炭水化物ばかり食べてはどんどん太ってしまい、思うようにダイエットができないことがあります。
運動をしてもファスティングも続かない、エステではコストもかかるし結局挫折してしまうこともよくあります。

そこで今話題になっているケトジェニックダイエットに注目しました。
このケトジェニックダイエットによって効率よく脂肪燃焼ができ、健康的にダイエットすることができます。

ここの記事では、ケトジェニックダイエットの特徴やメリットとデメリット、注意点、向いている人をまとめました。
満足したシェイプアップができるダイエット法となるかチェックしましょう。

ケトジェニックダイエットとは?

ケトジェニックとは?
ケトジェニックとは?

北米をはじめ、何かと話題になっているケトジェニックダイエットの大まかな特徴を押さえましょう。

病気の治療として利用された食事法

ケトジェニックダイエットは、もともと以下のような病気の治療のための食事法として考え出されたダイエット法です。

  • アルツハイマー
  • 糖尿病
  • ガン
  • てんかん
  • 神経系疾患

ケトン体を増やして太りにくい体にする

炭水化物の糖質の摂取を減らすことで、体が脂質を消費するケトーシス状態になります。これによって、脂肪の分解が行われると同時にケトン体が増え、エネルギーとして効率よく消費できるメカニズムです。つまり、脂質がネルギー源として分解されるほど、ケトン体が脂肪燃焼してくれることにより、引き締まったボディが維持できます。

良質たんぱく質や脂質の摂取に比重をおく

ケトジェニックダイエットの根本的な食事法となるのが、炭水化物の摂取量を抑えることです。パンや麺類、お菓子などの摂取を控え、その分良質のたんぱく質や脂質に比重を置くことがポイントです。

もちろん、たんぱく質を多めに摂るといっても、過剰摂取は逆効果になります。ケトジェニックダイエットの経過を追いながら、賢く調整していくのが成功のコツとなります。

短期間でケトーシス体質に変換できる

体が脂質を使ってケトン体を作り出すケトーシス体質になるには、早い場合で12時間と言われています。体質によって異なりますが、2〜3日間でケトジェニックに変換していくケースがほとんどです。

炭水化物の摂取量を調整できる

炭水化物を過剰摂取などにより、ケトン体濃度が低い場合は、炭水化物をかなり抑えたケトジェニックダイエットが必要です。通常では、炭水化物の1日の摂取量50g〜60gが可能なセミケトジェニックダイエットやマイルドケトジェニックダイエットを行います。

北米ではフォトジェニックダイエット食品販売に力を入れている

カナダやアメリカでは、2018年から積極的にフォトジェニックダイエット食品を展開しており、様々な食品でフォトジェニックダイエットができるように推進してます。
ショップやオンラインなどで手軽に購入できるだけでなく、効率よくケトジェニックダイエットができるよう、手軽に栄養バランスも取れるのがメリットです。

ケトジェニックダイエットのメリットとデメリット

ケトジェニックダイエットは手軽にできるダイエット法ですが、メリットとデメリットがあります。双方を比較して、ケトジェニックダイエットの知識をさらに深めましょう。

メリット

  • 健康的なダイエットができる
  • 太りにくい体質になる
  • ファスティングの必要なし
  • リバウンドが少ない
  • 短期間で徐々にケトーシス体質になる
  • 疾患の治療や予防をする

デメリット

  • 炭水化物が制限される
  • 体質によって不可能な場合がある
  • たんぱく質を過剰摂取し続けると逆効果になる
  • 長期間続けると筋肉が減少する

ケトジェニックダイエットの注意点

注意すべきこと
注意すべきこと

ケトジェニックダイエットは、炭水化物の摂取を我慢することで、結果が実感できるダイエット法です。しかし、場合によっては注意したいケースがあるので、事前にチェックしておきましょう。

腎臓・肝臓・膵臓に疾患がある場合はドクターに相談

たんぱく質を多めに摂取するケトジェニックダイエットは、通常よりも腎臓や肝臓、膵臓に負担をかけることになります。そのため、これらの臓器に疾患がある場合は、自己判断をせずに事前に医師に相談することをおすすめします。

たんぱく質を多く摂取するのは逆効果

長期間のケトジェニックダイエットでケトン体濃度が濃くなったまま、たんぱく質を多く摂取し続けるのは逆効果になります。
グルコース(ブドウ糖)に変換され脂肪を増やしてしまい、エネルギー消費を阻害します。

さらに、ケトン体の過度な増殖により、酸血症になるリスクが伴います。この状態をケトアシドーシスと呼び、1日のたんぱく質摂取量を少めに制限したり、良質の脂肪に置き換えることで避けることができます。

ケトジェニックダイエットに向いている人

ランニングする人
ランニングする人

ケトジェニックダイエットはこのような方におすすめです。自分に適したダイエット法なのか、最終チェックをしましょう。

  • 炭水化物を減らした食事に我慢できる
  • 体に無理なくダイエットがしたい
  • 無駄な脂肪を燃焼したい
  • 糖尿病やてんかん治療をしたい
  • 肝臓・腎臓・膵臓に疾患がない

ケトジェニックダイエットでボディラインをキープ

ケトジェニックダイエットは、ケトン体を増やすことで脂肪燃焼をする画期的なダイエット法です。
最初は空腹感を感じることもありますが、短期間で徐々に効果が実感できるので満足感が得られます。
もちろん、正しい方法を守りながら健康的にダイエットすることが成功のポイントとなります。

ダイエットは努力も必要です。