毛穴ケアをしているのにどんどん黒ずんだり、角栓ができてしまうことが良くあります。確かに手元にあるアイテムで手軽にケアできるだけ、自己流で行ってしまうことが落とし穴となります。数回行ってもなかなかキレイにならない時は、悪化する場合もあるので適切な方法を見直す必要があります。

大切なことは毛穴ケアに適した美容コスメを使用すること。ちょっとした気の使いでグンと毛穴がツルンとします。早速、間違った毛穴ケア法をチェックして、正しい対策法で肌をワントーンアップさせましょう。

黒ずみと角栓はなぜできる?

毛穴

毛穴を黒くさせるのは主に黒ずみと角栓が原因です。それぞれ特性が異なりますが、肌をくすませてしまうのでしっかり予防する必要があります。なぜ黒ずみや角栓ができてしまうのかチェックしましょう。

黒ずみの原因

黒ずみは毛穴の中に溜まった老廃物が雑菌に触れ酸化して黒くなってしまった状態です。イチゴのようにデコボコの表面になります。皮脂やメイクなどの汚れが詰まっている他にも、乾燥肌や乾燥を引き起こす間違ったスキンケアでも起こりやすくなります。

角栓の原因

加齢や不規則な生活などで肌のターンオーバーが乱れては、古くなった角質が除去できないまま硬くなった状態のことを言います。毛穴をふさいでしまうので、老廃物が溜まり続けては肌トラブルの原因にもなります。黒ずみとは異なり白いブツブツなのが特徴です。

黒ずみや角栓を悪化させるスキンケア製品

美容商品

黒ずみや角栓ができる原因は様々ですが、スキンケア製品で毛穴ケアをしても改善できないときは使用製品に問題があります。スキンケア製品は流用してしまいがちなので、製品の効能を今一度確認しておきましょう。

収斂性ローション

肌のベタつきや皮脂を抑えたい時におすすめの収斂ローションですが、エタノールやメントールが肌を乾燥させてしまいます。特に敏感肌や乾燥肌には刺激を与えるので、肌の乾燥を抑えようと皮脂分泌が活発になってしまいます。

収斂ローションをつけた瞬間はサッパリして気持ち良いですが、カサカサやつっぱりを感じるときは逆効果になるので注意しましょう。

オイルタイプのクレンジング

濃いメイクをサッとオフしてくれるオイルクレンジングですが、メイク以外の肌には洗浄力が強すぎます。肌が乾燥から守る皮脂まで除去してしまうので、カサつきやゴワツキの原因になります。アイメイクやリップは専用リムーバーでオフして、マイルド処方のクレンジングを使うと良いです。

乳液

毛穴ケア後は毛穴が開いているので乾燥しやすい状態になっています。乳液は油分として潤いをキープしてくれますが、毛穴のアフターケアに使用すると肌本来が持つ潤い機能を鈍らせてしまい、乾燥を招いてしまいます。また、毛穴の老廃物となり黒ずみの原因にもなります

剥がすタイプの毛穴パック

クレンジングや洗顔料だけでは落としきれない毛穴の老廃物をしっかりオフしてくれる毛穴パックです。毛穴パックには様々な種類がありますが、剥がすタイプのパックは放置時間をしっかり守らないと、汚れと同時に肌の水分まで奪ってしまいます。パックをしたまま他の作業に没頭しないようにしましょう。

また、塗って剥がすタイプのクリームタイプのパックですが、乾燥したあと消しゴムのようにボロボロ落とすようになっています。この時に肌に摩擦をかけてしまうので、すっきりと同時に乾燥させてしまいます。乾燥に時間がかかり、剥がす時に洗面台を汚してしまうデメリットもあります。

オロナイン

巷でオロナインで毛穴の黒ずみが取れると話題になっていますが、もともとオロナインは皮膚炎やニキビ、傷などを緩和する軟膏薬です。オロナインには殺菌成分が配合されており、健やかな肌を維持する菌まで消滅させてしまいます。そのため、肌の免疫が下がってターンオーバーも乱れては黒ずみや角栓が悪化してしまうことになります。

さらに石油系合成界面活性剤の比率も多く、皮脂を根こそぎ落としきってしまうのも悪化の原因となります。抵抗力が弱くなっては紫外線や乾燥からダメージを受けやすく、乾燥が皮脂バランスを乱しては、過剰分泌を起こして黒ずみを発生させます。

ココナッツオイル

ベビーオイルをはじめ、スキンケアオイルには毛穴の黒ずみをすっきりと落としてくれる作用があります。しかしココナッツオイルには毛穴にオイルが蓄積されてしまう欠点があります。黒ずみや角栓が落ちると同時に皮脂を溜めてしまうので角栓や黒ずみの原因になります。また洗顔料を使ってもベタベタが取れにくく、アフターケアにも手間がかかります。

毛穴ケアにおすすめの美容コスメとスキンケア法

美容イメージ

毛穴ケアを効果的に行うには、適した美容コスメとスキンケアを行うことが大切です。毛穴ケアコスメを選ぶ時のポイントや方法はこちらです。

サッパリ感のある保湿化粧水を使う

収斂タイプの化粧水は肌を乾燥させてしまうので、サッパリタイプの保湿化粧水を選びましょう。ヒアルロン酸やリピジュアなどの高保湿成分が肌の内側をしっとり潤ってくれるので、皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。また肌の表面をサラサラに維持できるので、マットな肌が実感できます。

ビタミンC誘導体配合

安定型のビタミンC誘導体は角質層に届きながら、抗酸化作用をして細胞の潤いやハリを保ちます。ターンオーバーを促進しては、毛穴に溜まった老廃物もしっかりオフしてくれます。さらに皮脂分泌を抑制し、黒ずみや角栓を予防します。

硫黄配合コスメ

硫黄には皮脂抑制作用のほか、角質を柔らかくして毛穴の詰まりを排出しやすくする作用があります。乾燥による皮脂分泌でなく、もともとオイリー肌におすすめの硫黄コスメはニキビも抑えるパワーがあります。

ミルクタイプのクレンジングを使う

クレンジングの中でも敏感肌や乾燥肌にも安心して使えるクレンジングミルクは、洗浄力は弱いですが肌の潤いを残してくれます。乾燥による過剰皮脂分泌を抑えたり肌を柔らかくキープでき、黒ずみの予防と除去を促進してくれます。

マイルド処方の洗顔料を使う

洗顔料はあくまでもマイルド処方のものを使用しましょう。添加物の多いものですと肌の皮脂を必要以上に奪ってしまいます。洗顔をしてかさつくときはこのことが原因ですが、濃いメイクを一気に落とそうと擦りながらの洗顔も乾燥の原因になります。

無添加で天然素材を高濃度に使用した、敏感肌にも使用できる洗顔料なら肌の潤いを守ってくれます。

酵素洗顔をする

敏感肌にもおすすめの酵素洗顔は、酵素パワーで毛穴の汚れを優しくしっかりオフできます。低刺激の洗顔料に酵素洗顔パウダーをプラスするだけでツルツルの肌が実感できます。

ぬるま湯で洗顔する

洗顔後には冷水を使うと肌が引き締まる気がしますが、毛穴が引き締まっては美容コスメの浸透が鈍くなりしっかり保湿できません。また、肌が引き締まるのは一時的な感覚です。時間が経過すると毛穴は再び開いてしまい、保湿ができないまま乾燥しやすくなります。

洗顔をするときはぬるま湯を使い、洗顔後に保湿ローションをすぐにつけるようにしましょう。

正しい美容コスメとスキンケアで毛穴をクリーンにしよう

女性

毛穴ケアは適切な美容コスメとスキンケアを行えば、スッキリすべ肌が実感できます。黒ずみや角栓は癖になりやすいので、今から正しい毛穴ケア法でクリアな肌をキープしましょう。