年齢を重ねるごとに増え始める髪の悩み。いつまでも若々しいサラツヤ髪を維持するためには、日々の正しいシャンプーとトリートメントによるケアが大切になります。

ここでは、悩みが出始める50代からすべきヘアケアを具体的にご紹介していきましょう!

あなたは大丈夫?髪のこんな変化は要注意!

パサついた髪

スキンケアでは当たり前になっているエイジングケアですが、ヘアケアはつい見落としてしまいがちです。「最近髪質が変わった」と感じたら、それは髪のエイジングサインかもしれません。注意すべき変化をいくつか確認しておきます。

パサつきやすい

髪がパサつく、うねりやすいなどの変化が現われたら、髪が乾燥してしまっているサインです。肌と同様、髪も年齢とともにうるおいが低下し、ハリやコシがなくなってしまいます。

艶のある髪でいるためには、髪をうるおいで包み込むケアが必要になります。

ボリュームがなくなった

頭皮の老化現象により髪に必要な栄養を補えず、抜け毛やボリュームダウンしてしまうのも代表的なエイジングサイン。分け目が目立ったり髪がペタンコに感じたら、髪に栄養が足りていないということなのです。

抜け毛の予防には、髪への栄養だけでなく頭皮を健康な状態に整えることが大切になります。

白髪が増えた

頭頂部や顔周りに出てくる髪の変化が白髪です。これも、一気に老けた印象を与えてしまう嫌な変化ですよね。白髪は老化だけでなく、頭皮や髪が受けてきたダメージも大きく関係しています。

白髪染めで白髪を隠すだけでなく髪のダメージケアも同時に行うことで、白髪の進行をストップすることができます。

ヘアケアの基本。正しいシャンプーの方法

シャンプーイメージ

ヘアケアで最も重要とされるのが「シャンプー」です。どんなシャンプーをするかによって、髪の状態は驚くほど変わってしまいます。
では、毎日のシャンプーで気をつけるべきポイントをさっそく見ていきましょう!

シャンプーの成分に注目

シャンプーに含まれている成分は商品によってさまざまです。また、化粧品に「肌に合う・合わない」があるように、シャンプーにもその人との相性があります。
おすすめは、通っているサロンの美容師に自分の髪に合うシャンプータイプを指導してもらうこと。毎日使い続けるものだからこそ、相性の良いシャンプーをとり入れることが大切なのです。

また、年齢による髪の悩みを改善するためのシャンプーには、それぞれ以下のような特徴をもっているかに注目するとよいでしょう。

・パサつく髪の人:十分な保湿成分配合のもの
・頭皮敏感な人:天然由来成分でできているもの
・薄毛・白髪の人:育毛成分配合のもの

地肌をしっかり洗う

ベストなシャンプーを見つけたら、今度は洗い方をおさらいしましょう。「シャンプー」は「髪を洗うこと」と考えている人が多いですが、実は間違いです。しっかり洗わなければならないのは、髪の根元である「頭皮」の部分。ここに汚れが残ってしまうと、髪トラブルを起こしやすくなってしまうのです。

基本のシャンプー方法は以下のとおり。頭皮をマッサージするように洗っていくのがポイントです。

① 髪、頭皮全体をシャワーで濡らす
② シャンプーを適量手にとり、手の平で軽く泡立てる
③ 泡を頭にのせ、頭皮になじませるように広げていく
④ 指の腹を使って揉み込むようにマッサージしながら頭皮を洗う
⑤ 髪の根元から毛先までを軽く洗う
⑥ ぬるめのお湯でしっかり洗い流す

洗い残しに注意する

シャンプーの際についやってしまいがちなのが「洗い残し」です。自分ではしっかり泡を洗い流せているつもりでも、実は頭皮や髪の根元部分に汚れが残ってしまっているケースが多いようです。

シャンプーを洗い流すときはシャワーを頭皮や髪の根元部分を中心に当て、指の腹でマッサージするように汚れを流していきましょう。
また、自宅ケアだけではどうしても汚れに見落としが出てきてしまいます。定期的にサロンでのシャンプーケアをすると、さらに髪の清潔と健康を保つことにつながるのでおすすめです。

自分に合った補修ケアを!トリートメントの種類

ヘアケア商品

シャンプーでしっかり汚れを落とした後に必要となるのが、髪のダメージ補修や栄養補給をするための「トリートメント」。トリートメントにもさまざまな種類がありますが、こちらもシャンプーと同様自分の髪の悩みに合うものを選ぶことが大切になります。

では、具体的にどのようなトリートメントを選ぶべきなのかをご紹介しましょう!

髪のハリ・コシ不足には「アミノ酸」

髪にハリ・コシがなく、枝毛や切れ毛、うねりが起こりやすい場合は、髪の内部から根本的な補修をしていく必要があります。
そこでおすすめなのが、「アミノ酸」配合のトリートメントです。人の身体や髪を構成している成分なので、髪本来の健康な状態へと形成してくれる効果が期待できます。

乾燥によるパサつきには「オイル系」

髪が常にパサついてしまう、艶がない髪は、オイル系のトリートメントでコーティングしてあげることが必要になります。
オイル系トリートメントは、洗い流すタイプ・流さないタイプに分かれることが多いので、メーカーの指示に従って正しく使用するようにしましょう。

またオイル以外にも、保湿成分をたっぷり配合しているアイテムをとり入れるとケア後の髪がさらにしっとり仕上がるはずです。

薄毛は「トリートメント方法」に注意が必要

薄毛や抜け毛の悩みを抱えている場合、「髪に栄養を与えなければ」と思いトリートメントや育毛剤などのアイテムを過剰に使用してしまうことがあります。しかし、薄毛や抜け毛を起こす一番原因は、頭皮の汚れや毛穴詰まり。トリートメントなどを付けすぎてしまうと、それが汚れとなって残り、逆効果となってしまう恐れがあるのです。

トリートメントを使用する際は、少ない量を髪の毛先から付けていくのがポイントです。髪になじませたら、洗い流すタイプ場合は残さずしっかり落としてあげましょう。

基本ケアを見直して本来の美髪に

綺麗な髪の毛

年齢による髪の悩みを改善するためには、毎日のシャンプー&トリートメントの基本的なケアが大きく関わってきます。髪の悩みに合った商品を使っているか、正しいケアができているかを見直すことはとても重要なことなのです。

髪は人の数だけ特徴があるので、自分で判断が難しい場合はプロの意見を聞くことも大切です。行きつけのサロンで、勇気を出しておすすめのシャンプーやトリートメントを質問してみましょう!