みなさんは占いの種類や内容についてどの程度知識があるでしょうか。
時代の流れにより占いの種類も実に多岐に渡り、実際に占ってもらいたい気持ちがあっても、一体自分にとってどのような占いがあっているのか、なかなか自分で判断するのが難しいのが現実ではないでしょうか。

また世の中にどのような占いがあるのか、どんな占いだと自分に向いているのかなど、いざ占ってもらったけど、あまりピンとこなかったという想いをされた経験の方もいるでしょう。

占いで嫌な思いをしない為にも自分にとって最適な占術を知っていた方がいいと思います。
今回は占いの種類によって個人的な相性があるのかをご紹介したいと思います。

占いにはどんな種類があるのか

相術、命術、ト術の画像

占いの世界には大きく分けて、命術・卜術・相術という3つの枠があります。

命術

命術とはある個人の生年月日・出生時刻・出生場所という情報から運命傾向を判断していく占いです。東洋系の命術では四柱推命や算命学といった占いの名前を聞いたことがある方も多いでしょう。
西洋の命術では西洋占星術などが挙げられるでしょう。

卜術

卜術という占いは生年月日などの情報は必要なく、占いたい人が聞きたいその時の状況で状況の未来を占っていくものになります。
西洋の卜術といえばタロットカードがそれに相当し、相手の気持ちや過去・現在・未来の状況がカードから読み取れます。

東洋の卜術では易やおみくじなども卜術に相当します。
また相術の代表といえば、手相や人相(観相学)などがそれに相当します。

これらは統計学に基づき、古来より伝えられて来た研究の結果であり、ある程度その個人の運命傾向を知る上でとても役に立つでしょう。

それ以外のジャンル

これ以外の占いのジャンルで言えば、スピリチュアル・霊感等などの精神世界などの分野になります。見えない世界や精神や宇宙といった統計などの、数字を当てにしない世界です。
江原啓之さんが世間にスピリチュアルの世界を紹介したところ、マスコミなどで取り上げられるようになりました。
様々な「癒しの言葉」や占いの世界が一気に拡大したと言えるでしょう。

自分の知りたいことを決めた上で、占いを決める事が大切

手を繋いでいる

占いといっても世の中に実に多くの占いの種類が存在しますね。
個人が占いを頼りにする時とは一体どのような時でしょうか。

恐らく一番多いのが生きている上で現実的な悩みが出来たので、今後を占ってもらいたいと思うのでしょう。
一概に悩みといっても家庭・仕事・恋愛・結婚・病気等々、実に多岐に渡りますが、占いにはその種類により占える内容にやはり得意・不得意がありますので事前に理解しておきましょう。

自分の運命傾向(適性)を知りたい・今年はどんな年?

個人の運命傾向や年運などを占ってもらいたい時に適した占いはやはり「命術」となるでしょう。
自分が生まれた生年月日・出生場所・出生時間ですので、個人としての運命傾向や恋愛傾向・結婚運・仕事や適職など詳しい内容がここから把握できます。
また来年の運気はどんな年になるのかなども知りたい時に、オススメの占いとなります。

人間関係(相性)や相手の気持ちや心理を知りたい時など

お互いの相性などは東洋でも西洋でも生年月日から個人の基本資質や性格を割り出し、相性判断をすることは可能ですが、相手の心理や気持ちをみて欲しいときには、卜術であるタロットカード系が良いでしょう。

カードを使うことにより、相手の心理や何が原因でそういう状況になったのかといった心理的側面をカードから導き出すことが出来ます。
人間関係や恋愛で相手の気持ちを知りたい場合などはおススメの占いとなります。

霊的な事柄や見えない世界からのメッセージが聞きたい時など

古来より霊能者や先祖の霊や言葉を降ろしてくる青森のイタコという言葉をすでにご存知の方も多いいでしょう。
故人の霊との対話などにはいまでも霊能者と言われる方の存在や除霊よといった問題などにも対応しています。
時代の流れとともに霊的な存在や精神世界といった思想や占いがブームになったことも記憶に新しいと思います。
現在ではスピリチュアルといった言葉も浸透し、現実的な占いよりも精神世界がお好きな方などはこの傾向の占を好む傾向が多いようです。
どちらかといえば、見えない世界からの自分へのメッセージやアドバイスが欲しいという方におススメの占いとなります。

占い師との相性の決め手はピリ辛か、やや甘めか

カラフルなようすの握手

占いの種類には東洋系と西洋系の占いがあります。

同じ命術という占いでも占術によって伝えるエッセンスが異なることを事前に知っておくと良いでしょう。
占いも料理と同じで、辛い派が好きか、甘めが好きかといったことが大きな決め手でもあります。
この調味料というエッセンスのさじ加減を間違えてしまうと、せっかく占ってもらったのに後味が悪くなってしまいます。

あくまで目安ですが、東洋系の占いの場合はややピリ辛系が多いようです。
また西洋系の占いは、最終結果は自分が選択するという手法が多く、自分の意思が問われるでしょう。

世の中には迷いが多く、自分で意思を決められない傾向の方の場合は、東洋系の占いではっきり意見を言ってもらうのも1つの手ですし、自分の考えで行動し、選択できる人は西洋系でアドバイスをしてもらうという選択もありだと思います。
また、スピリチュアルカウンセリングなどは大局的なポイントやアドバイスなので、肯定的言葉や助言が多いのも特徴と言えるでしょう。

自分がどちらの傾向が必要なのかをよく吟味した上で、選ぶことが占いを外さない重要なポイントと言えるでしょう。

 

執筆者:(占い師)Jupiter
http://www.madam-jupiter.jp