美肌ケアというとつい顔に集中してしまいますが、デコルテラインもエイジングケアが必要です。顔にシワやたるみがでると、首にもハリがなくなってきます。同時にデコルテラインにもくすみが出たり肌がヨレては、いくらフェイスケアをしても魅力が半減してしまうでしょう。

そこで、スキンケアをはじめとするデコルテラインをセクシーに見せる方法をここに6つお伝えします。肌を露出するドレスや夏場など、女性からもうっとりするようなデコルテラインに整えましょう。

美しいデコルテラインとは?

デコルテラインは衣類の襟のラインを意味し、首から胸元の部位は「デコルテ」と呼ばれます。一般的にはデコルテラインはデコルテを含んで捉えることが多く、デコルテラインが美しいと表現することが多いです。そもそも美しいデコルテラインとはどのようなフォームなのかチェックしましょう。

鎖骨が水平に際立っている

綺麗なデコルテラインは、鎖骨が肩まで水平に際立って見える状態のことを言います。鎖骨が上がったり下がったりしているときは、間違った姿勢で過ごしていることが考えられます。肩を広げて鎖骨を正しい位置に矯正しましょう。

くすみがない

美しいデコルテラインは、くすみやシミのない色白の肌であることが条件です。キメの揃った透明感ある肌であることで、魅力的なデコルテラインのベースとなります。

ハリがある

シワやたるみのないデコルテラインはみずみずしさを感じさせます。清潔感も高まり、身だしなみある印象を与えることができるでしょう。ジュエリーやスカーフも美しく身に着けることができます。

デコルテラインを美しく維持することのメリット

デコルテ

デコルテラインは女性のセクシーさをアピールする部分です。バッチリメイクを決めてもデコルテラインがくすんでいると老けて見えてしまいます。デコルテラインをケアすると様々なメリットが実感でき、年齢が気にならない美しい胸元が維持できるでしょう。

大胆なファッションが楽しめる

バストアップしてデコルテラインをボリュームアップさせると、胸元にメリハリがつきます。周囲の視線もデコルテラインに集まり、セクシーさをアピールすることができるでしょう。デコルテラインがオープンになった大胆なファッションも決まりやすく、タイトなワンピースもバッチリです。

色白デコルテラインで清潔感アップ

デコルテラインを普段から紫外線防止ケアをしたり、たっぷり潤いを与えることで色白の美しいデコルテラインを維持することができます。

顔と同様デコルテラインは日光に当たりやすいので、シミやくすみに覆われやすいです。放っておくと色素沈着を起こしては除去しにくくなるので、顔と一緒に紫外線ケアをしましょう。色白のデコルテラインは清潔感も与えるので、周囲からの好感度も高まります。

ジュエリーを美しく見せることができる

素敵なジュエリーを美しいデコルテラインに身に着ければ、さらに輝きがアップします。シンプルなジュエリーでも際立ち注目を浴びるでしょう。デコルテラインのくすみをカバーしようと複数のネックレスや大判なジュエリーを身につける必要がなく、スッキリとしたデコルテラインに見せることができます。

デコルテラインを美しく見せる6つの方法

デコルテ

デコルテラインを美しく見せるには、ちょっとしたケアですぐに改善できます。デコルテラインは露出する期間が少ないため、普段の状態を見逃しやすいです。うっかりするとシワやくすみが起こってしまうので、今日からおすすめのデコルテラインケアで魅力的なデコルテをキープしましょう。

1. スキンケア

デコルテラインはスキンケアから除外されてしまいがちですが、加齢とともにハリや潤いが減少していきます。デコルテラインも顔から繋がっている部分で、皮膚も薄くデリケートです。そのため、顔の延長線としてエイジングケアをしっかり行いましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、美容成分がたっぷり入ったエイジングケアクリームをマッサージしながら塗ります。デトックス作用のためにも鎖骨の内側から外側に向かって馴染ませましょう。肌の透明感が高まり、むくみを軽減できます。

必要に応じてパックやピーリングをするのもおすすめです。ポイントはフェイスケアと同時にスキンケア全般を行うことで、キメの揃ったデコルテラインが実感できるでしょう。

2. 美白ケアをする

デコルテラインをくすませないためにも、美白ケアをしましょう。紫外線防止の他にも、美白に特化した美容コスメを使用するのもおすすめです。美白美容液は高濃度にアルブチンやビタミンC誘導体などの有用美白成分が配合されています。

もちろん美白ケアをしても、紫外線を避けることが大切です。紫外線防止加工のスカーフや日傘を併用しながら、色白のデコルテラインを守りましょう。

3. バストアップをする

デコルテラインがフラットな場合は、バストアップをしてメリハリをつけましょう。ペチャパイでもリフトアップ効果のブラを使用すれば、デコルテを魅力的に見せることができます。ブラを付ける時は、背中から贅肉をカップに寄せ集め、アンダーバストラインと後ろのホックが平行線上にあることを確認しましょう。

また、大胸筋を鍛えてバストアップをするのもおすすめです。加齢や肩が内側に縮みがちな生活をしていると大胸筋が衰えるため、両肩をデコルテラインと平行になるように開きましょう。胸を張る姿勢を習慣づけることで大胸筋が鍛えられ、バストアップにつながります。猫背も同時に改善できるので若々しい姿勢になるでしょう。

4. 血行促進して新陳代謝を高める

40代や50代になると新陳代謝が悪くなるので、皮膚の薄いデコルテラインにはシワやイボなどさまざまな肌トラブルが起こりやすいです。加齢とともに運動不足になることも巡りを悪くさせる原因となるので、無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。

ストレッチやジョギングなど毎日30分運動をして血行促進できます。全身の新陳代謝が良くなり、みずみずしいデコルテラインが維持できるでしょう。

5. リンパマッサージをする

肩こりなどで筋肉が硬直していると血行が悪くなりむくみやくすみが出てしまいます。そこで、おすすめなのがリンパマッサージです。休憩時間などに気軽にできるので毎日行いましょう。

  1. 軽くゲンコツを作り胸の中心からわきの下に向かってくるくるとマッサージする
  2. 耳を人差し指と中指で挟みながら、後方へ向かって優しく回す
  3. 首筋を撫でながらリンパの流れを促進しデトックスする

6. ダイエットをする

デコルテラインが贅肉でぽっちゃりしているときは、デコルテラインを美しく見せる鎖骨が見えなくなってしまいます。鎖骨が水平になデコルテラインに近づくためにも、ダイエットするのもおすすめです。

ダイエットはしっかり毎日3食摂り、栄養価の高い低カロリーの食事をしましょう。バストのボリュームも維持でき、魅力的なデコルテラインが完成します。

デコルテラインを美しく維持して女子度アップ

デコルテ

女性らしさが滲み出るデコルテラインは、セルフケアでも手軽に美しく整えることができます。美容コスメも併用しながら、自慢したくなるデコルテラインを披露しましょう!