女性にとって「更年期障害」とは、どんなに健康な方でも避けては通れない障害といって過言ではないでしょう。
人によって更年期障害の症状は違い、肩こりや頭痛などの身体的な症状もあれば、イライラや落ち込みなど精神的な症状として現れる場合もあるので、とても厄介ですよね。
そもそも「更年期」とは閉経の前後5年間を指すので、閉経を迎える50代前後の女性は、まさに10年間も更年期障害の症状に悩まされ続けることになります・・・。
そんな、心身の不調を抱える更年期真っ只中の女性には、ヨガがおすすめですよ。
ヨガの効果により、更年期による様々な不調を改善することが期待できます。
では、更年期とヨガの関係性について詳しく見ていきましょう。

ヨガする女性

更年期とヨガの関係性

「ヨガ」にはどのような効果があるのか

「ヨガ」という名称を聞いたことがある方は多いでしょう。
でも、ヨガによってどのような効果があるのか、イメージはなかなか湧きにくいですよね。
ヨガの運動には、血流促進や骨格矯正などの効果があります。
また自律神経が落ち着くので代謝も良くなり、凝りや便秘などの不調が改善できます。
深い呼吸法で行えば、血液中の酸素量も増えるので、頭もすっきりと冴えわたることでしょう。
つまりヨガは、50代女性が感じる不快なトラブルの数々を、全般的に改善してくれることが期待できるのです。

外国では、更年期障害の治療に「ヨガ」が用いられている

更年期障害で病院に行くと、漢方や心理療法、抗うつ剤などが一般的な治療方法として用いられます。
でも薬に頼ってしまうと副作用の心配がありますし、何より都合を合わせて継続的に通わなければならないので不便ですよね。
外国では、すでに薬による治療の代わりに、ヨガが推奨されているところも多くあるんですよ。
初心者でも簡単なポーズや呼吸法だけですぐに始められるので、年齢問わずに活用されているのです。
薬のような即効性はないものの、生涯にわたってゆったりと楽しみながら続けていけることが、ヨガの大きな魅力といえます。

ヨガはいつ行えばいいの?

それではヨガは、1日のうち何回も行わなければならないのでしょうか。
50代女性は、毎日仕事に家事に多忙ですから、1日何セットも行うのは大変だと不安になってしまうことでしょう・・・。

でも、ご安心ください。

ヨガを行うタイミングとしては、「毎日寝る直前に、10分間だけ」でOKです。
就寝の前にヨガをすることで、体が程よく温まって眠りに就きやすくなりますよ。
安眠しやすいということはリラックスしているということなので、イライラや落ち込みなどの精神的な不調も緩和できます。

公益財団法人明治安田厚生事業団 体力医学研究所の調査によると、寝る前に10分間のヨガを習慣にしている女性たちと、ヨガ等の運動を何もせずにそのまま就寝する女性たちとでは、大きな違いが見られるそうです。
調査結果によると、就寝前のヨガを習慣にしている女性たちは、何もしない女性たちに比べて、更年期に見られる各種不快症状が大幅に緩和されることが判明しました。
研究員たちはこの結果について、「寝る前にヨガをすることで副交感神経の働きが活発になるので、肉体も心もリラックスしやすいのではと考えられる」とコメントしています。
1日の終わりに、ゆったりとヨガをするだけで不快な更年期症状が改善できるなら、ぜひ日常に取り入れたいですよね。

もし今まで運動の習慣が無かった方は、テレビを観ながらなど「ながらヨガ」を習慣にすれば、より気楽に始められることでしょう。

ヨガを実践する前に

ヨガを始める前のウォーミングアップ

ヨガの効果をより一層確かなものにするために、ヨガを行う前にウォーミングアップをすることをおすすめします。

ウォーミングアップ1「腹式呼吸」

ヨガの基本は、腹式呼吸です。ですが、口から息を吸ったり、口から息を吐いたりしてはいけません。
ヨガの腹式呼吸は、鼻で行うものなのです。

①まず、正座をしましょう。そのとき、肩はリラックスさせて、背筋をきちんと伸ばします。

②お腹の奥からしっかりと息を吸い、そのままゆっくりと鼻から吐き出します。

③鼻から、お腹の奥にたっぷりと空気を入れます。

これら1~3の動作を、就寝前に5セット行いましょう。
腹式呼吸をマスターすれば、ヨガによって得られる効果が通常よりも上がりますよ。

ウォーミングアップ2「足のストレッチ」

また上半身だけではなく、下半身のウォーミングアップも一緒に行うと、全身の有酸素運動として効果的です。
例えば脚を伸ばして座り、足首をぐるぐると回したり、上下にバタバタさせたりして脚を動かしましょう。
ヨガは脚の柔軟性が必要になるポーズも多いですので、あらかじめ脚周りを柔らかくしておけば、無理なくヨガのポーズが取れること請け合いです。

まとめ

ヨガする女性

更年期障害とヨガの関係性について詳しく見ていきましたが、いかがでしたか。
ヨガは、自宅にいながら気軽に誰でも行える運動です。
もし更年期の様々な不調に悩まされているのであれば、ぜひヨガを行い、その効果を体感してみてくださいね。
この記事が、あなたの不調の解決の一助になれば幸いです。