普段日焼け止めなしでは外出できない方も多いでしょう。しかしどんな品質の良い日焼け止めでも、正しい選び方や使い方をマスターしなければ効果が半減してしまいます。効果がない、なんどもメーカーを変えたりしては無駄遣いになるだけです。

そこで今度こそ日焼け止めの効果を実感するために、基本的な知識をマスターしましょう。単に紫外線防止指数や値段、メーカーで決めるのでなく、知識を踏まえて適した日焼け止めを使うことで美肌をキープすることができます。

ここでは紫外線に関する知識、日焼け止めの選び方と使い方をまとめ、より良い日焼け止めをサポートします。

美肌の大敵!紫外線とは?

日焼けイメージ

シワやシミの原因となる紫外線を防止する日焼け止めですが、紫外線には種類があり時期によって降り注ぐ量も異なります。まずは紫外線について基礎的な知識を深めましょう。

紫外線が一番多いのは春と夏

年間を通して紫外線は避けられないもので、太陽が出ない時でも雲の合間から紫外線が降り注いでいます。特に気温が上昇し始める5月〜8月の時期には紫外線パワーがピークに達します。さらに、11時から午後の2時にかけては紫外線がもっとも強くなるので、特に紫外線防止対策が望まれます。

また以下のように照り返しや紫外線の強いスポットに出かけるときは、普段よりも高い効果の紫外線防止クリームが必要となります。

  • ビーチ
  • 雪のある山岳地帯
  • 芝生
  • 赤道に近い南の島や熱帯地域

紫外線の種類

紫外線には3つの種類があり、中でも地球上に届くのがUVAとUVBです。それぞれ肌に及ぼす影響をチェックしましょう。

  • UVA…悪天候でも降り注ぐ強い紫外線。小麦色の日焼けをする紫外線で、肌の奥まで届きながらゆっくりコラーゲンを破壊してシワやシミを作る
  • UVB…日焼けで肌を赤くして炎症を起こす紫外線。紫外線量は比較的少ないが、素早く表皮や細胞を破壊して色素沈着や水ぶくれなどを引き起こす
  • UVC…もっとも肌に負担をかける紫外線。しかしオゾン層を突き破らないので害はなし

UVAはダイレクトに肌を老化させる紫外線で、UVBは炎症や肌トラブルが原因となり、シミなどの色素沈着を引き起こします。

SPFとPAの違い

日焼け

日焼け止めを購入するときにSPFとPAをチェックすることがあると思います。そもそもSPFとPAはどんな意味があるのか、効果も含めてチェックしましょう。

SPFとは?

SPFは(Sun Protection Factor)の意味で、UVBをブロックする指数です。SPF指数が高いほど効果ができると思っても良いですが、厳密には外出する時間(分)とSPF指数を乗算した数値が有効持続時間となります。例えば10分の外出でSPF30の日焼け止めを使った場合、

 

30SPFX10分=300分

 

となり、5時間の効果が期待できることになります。日焼け止めも薬のように効果が時間とともに衰えていくので、長時間の外出では効果が切れる1時間前に塗り直しておくと安心です。

PAとは?

PA(Protection Grade of UVA)のことを意味し、UVAの紫外線をブロックします。効果のレベルは「+」で表記されており、4つのレベルから選択できます。

PAのレベルはSPFと比例していることが多いので、UVAとUVBが効率よく同時にブロックできます。

日焼け止めの選び方

日焼け止め

日焼け止め製品は様々な効果や形状で販売されており、SPFやPAなどでレベルを表記しています。毎日使用する紫外線防止対策として自分の肌はもちろん、ライフスタイルや目的に合わせてチョイスしましょう。

自分の肌色に合わせる

基本的に色白の方ならSPF30、PA+++以上のものが高いものがおすすめです。突然の肌の炎症やヤケドなどのトラブルを防止できます。また、ビーチなど紫外線が強い場所に行くときは、普段よりもワンランク高い指数の日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

ちょっとした外出

近所の買い物や車内移動がメインな時には、SPF20、PA++の日焼け止めで十分です。手やデコルテにも塗り忘れないようにしましょう。店を出入りするショッピングの時はSPF30、PA++もおすすめです。

アウトドア

ビーチやスキー、ゴルフなど、燦々と太陽を浴びる場所では、SPF50、PA++++の日焼け止めを使います。さらにサンバイザーや帽子などを併用して、日陰も利用しながら紫外線を避けるようにしましょう。

低刺激

日焼け止めもスキンケアの一つとして、肌に負担をかけない製品であることがポイントです。特に日焼け止めに頻繁に使用される紫外線吸収剤ですが、敏感肌に刺激を与える添加物としてフリー処方にしているメーカーも多くあります。

一方、紫外線を跳ね飛ばす紫外線散乱剤は、化学物質を使用していないノンケミカルなので、比較的安心して使用できる日焼け止めとなります。

そのほか、香料やパラベンなどの添加物フリーであることに越したことがありません。

使用感

サラサラした使用感は快適ですが、それは紫外線吸収剤のおかげでもあります。日焼け止めクリームによくある白浮きもなく、快適な使用ができるメリットがあります。紫外線散乱剤はその逆であり、また水や汗に弱く何度も塗り直す必要がある点で劣っています。

そのため、よほど紫外線吸収剤で肌トラブルを起こさない限り、紫外線吸収剤配合の日焼け止めが効果的です。プールなどのレジャーやスポーツ、衣類や肌を汚したくないときも快適な使用ができるでしょう。自宅使用なら紫外線散乱剤がおすすめです。

日焼け止めの使い方

日焼け止め

自分におすすめの日焼け止めを見つけたら、正しい使い方で効果アップをしましょう。

肌を保湿する

カサカサした肌に日焼け止めが刺激を与えては肌トラブルを起こしてしまいます。使用前には肌をローションなどで潤しましょう。満遍なく日焼け止めを塗ることができ効果もアップします。

こすらずに塗る

日焼け止めはさっと均等に伸ばしながら塗るのがコツです。ゴシゴシ塗ると、肌に負担をかけるので手際よく行いましょう。

こまめに塗り直す

SPF指数が低いほど短時間の効果になります。特に長時間外出予定の時は、日焼け止めを持参してこまめに塗り直すことをおすすめします。日焼け止め効果が維持でき、エイジングケア効果も高まります。

日焼け止めは毎年買い換える

特にボディ用の日焼け止めは夏が過ぎれば使わなくなるので、半分残ってしまったということがよくあります。しかし一度日焼け止めを開封すると、使うたびに雑菌が入り込み品質がどんどん落ちてしまいます。

基本的に使用期限は1年間なので、翌年持ち越して使用するのはやめましょう。効果がないどころか肌に負担をかけてしまうので、毎年新しい日焼け止めを使うことをおすすめします。

日焼け止めの大切さを知りながらエイジングケアアップ

エイジングケア

日焼け止めの基礎知識をマスターしてしっかり紫外線防止をしましょう。シミやシワは予防が大事ですので、毎日日焼け止めで保護しながら、みずみずしい美肌をキープしてください!