バストアップをしたいけど、セルフケアでは効果が実感できないことがよくあります。色々なエクササイズやサプリなどでバストアップが期待できますが、もっと効果的に実感したいときには光豊胸も一つの方法です。

光豊胸はメスを使用しない照射バストアップ法で傷跡が残りません。施術のたびにバストのボリュームアップができ、コンプレックスが解決できるでしょう。

ここの記事では光豊胸の特徴や効果、施術法、メリット&デメリット、コストや注意点などをまとめてお伝えします。自分におすすめの施術なのか事前にチェックしましょう。

光豊胸とは

バストアップを促進する光豊胸の特徴をまとめました。どのような方法でふっくらバストに整えてくれるのかチェックしましょう。

赤外線でバストの血行を促進

バストアップを維持するには、血行促進をしてたっぷり栄養を届けることが必要です。脱毛サロンでも使用されている光線を使用している光豊胸は、赤外線などを照射することで血行やリンパの流れを良くします。血行が促進されると脂肪細胞が膨らんで栄養をどんどん吸収し、ふくよかなバストが実感できるのです。

光豊胸は脂肪があるほど効果が実感しやすくなります。さらに、バストを支えているクーバー靭帯の弾力を高めダメージを防止できるでしょう。ブラジャーのバストアップ効果もアップし、ますますボリュームアップします。

効果が実感しやすい

光豊胸を行うと赤外線のパワーによりバストの血行が効率よく促進されるので、セルフマッサージよりも効果が実感しやすいです。1度の施術でリンパの流れも良くなり、くすみも軽減でき肌がイキイキします。ハリやツヤが蘇り、より魅力的なバストが期待できるでしょう。

半永久的に効果が維持できる

施術を完了した後は、バストが小さくなりません。半永久的にバストアップが期待できますが、より良い維持には定期的な照射をおすすめします。

傷跡が残らない

皮膚を切開しないので、傷跡が残らないです。それに伴い麻酔や痛みもない施術ができます。ビキニも自信を持って身につけることができるでしょう。アフターケアも手間がほとんどかかりません。

副作用がない

バストの中に成分を注入したりシリコンを挿入しないため、施術後の拒絶反応などの副作用がありません。むしろ健やかなバストの美を自然な方法でサポートしながら、バストアップを促します。

自然なバストアップができる

バストの血行を促進してバストのボリュームを高めるため、自然なバストアップに導きます。豊胸バッグを挿入した人工的なバストアップとは異なり、100%自分のバストをふっくらさせることが可能です。

光豊胸で得られる効果

バストアップが期待できる光豊胸です。その他実感できる様々な効果をまとめました。

即効的なバストのボリュームアップ

赤外線照射によりバストの血行が良くなり、施術後は1cmのバストのボリュームアップが期待できます。施術を繰り返すうちにバストのバランスも良くなっていくでしょう。

女性ホルモンの分泌を促進

光豊胸をすると女性ホルモン分泌を促進でき、バストアップを効果的にサポートします。40代になるとエストロゲンが急激に減るため、バストが垂れるだけでなく、シワやたるみなど美容に大きな影響を及ぼすものです。光豊胸により女性ホルモンの分泌を促進することで、バストのサイズダウンが軽減されます。

美肌をサポート

エストロゲンの分泌が促進されると同時に、肌の潤いやハリがアップします。加齢でくすみがちなバストをみずみずしく整えることができ、女性らしさを高めることができるでしょう。

コリを軽減

血行が促進されることで肩こりや首コリなどを軽減できます。また、冷えやむくみも抑えるので、スッキリボディが実感できるでしょう。

クーパー靭帯の維持

バストの内側全体を照射する光豊胸は、クーパー靭帯にも良い影響を与えます。クーパー靭帯の主な成分であるコラーゲンを増やすので、弾力を維持しながらバストアップもバッチリです。加齢や衝撃にも耐久性を発揮しながら、バストをリフトアップします。

光豊胸の施術について

実際、光豊胸を行う場合どこに赴けばよいのか、施術のステップなどを具体的に読んでみましょう。

美容整形外科で行う

光豊胸は美容整形外科で取り扱っています。バストアップ専門のサロンやクリニックが望まれますが、一般的な美容外科メニューを取り扱っている場所でも可能です。しかし、様々な美容の施術をしている外科では技術や知識が劣る場合があるので、バストの施術に実績のある美容外科を選択すると安心です。

光豊胸の基本的なステップ

光豊胸はバストアップの施術の中でも比較的身体に負担をかけない方法です。施術はマニュアルと機器を取り入れながら、ごくシンプルに行われます。

  1. カウンセリング
  2. 体を十分に温めて背中とバストをマッサージ
  3. しっかりバストが温まったらバスト全体を照射する
  4. 定期的に施術を繰り返す

光豊胸を完了するのに必要な回数

即効的な効果が期待できる光豊胸ですが、しっかりバストアップを実感するには20回の施術が目安です。脂肪のつき具合などによって効果が現れるタイミングが異なるので、カウンセリングで確認してください。

施術に必要なコスト

光豊胸にかかる1回と10回の料金です。

  • 1回…25,000円〜
  • 10回…145,000円〜

クリニックによって料金が異なり、長期間バストアップ効果を持続させるには10回の施術が望まれます。バストアップサロン「ENCHANTER」では1,000円で試すことができるので、気軽に施術や効果を知ることができるでしょう。

また、バストアップは病気の治療ではないため、施術には保険が適応されません。

光豊胸のメリットとデメリット

光豊胸のメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • メスを使用しないので傷跡が残らない
  • バストへの負担がほとんどない
  • 痛みがない
  • 即効的な効果がある
  • クーパー靭帯を健やかに維持する
  • エストロゲンの分泌を促進
  • 新陳代謝アップ
  • 副作用がない

デメリット

  • コストが高い
  • 施術完了まで時間がかかる
  • 通院の必要がある
  • バストの脂肪が少なすぎると効果が実感しにくい

光豊胸がおすすめな人

下記の項目に当てはまる方は、光豊胸がおすすめです。適切な美容外科を選んで、快適な施術をしてください。

  • 血行が悪い
  • 脂肪がある程度ある
  • 傷跡が残らない施術をしたい
  • 加齢(女性ホルモン減少)で胸が垂れてきた
  • クーバー靭帯のダメージを予防したい
  • バストアップと同時にスキンケアもしたい
  • 副作用のない施術をしたい
  • 予算に制限がない
  • 通院に支障がない

光豊胸をするときの注意点

光豊胸の施術に際して、いくつか注意したいポイントがあります。施術前に確認しておきましょう。

日焼け肌には照射できない

光豊胸は脱毛サロンと同じ光を使用するので、メラニン色素に反応します。そのため、肌が日焼けをしていると炎症が起こる可能性が高くなり照射ができません。また、大きな濃いシミや黒子がある場合もカウンセリングで相談しましょう。

生理中は相談

生理の状態にもよりますが、ホルモンバランスが崩れて生理不順だったりする場合は施術によりサポートできる場合があります。しかし、出血が多かったりすると、マッサージにより促進する場合があるので注意してください。

過去に他の豊胸をした場合

豊胸バッグが挿入されている状態や豊胸バッグを以前に使用したことがある場合には施術ができません。またヒアルロン酸注入では、注入後から数年間隔を開ける必要があります。

光豊胸で魅力的なバストアップをしよう

光豊胸の施術をすることで、効果的なバストアップが期待できます。照射のたびにバストのボリュームを促進できるでしょう。さまざまなメリットももたらしてくれる光豊胸で、ふっくらバストを実感してください。