いよいよ2018年が終わりを迎えようとしていますね。今年はあなた個人にとってどのような年だったでしょうか。
毎年気になる事は、2019年はいったいどんな年になるのかが一番気になると思います。そこで今回は西洋占星術という観点から2019年という年を占ってみました。

幸運の星「木星」をどう人生に活かすかが重要なカギ

月に立ち、土星を見ている写真

イメージ図

西洋占星術の中でもっともラッキーな惑星を木星として活用しています。

昨年11月に木星は12年に1度の射手座サインへと戻って来ました。
射手座サインの活かしどころはグローバルな場所(9ハウス)を意味します。
小さい枠組みを取り払って大きな世界へと羽ばたくイメージです。
固定概念を外すことが苦手な方や今までトライしたくてもなかなか実行に移せなかった人は2019年の12月までの木星が射手座サインの星のエネルギーを活用してみましょう。
ただし木星のエネルギーが強く出過ぎると、望外なことを考えてしまいがちなので、現実的な視点に立った上で、チャレンジ精神をいかんなく発揮してみて下さい。
木星は自分が行動して初めて手に入れられるチャンスなので、自分の意思でまずは行動することから始めてみませんか。

【幸運のキーワード】

  • 海外旅行
  • 外資企業
  • 海外との取引
  • 出版や執筆
  • 学問の追求や研究

 

約7年サイクルで変わる時代の流れ、天王星が牡牛座サインへ

星空の様子

イメージ図

西洋占星術では天王星・海王星・冥王星の3つの天体をトランスサタニアン(土星外惑星)と呼び、運行周期の遅い天体がサインを変える時は時代の変化や集合心理・流れが変わるサインなのです。

天王星は公転周期が約84年と遅く、1つのサインを約7年かけて移動します。
その天王星が牡牛座サインへと本格的に稼働し始めます。
天王星を象徴するものはずばりテクノロジーです。

IT分野や人口知能が盛んに海外でも開発され、しのぎを削って各企業で技術開発が進んでいます。
来年は大きな変化の年でもあるので、各企業やIT分野に携わる人達にとっては大きな希望や夢を実現できる年となるのではないでしょうか。
また牡牛座サインは2ハウスを支配し、「お金・五感・物質」といった現実的なテーマを意味します。

自分の持っている才能をどのように現実的に活かすかですが、
約7年前にあなた自身が行動してきた結果をより安定したものへと定着させることです。

牡牛座は本物志向のサインでもあるので、自分の持つ能力や腕前を徹底的に磨き上げることも示唆します。
来年は消費税が10%ということもあり、電子システムの大幅な変化もあるでしょう。
各個人がこの天王星牡牛座時代をどのように活かしていくかを考察してみるのもおススメです。
自由にお金を稼げる時代だからこそ、自分のしっかりとした「ウリ・技」を見つけた人こそが、これから益々生きやすくなるでしょう。
さらには、お金を稼げる格差も大きくなるでしょう。

これからは本物志向が現実的には勝ち残っていくでしょう。
今後は中途半端な考えや行動は通用しなくなるでしょう。

【天王星×牡牛座のキーワード】

  • 電子マネー・経済システムの変化
  • 物やライフスタイルの変化
  • 食・栄養・素材にこだわる

 

土星と冥王星が大接近すると世の中はどうなる?

神秘的な惑星の様子

イメージ図

現在宇宙では土星が山羊座を運行し、冥王星も山羊座を運行しています。
このように宇宙のリズムでは大きな意味を持つ天体同志が2019年4月以降から大接近する配置となります。

今回この2天体は「山羊座」というサインを運行しいている為、山羊座の持つイメージが一層強調されます。
山羊座は組織・企業・目上・親などを意味します。
この2天体が接近することで「逃げられない運命」というやや重たいイメージとなり、世の中的には2019年4月30日で天皇陛下が退位され、「平成」という元号が終わり、新しい元号へと移行します。

5月1日から皇太子が即位を継承していくという新しい時代的な流れと、
宇宙で起こる天体とのコンビネーションが実に不思議です。

個人レベルではどのような影響が起こるのでしょうか。
それは各人が属している会社・グループ・組織といった柵や、上層部からの抑圧といった事、上と下との隔たりが今後も大きな問題やテーマとなりそうです。
ただし良い意味では悪い膿を出し切って環境をリセットできれば新しい光を取り入れることも可能でしょう。

いずれにしても簡単ではありませんが、じっくり向き合いながら、何かを大きく変えていかなければならない時代なのでしょう。

 

【土星×冥王星のキーワード】

  • 運命の重圧を感じる
  • 伝統や組織に縛られる
  • 古い体質を壊し、新しい体制へと変革する
  • 痛みを伴う改革や変化

 

jupiterより

2019年を西洋占星術で占ってみましたが、みなさんいかがでしたでしょうか。
今年は大きな天体が動き、天体同志が近づきます。

世界や世の中のシステムや流れ、そして集合心理といった大きな視点で見ると、何気なく暮らしている私たちにとってこの宇宙のリズムは実に様々なエネルギーを送っていることに気づかされます。

各天体の流れを理解しながら各個人が2019年という新たな年を、幸せで建設的な人生を送れますように。