですから。

今、写真はアプリ等で簡単に加工ができ、かなり強引な盛り写真となっているのは、ネタにされているぐらいです。一方「すがもメーク」は、自分自身の良さを100%引き出してくれるメイクアップ&撮影だといえるでしょう。

あなたも、プロのメイクアップを体験し、自分を綺麗なまま残し続けてみては如何でしょうか?きっと、周りのご友人やご家族が驚くはずです。

公式サイト:遺影写真撮影 えがお写真館(URL: http://iei-egao-shashinkan.jp)

【合わせて読みたい】