みなさんは人生の節目や人生の転機で悩んだ時にはどうやって難問や悩みを解決するでしょうか。
どんなに自分自身がしっかりしていても、誰かを頼りたくなる時はあるでしょう。

水晶玉をもつ赤い服を着た女の人

そんな時にちょっと占いを受けてみたいけど、初めてなので少し不安といった方も多いでしょう。
占いをしてすごく良かったという人もいれば、占いをしてもらって不快な思いをした人の話も多々あります。
その違いはなんだったのでしょうか。
せっかく占いをしてもらうなら、占いを受ける前にきちんとした下調べや心構えがあった方がよりベストですよね。占いを受けたいけど不安。
そんな占い初心者の方の為の、占い鑑定の実際や予備知識をご紹介したいと思います。

世の中にはどんな占いの種類があるのか

占いの種類には実に様々なジャンルがある事をご存知でしょうか。

魔女が占いをしているシルエット

数年前にスピリチュアルという言葉が流行り、精神世界を好む人も実に多くなりました。
またインターネットとともに情報が発達し、東洋・西洋様々な占いの世界が広がりました。


占いには命・卜・相という大きく分けると、3つの枠組みがあります。


♠命術は個人の生年月日や出生時間・場所を見て運命傾向を見るもの。
♣卜術にはタロットや易といったその時の状況で結果を判断するもの。
♥相術には手相や人相学といった定番の占いの種類があります。
♦また一切占いの道具を使わない、霊感・霊視・スピリチュアルリーディング等があります。

上記の様に、実に多くの占いの種類が存在します。

最も手軽な占いとして「手相」が挙げられ、有名な所では横浜中華街と言えば「手相」として数多くの占い店舗が軒を連ねています。
また最近の若い女性には目に見えない世界を信じる方も多く、霊的な要素を含んだ占いに人気があるようです。
最終的には自分の好みや聞きたい内容に応じて占いの種類を決めるのが良いでしょう。

 

占いの料金に相場はあるのか

占いには実に様々なジャンルがあることはおわかりいただけたかと思いますが、実はみなさん本当の所は、占いの料金が一番知りたいところなのではないでしょうか。
占いをしたいけど、いくら取られるか怖いというご意見が多数あるのもまた事実です。

そこで占い鑑定を受ける前にある程度の相場を知っておく事は重要なポイントとなります。

占い料金の相場感


占いの料金は実はピンからキリまでが本当の話なのですが、大きく分けて言うと、

個人でやっている占い師と占い館という企業に属して入る場合での料金設定には若干差があります。

テナントや占い館にはあらかじめ占い鑑定料金というメニューがあり、一般的には手相は1,000円・通常の鑑定では20分で3,000円程度(※税込や税抜は店舗によって異なる場合があります)が相場のようです。

ただし方位・改名・開業といった特別な事を見るような場合はそれなりの(※1万~3万程度)料金設定になっている場合が多いようです。

また個人での占い師の方はお店と違い個人の料金設定になっていますので、個人で占いをしている方の方が料金設定にばらつきがあります。
ここで注意点ですが、行く前に必ずHPサイトなどに明瞭な料金設定が提示してあるかどうかをしっかり確かめましょう。
また設定時間を超過すると延長料金が発生いたしますので、詳細も含め予め予算と鑑定時間を決めてから占いをしてもう事がベストと言えるでしょう。

 

占う前に気を付けるべき事は何か

占い師にとって一番困るのが、何を聞きたいかわからないといった事や、話がまとまらずに、時間が過ぎてしまう事がよくあります。

こういう事態が発生してしまうと、お客様と占い師との間に溝が生まれてしまうのです。

やはりお互いに人間ですから、相性というものがあります。
なんとなく嫌だなと感じるとお互いに波長が合わず、しっくりした答えを得られないまま消化不良を起こすケースがあるようです。
やはり自分の目で見て、いいなと思う占い師を選ぶようにした方がいいでしょう。

事前に自分の悩みを明確にすること

占い師が手相を見ている様子

実際に対面鑑定にしろ、電話鑑定にしろ、占いたい内容を予めメモや頭にまとめて置く方がすんなり鑑定に入ることが出来、余分な時間をかけずにしっかり占ってもらえます。
緊張してしまい、話が混乱する方や、あいまいな話になってしまうと、双方のコミュニケーションにずれが生じて来ます。
そのことであっと言う間に鑑定時間になり、延長料金を支払う事にもなり、予算が大幅にオーバーになってしまうケースもたまにありますので気を付けましょう。

また自分の聞きたい内容と占術があっているかも重要なポイントです。
よくわからない場合は店舗や占い師の方に事前に問い合わせて聞くことも大切な事です。

 

まとめ

占いには実に様々な種類があり、占い方も多岐に渡るのですね。

最近はインターネットで無料の占いが沢山出回っているので、無料でいいのでは?

特に生年月日を扱うジャンルの無料占いにはネット占いでもよいかも知れません。
しかし、あくまで個人的な相談や悩みは無料のネットでは限界があるでしょう。

自分の人生に少し迷ったら、占いを上手に利用することで建設的なアドバイスや助言を得られることは沢山あります。
ぜひこの機会に占いを活用してみてはいかがですか。

執筆者:(占い師)Jupiter
http://www.madam-jupiter.jp