頑固な毛穴の黒ずみや角栓ケアに使用される美容オイルですが、中には症状を悪化させてしまうものもあります。そこで毛穴の老廃物をスッキリさせて洗顔も素早くできる美容オイルを使いましょう。

美容オイルにはビタミンがたっぷり含まれており、肌にハリと潤いを与えてくれるオールインワンオイルでもあります。毛穴ケアの他にも様々な美容ケアに重宝する美容オイルの活用法も見逃せません。

そこでトータルな美肌に整えてくれる美容オイルを選ぶコツ、注意点、使い方、活用法をまとめました。おすすめの美容オイルで正しい毛穴ケアをしながら美肌アップしましょう。

毛穴ケアにおすすめの美容オイルの選び方

オイル各種

美容オイルには単独の天然植物オイルを使用したものや、混合したものがあります。いずれも万能作用がありますが、まずは基本的な選び方をチェックしましょう。

毛穴ケアにおすすめの美容オイルを選ぶ

全身の美容維持に利用できる美容オイルですが、中でも黒ずみや角栓ケアにおすすめの美容オイルはこちらです。

  • アルガンオイル
  • オリーブオイル
  • ホホバオイル
  • グレープシードオイル
  • スクワランオイル
  • ローズヒップオイル

それぞれの美容オイルには潤いを保持してくれるリノール酸、パルミトレン酸、オレイン酸、リノレン酸などの脂肪酸が含まれており、保湿効果で皮脂バランスを整えながら黒ずみや角栓予防をしてくれます。

無添加処方

美容オイルを選ぶときは無添加のものを選びましょう。優良なオイルを使用しても、添加物が入っていると肌に負担をかけてしまいます。100%天然植物オイルやオーガニックオイルなら肌に優しくケア効果もアップします。

無添加の美容オイルの香りは自然に任せているので独特ですが、それだけ天然素材の恵みを実感することができます。

高純度の美容オイルを使う

美容オイルには酸化しやすいものもあるので、高純度の美容オイルを選ぶのもコツです。純度が高いと酸化しにくくなるので、毛穴ケアや美肌ケアを効果的に行うことができます。また、開閉したらすぐに使用することも効果実感のポイントです。初めて使うときは少量サイズのものを使うと良いでしょう。

トコフェノール配合で酸化防止

ビタミンEであるトコフェノールは美容オイルの酸化防止をしてくれます。ローズヒップオイルやグレープシードオイルなどは酸化しやすいので、トコフェノールが配合されているかチェックしましょう。

コールドプレス製法

コールドプレス製法はスピーディーな低温圧搾法により、素材の栄養素を逃さない高品質オイルが実感できます。美容オイルを購入するときは、成分とコールドプレス製法であるか確かめることをおすすめします。

茶色のボトルの美容オイルを選ぶ

酸化から防ぐためにも茶色のボトルに入っている美容オイルを選びましょう。ワインの瓶のように、日光による酸化腐敗から守ってくれます。肌にも負担をかけない使用ができ、効率良い毛穴ケアができます。

美容オイルで毛穴ケアをするときの注意点

オイルイメージ

毛穴ケアにおすすめの美容オイルで黒ずみや角栓を効果的に除去するために、いくつか注意ポイントを押さえましょう。

週に1回行う

症状に関係なく美容オイルでの毛穴ケアは週に1回、多くても2回に抑えましょう。やりすぎると肌に負担がかかってしまい乾燥したり皮脂バランスが崩れてしまいます。普段のクレンジングや洗顔料では届かない老廃物の特別処理として使用するようにしましょう。

綿棒にたっぷり美容オイルを浸透させる

綿棒で毛穴ケアをするときは綿棒にたっぷりと美容オイルを浸み込ませます。黒ずみや角栓が柔らかくなり除去しやすくなります。毛穴をグイグイ押すこともなくなり、快適な毛穴ケアができます。

ロールオンタイプは避ける

美容オイルの中には携帯におすすめのロールオンタイプのものもあります。しかし、ロールオンタイプはコロコロ転がしてオイルを塗ると同時に、雑菌も入り込んでしまいます。美容オイルの質が下がってしまうので、ボトルに入った美容オイルを使いましょう。

暗い場所で保存する

デリケートな美容オイルですので、保存場所にも気をつけましょう。毛穴ケア後は日光を避けた涼しい陰のある場所で保存します。また放熱をする機器から遠ざけて保存することも品質保持のポイントです。

毛穴ケア以外にも活用できる美容オイルの使い方

オイルイメージ

毛穴ケアの他にも、オールインワン効果の美容オイルはこちらの美容ケアにもおすすめです。全身たっぷり使いながら魅力的な美肌をキープしましょう。

ブースターとして使用

美容オイルは美容コスメのブースター作用もしてくれます。化粧水の浸透が良くないときは、美容オイルを洗顔後に使用してみましょう。コツとしてはある程度水滴を肌に残しておき、美容オイルを混ぜることで浸透が良くなります。毛穴ケア後の開きも潤い、引き締めと黒ずみや角栓予防にもおすすめです。

マッサージをしてデトックス

アロマセラピーとしてもお馴染みの美容オイルは、全身のマッサージにもおすすめのオイルです。スルスルとマッサージしやすくなり、血行促進をしながらデトックス効果も得られます。新陳代謝も活発になり脂肪燃焼もサポートします。

保湿スキンケア

肌のバリア機能を高めて潤いを守る美容オイルを洗顔料やボディウォッシュにプラスしてみましょう。肌のカサつきを抑えて滑らかな洗い上がりが実感できます。アフターケアの効果も上がりすべすべ肌がキープできます。

ヘアケアとして使う

栄養たっぷりの美容オイルはヘアトニックの代用にもなります。頭皮マッサージをしながら血行を促進することで頭皮に栄養を届けることができます。頭皮環境を整えて、フケや皮脂の過剰分泌も良くなり、髪のボリュームアップも実感できます。

まつげや眉毛のボリュームアップに

髪にも良いならまつげの育毛にもおすすめの美容オイルです。週に1〜2回まつげに塗ればグングンまつげが伸びていきます。太く艶やかになるので、マスカラなしでもOKになるほど魅力的なまつげにしてくれます。

美容オイルが目に入らないように、綿棒に少量のオイルをつけて使用することをおすすめします。ホホバオイルなどサラッとしたテクスチャの美容オイルでまつげの根元からマスカラをつけるように丁寧に塗りましょう。

また眉毛にも塗れば眉毛が生えてきます。眉尻もキリリとなり、メリハリのある顔立ちになります。

アイメイクアップリムーバー

濃いアイメイクを一気に落としてくれるのも美容オイルです。コットンに美容オイルを適量浸して目を閉じてコットンを置きます。ゆっくりと下方向にメイクを拭き取ります。同時にまつげケアもできるので一石二鳥です。

美容オイルをつけすぎるとまつげを重くするので、まつげケアと同様少量を使用しましょう。慣れるまではリムーバーにオイルを数滴プラスして拭き取るのも良いでしょう。

毛穴におすすの美容オイルと使い方ですべすべ!

オイル

毛穴を美容オイルでケアするときは、製造から成分まで適した美容オイルを使うことがポイントです。注意点や使い方、活用法も参考に美容オイルで全身を若々しく維持しましょう。