四国名物グルメの「こけら寿司」と「タコ飯」は、カロリーを気にせずに食べられるご飯料理です。
「こけら寿司」は見た目も楽しめる美しいデザインをした押し寿司で、地元ではお祝い事に欠かせない料理です。
一方「タコ飯」は、さっぱりとした炊き込みご飯として、普段の白ご飯に変化を加えたいときなどにおすすめです。
野菜や魚介類をベースにしたシンプルでヘルシーな四国グルメは、50代や60代のヘルシーなダイエットとなるでしょう。
早速「こけら寿司」と「タコ飯」に含まれる栄養素が、50代以降の女性にどのような嬉しい効果を与えてくれるのかチェックしましょう。

【こけら寿司】全身スッキリ!50代と60代のアンチエイジング

こけら寿司

参照:食べログ

「こけら寿司」は、焼いてほぐした青魚を柚子酢を加えた寿司飯に混ぜたものです。
スクエアの型に寿司飯、野菜、薄焼き卵などをラザニアのように何層も重ねることで、栄養満点のヘルシーなお寿司がいただけます。
典型的な和食テイストなので、50代からの健康維持にも良い作用をしてくれるでしょう。
栄養分をしっかり摂取でき、低カロリーなのでダイエットにもおすすめです。
ここでは「こけら寿司」の注目食材となるサバと柚子酢の栄養素と美容健康作用を見てみましょう。

サバに含まれる栄養素と効能

【EPA・DHA】
DHAは、血液中に溜まった余分な中性脂肪などを減らし、血管の壁の硬直を予防します。
また、DHAは脳の活性化や精神の安定をサポートし、50代以降の女性に積極的な毎日を提供してくれる嬉しい効果があります。
EPAには、血液を滑らかな状態にしながら、全身にしっかり行き渡るように働きかけます。
また、血管を拡張してくれるので、血行促進をサポートしながら生活習慣病などのリスクを防止します。
50代や60代になると、とりわけ下半身に冷えを感じることが多くなります。
血行が良くなることで、冷えやむくみ、腰痛などの解消ができ、内側から若々しさが実感できるでしょう。

【鉄】
鉄は免疫を高めて、だるさや疲労回復をしてくれます。
50代以降になると疲労回復に時間がかかったり、少し活動しただけでもヘトヘトになりがちです。
サバの持つ鉄は体内吸収が良く、全身に酸素を送り届けて、だるさや貧血を軽減してくれます。
また、美容にも大切な成分となる鉄は、肌にハリを持たせたり透明感ある肌を維持してくれます。
外側だけのスキンケアでは美肌維持が難しくなる50代や60代の肌に、鉄を補給して輝きを与えましょう。

【セレン】
高い抗酸化作用をするセレンは、50代からのイキイキとした肌や体調には大事な成分となります。
年齢とともに活性酸素が増えてしまうので、抗酸化作用のあるセレンで細胞を活性化しましょう。
もちろん普段から、タバコやスモッグなど、ガンなどの原因となる活性酸素を増やす要因を避けるようにすることが大切です。

柚子酢に含まれる栄養素と効能

【ビタミンC・ヘスペリジン】
柚子酢には、ビタミンCやヘスペリジンが豊富に含まれており、全身の細胞を活性化して健康や美容を維持してくれます。
健康面に関しては、血液中の脂肪が過剰にならないように調整してくれます。
そのため、血液の流れが詰まらず維持でき、高血圧症などの疾患を予防することができます。
美容面では、コラーゲンを作ってシワやたるみを予防したり、メラニンの生成を抑制してくれるなど、50代以上の女性には毎日摂取したい成分です。

【クエン酸】
だるい時にレモンをかじるとスキッと感じるのは、柑橘類に含まれるクエン酸が作用しているからです。
クエン酸は、疲れを感じさせる乳酸を分解してくれることで、爽快な体調に導いてくれます。

【カリウム】
カリウムは血中に溜まった余分な塩分を排出して、血管が血液を流れやすくする作用をします。血行が良い状態ならば、脳梗塞などの生活習慣病やむくみを予防することができます。

【タコ飯】コレステロールを抑えてダイエット促進

たこ飯

「タコ飯」は、低脂肪のタコそのものがさっぱりしているので、50代からの食事としてサッと食べられます。また、生姜のピリッとした風味が、シンプルな「タコ飯」にアクセントをつけており、食欲を促進してくれるでしょう。

タコ以外の具材はお好みでアレンジができるので、気分に合わせながらレシピを工夫するのもおすすめです。
ここでは、「タコ飯」に使用されるタコと生姜の美容と健康効果をリサーチしました。

タコに含まれる栄養素と効能

【タウリン】
コレステロール値を下げて、血流を良くしてくれるタウリンは、タコに含まれるコレステロールを同時に抑えてくれる役割をしてくれます。
また、タウリンは免疫を高めたり、肝臓の機能を正常に維持するなど全身のエネルギー源でもあります。活動的な50代や60代では、体力不足で行動が制限されることもありますが、タウリンはスタミナアップに大きな貢献をしてくれるでしょう。
さらにタウリンはクリアな視界を維持してくれます。
50代以降は目がかすんだりなどの不快症状が起こりやすいので、タウリンでケアしておきましょう。

【ビタミンB2】
代謝を促進してエネルギー変換をするビタミンB2は、美しいボディラインを維持する成分です。
50代以降の女性は脂肪が蓄積されやすいので、ビタミンB2で脂肪燃焼を促進すればダイエットも効率よく行われます。

生姜に含まれる栄養素と効能

【ショウガオール】
抗酸化作用により、活性酸素を除去しながら細胞を健やかに維持します。
また、体の内側からジワジワと温める作用があり、血行促進をして冷えや肩こりなどを和らげます。

【ジンゲロン】
脂肪の分解をして代謝をしてくれるジンゲロンには、血行や発汗作用もあり、脂肪燃焼やデトックスを担ってくれるダイエット成分です。

【ジンゲロール】
生姜に含まれるジンゲロールは、免疫を高めて風邪や炎症を鎮めてくれます。
細菌などに抵抗できる健やかな体づくりをしながら、毎日清々しい体調で過ごすことができます。

【四国地方人気グルメ!!】「こけら寿司」と「タコ飯」で50代からの健やかな美ボディを実感

四万十川

カロリーが気にならない四国名物グルメ「こけら寿司」と「タコ飯」には、50代以降の女性のダイエットやヘルスケアを応援する栄養素がたっぷり詰まっています。
むくみや冷え、そして生活習慣病まで、様々な不快症状を予防してくれる万能な天然薬となるでしょう。

 

【あわせて読みたい】全国の人気グルメ