みなさんは占い師というとどのようなイメージ持たれるでしょうか。

なんとなく胡散臭い感じや、ちょっと怖いというイメージをお持ちの方も多いと思います。
インターネットが普及する前は、占い師と言えばデパートの占い館や夜になると路上の一画で易や手相の看板を掲げている占い師を見た人もいるでしょう。

水晶玉を使って占う占い師の様子

しかしインターネットが普及した事と時代の流れにより、占いは対面鑑定から電話鑑定・チャット鑑定などが増え、スマートフォンの普及によりその傾向は激化していると言ってよいでしょう。

占い師という職業は資格がなくても誰でもなれるという所が利点でもあり、ここ最近は若い人も占い師と名乗っている人も数多く存在します。

占い師は占いが好きで、ある程度占いの知識や技をマスターすれば誰にでもなれるというメリットはありますが、占いという仕事を本業とし、占いだけで生計を立てられる方はいったいどれだけいるのでしょうか。
また占い師という仕事ならではの不安や悩みについてお話したいと思います。

 

占い師業界は生存競争が激しい世界

占い師という仕事は資格が一切必要なく、自分が占い好きで、ある程度の知識や技術があれば明日からでも「占い師」と簡単に名乗れる職種の1つでもあります。

今は世の中が副業を認めている社会でもあり、インターネットを使うことで、外へ出ることもなく、占い師として看板を掲げることが出来るのです。
また大手の占い電話会社などが他者との競争に勝つ為にインターネットで占い師募集の広告を出していることもあり、占い師になりたいタマゴ達にとっては格好の占い師デビューの登竜門となっているのです。

占い師ってサービス業に近い?

大手企業の電話占いともなると、1つの電話占いサイトに数百人の占い師が登録をしている状態です。
数百名の中から看板占い師と呼ばれるためにはこの数百名の中から、自分を指名して下さるお客様をどれだけ確保できるかにかかっています。

占い師とはサービス業であり、水商売と同様に、お客様にどれだけ好かれるかにかかっているといっても過言ではありません。

占い師を夢見てデビューを果たすまでは非常に簡単な流れではありますが、この仕事を継続していくためには、並々ならぬ努力がないと続かないのが現状です。
占い師で食べて行くとなると、お客様の「人数=収入」という現実が突きつけられます。
しかし、収入を得ることの厳しさから普通の仕事に復帰する人も実に多いのが「占い師」の世界なのです。

 

占い師とお客様の共依存には注意が必要

占い師とお客様との関係にはとても気を遣うことが多いのも、この仕事の大きな特徴の1つと言えるのではないでしょうか。

握手している様子

どの業界でもサービス業において、お客様に対してのサービス精神やお客様あっての仕事なので非常に神経を使います。
好きな美容師を指名するのと同じ感覚で、お客様も占い師を指名して下さいます。
またお客様から指名をされる訳ですので占い師にとっても大切なリピーター様には、占いで出た結果について良い事でも悪いことでも神経を使いながら結果を伝えていく事になります。

占い師のキャラクターは非常に重要

占いの仕事をしていると、占い師のキャラクターと鑑定に来られるお客様のキャラクターはやはりどこかで引き寄せあっているように思えるのです。

変な話ですが、お客様の中には悪い結果は聞きたくないという傾向の方もおり、そのようなお客様はいつもポジティブな事をアドバイスする占い師の処へ毎回通う傾向があります。
ここで注意したいのですが、

この両者にはすっかり「共依存」という関係が成立しており、お客様はこの占い師に通っている限りは現実に目を向けることもなく、夢の中をさまよう結果となるでしょう。

過去に芸能人と占い師のスキャンダルがあったように、世の中にはこのような心の闇を抱える現状もあることも事実です。
占い師といえどもやはり、社会的、一般的な常識を兼ね備えながらお仕事をしていかないと、このような現実を招いてしまうこともあるという認識を持たなければならないと思います。

 

占い師という仕事は精神と肉体をすり減らす仕事

占い師という仕事は傍から見ると、実に少しの時間でお金を稼ぐので効率がいいと思っている方の話を時折お聴きしますが、一般的な相場でいいますと、おおよそ占い館などでは20分で約3,000円という金額が多いと思います。
一般的にパートやアルバイトなどの時給換算でいけば20分3,000円という響きは非常に魅力的に聞こえるでしょう。

占いに訪れるお客様にはやはり非常にネガティブな気をしょってらっしゃる方も多く、お客様の発する言葉や感情を占い師に向けて一気に感情を吐露する訳です。

たった20分という時間の中でお客様の悩みや相談に傾聴し、占いの種類にもよりますが、タロットカード系などは精神的な集中力と直感力を駆使しながらリーディングしている状況は、一般の方が考えている以上に精神的な緊張を伴う時間でもあります。

また電話鑑定のお仕事をしている鑑定師の方などは深夜での電話鑑定で仕事をする方も多く、昼夜逆転の生活をしている方もいらっしゃいます。
またこの業界では稼ぐことばかりに気を取られ、深夜の鑑定を続けることで、最終的に身体を壊して引退する人もいるのが現実です。

ピンぼけている神社の写真

お金と引き換えに占い師自身のエネルギーを吸い取られてしまうこともあり得るのです。
そこで賢い占いの先生方は、適度な休養を取り、時には神社へお参りに行ったり、自分の心と身体のメンテナンスを定期的にしないと、とても続かない仕事であると理解しているのです。

何事もそうですが、やはり占いの仕事のし過ぎは自分自身の心と身体がすり減る仕事なのです。

 

まとめ

 

占い師という仕事は実は見た目の華やかさとは裏腹な面があるということがご理解いただけだのではないかと思います。
ただし、占いという世界で自分の実力を試してみたいという方にはチャンスを掴める世界でもあります。
また占い師とはこの時代ならではの働き方やニーズがあるので、自分の環境に合った働き方ができるのも魅力の1つです。
またこのお仕事の醍醐味はやはりお客様からの感謝の言葉です。
どの世界もそうですが、自分が本気でこの仕事に取り組めるかは結局本人次第の情熱なのだと思います。

 

執筆者:(占い師)Jupiter
http://www.madam-jupiter.jp