スマートフォンを触る女性

健康管理までも、スマホで出来る時代に突入

近年、スマートフォンやタブレットの普及が広まり、インターネットツールが簡単に利用できるようになりました。
便利なサービスが次々とリリースされる中で、今注目を集めているのが健康管理アプリです。
世界的に健康志向になっている中で、オトナ世代にぴったりな健康管理アプリもたくさん登場しています。
そこで、今回は簡単に操作できて、楽しく健康管理ができるアプリをご紹介していきます。

スマホで健康管理するメリット

スマートフォンを健康管理に利用することの最大のメリットは、手軽さです。
いつでも簡単に利用や記録をすることができいるため、忙しい方でも隙間時間を有効に活用することができます。
また、自動的に記録してくれるものも多いので、継続して続けることができるのもポイント。
新しいものだと難しそう、面倒臭そうと敬遠してしまいがちですが、慣れてしまえば簡単。
持ち歩いているだけで歩数を計測してくれたり、指をかざすだけで心拍数を計測してくれるなど……スマホはどんどん進化を続けているのです。
無料で使えるアプリが沢山あるので、毎日の健康のために取り入れてみてください。

スマホを使う上での注意点

スマホを使う上で注意しなければならないことがあります。
それは、ブルーライトの浴びすぎによる眼精疲労、視力の低下です。
ブルーライトは、波長の強い光で、目への影響が大変強いのです。
疲労や、視力の低下だけでなく、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を妨げ、睡眠不足になってしまうことが問題として挙げられています。
また、前景姿勢で画面を見続けることによりストレートネックになってしまい、酷い肩こりや頭痛を患ってしまう場合もあるのです。
スマホを使うときは姿勢に気を付けて、長時間没頭しないように気を付けることや、睡眠2時間前は扱わないようにするなど、注意が必要です。

睡眠の質が分かる!?驚きのアプリ

眠るときにそばに置いておくだけで、体の動きを検知して睡眠の質を記録してくれるという驚きのアプリが「Sleep Meister」です。
近くに置いて寝るだけなので、何も面倒なことは必要ありません。
また、寝言やいびきを録音してくれるので、睡眠時無呼吸症候群の発見につながることもあるようです。
起床時は、睡眠の浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれるのですっきり起きられると評判も上々!
毎日の疲れを睡眠でしっかりとるためにも、ぜひ導入したいアプリといえます。

Sleep Meister

(https://itunes.apple.com/jp/app/sleep-meister-%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0lite/id599456380?mt=8)

人工知能が写真から自動で栄養素を解析!?

健康でいるために、気を遣った食事内容を心がけていると思いますが、カロリー計算や栄養素を細かくみていくのは大変な作業。
家族の体調管理を任されていれば、男女別、恒例の親や働き世代の子、幼い孫まで……気が遠くなるような作業になってしまいますね。
そんな時に強い見方になってくれるのが「カロミル」というアプリ。
なんと、食事の写真を撮るだけでアプリ内の人工知能が食事内容を自動で分析し、カロリー計算だけでなく、PFCバランス(P=たんぱく質、F=脂肪、C=炭水化物)にいたるまで解析してくれます。
識別できる料理は5200品目といわれており、殆どの食事を網羅していると言っても過言ではない数字です。
また、この技術は特許を取得したことが、アプリを提供しているライフログテクノロジー株式会社から発表されています。
膨大なデータの中から、人工知能が自分に合ったアドバイスをしてくれるので、とても合理的。ダイエットの目的として、そして今大きな問題となっている生活習慣病の予防や改善のためにも、大活躍してくれそうなアプリです。

https://calomeal.com/

カメラに指をかざすだけで、自律神経の状態がわかる!?

株式会社サイバーエージェントが、順天堂大学と共同で開発した「CARTE(カルテ)」というアプリは、なんとカメラに指をかざすだけで自律神経の数値を測ることができるのです。
脈拍から拍変動を解析して自律神経の状態を数値化するというもの。
自律神経研究の第一人者である小林弘幸教授の全面監修のもと、誕生したアプリです。
簡単なプロフィールを入力し、1分間座った状態で計測するだけなので、操作はとても簡単。
自律神経は、緊張や興奮したときなどに優位になる「交感神経」と、リラックスした状態の時に優位になる「副交感神経」のバランスを保ちながら、内臓の働きを調整しています。
しかし、ストレスや、更年期障害による急激な女性ホルモンが減少で、自律神経が乱れ、体の不調が現れるということがあります。
アプリの中で、自律神経の状態に合わせた医師からのアドバイスも見ることが出来るので、重宝するアプリになること間違いなし!
簡単にできるエクササイズが紹介されているところも、嬉しいポイントです。

https://itunes.apple.com/jp/app/carte-%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%82%92%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%A7%E6%B8%AC%E3%82%8C%E3%82%8B/id1414752062?mt=8

まずはダウンロードしてみましょう!

スマートフォンを触る女性

スマートフォンだからこそできる、最新のアプリが次々に開発されています。
新しいことを覚えるのは、少しハードルが高いかもしれませんが、従来の通信機器に比べると操作がシンプルになっているため、すぐに慣れることができます。
年齢を増すごとに、健康管理をすることはとても重要です。
また、病院を受診するときに、毎日のデータがあれば、より正確な診断を受けることができます。
アプリは基本的な利用ならば無料で使用できるものが多いので、まずは試しに使ってみてください!
きっと、毎日にかかせない健康管理ツールがみつかりますよ。