ヘアケアをするにも色々な方法がありますが、やはり基本は正しい洗髪です。

直接髪の毛に影響を与えるだけでなく、毎日継続的に行われる行為でもありますので、そのやり方を間違えてしまうと、かえって髪の毛にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

そこでここではシャンプーやリンスの選び方、髪の洗い方について紹介していきたいと思います。

シャンプーやリンスは自分にあったものを選ぶ

シャンプーリンス

シャンプーにも様々な種類があり、人によって合う、合わないがあります。
合わないシャンプーを使っていくら洗髪をしても十分なヘアケアはできません。
まずはシャンプーやリンスを正しく選んでいきましょう。

シャンプーの目的を理解して選ぶことが重要

頭皮は一日を過ごしていると余分な皮脂や汗、ホコリなどが溜まっていきます。
これらをそのままにしておくと頭皮の衛生環境が悪くなり、髪が細くなったり抜けたりする原因にもなります。

そこでシャンプーをしてそれらを取り除いていくのですが、忘れてはいけないのが皮脂の量や皮膚の強さは人によって違うということです。
皮脂は人間にとって重要なものですので、完全に取り除いてしまうと良くありません。

特に年配の女性は皮脂の分泌が低下していることが多く、皮脂を取りのぞく効果が強いシャンプーを使うと頭皮へのダメージが大きなものになってしまいます。

皮脂膜が薄い、皮膚が弱い人はそれに適したシャンプーを選ぶことが重要なのです。
皮脂が多い人には「オイリーヘア」用のシャンプーを選ぶと良いでしょう。

逆に皮脂の分泌が少ない場合は「ドライ」用のシャンプーを使用して油分を補うようにすると良いでしょう。
自分で判断ができない場合は一度頭皮の状態をチェックしてもらうのもおすすめです。

育毛用のシャンプーやリンスはそれほど重要ではない

洗い方の部分でも触れますが、基本的にシャンプーやリンスは頭皮の残らないようにしっかりと洗い流さなければいけません。

頭皮の残ってしまうと皮膚障害が起こったり、炎症を起こす原因になってしまいます。
そのため育毛用のシャンプーやリンスを使っても結局洗い流すことになるので、それほど重要ではありません。

 

洗う回数はどれくらいがよいのか

髪を洗う女性

清潔にすることが重要だということなので一日に何度も頭を洗う人がいますが、これは間違いです。

特に女性が髪を傷める原因として「洗髪のしすぎ」があるほどです。
ではどれくらいが適切なのでしょうか

実は毎日洗うのも髪には良くはない

基本的に毎日お風呂に入って髪を洗うという人が多いのですが、髪の毛だけのことを考えるのであれば毎日でも洗う回数としては多いのです。

一般の人であれば3日に1度、皮脂が気になる人であれば2日に1度程度で大丈夫です。

もちろん、屋外で汗を多く流して働いているような人であれば毎日洗うのが良いのですが、屋内で多く過ごして汗もそれほどかいていないのであれば2日に1度で充分です。

ただ、やはり毎日洗わないとすっきりして寝ることができないというのであれば、シャンプーなどをつけずに水で流すのは問題ありません。

水で頭を流すだけでも付着しているホコリや余分な皮脂はかなり落とすことができます。
気になる人は水で流すようにしましょう。

朝シャンはしてはいけない!

女性が仕事前や外出前に朝にシャンプーをすることがあります。
朝シャンと言われるこの行為ですが、頭皮や髪の毛のことを考えると絶対にしてはいけない行為であることがわかります。

朝に出かける前にシャンプーをして皮脂を取り除いてしまうと、外出したときに皮脂が紫外線から頭皮を守ってくれることができなくなります。
そのため紫外線のような刺激が直接頭皮にダメージを与えることになるのです。

朝が忙しいという理由でしっかりと髪を乾かさないまま外出するのも良くありません。
生乾きの頭皮は菌が繁殖しやすい状態になりますし、外出するとホコリなども付着しやすくなります。
それらを考えると朝シャンはヘアケアを考える上では絶対にしてはいけないことになるのです。

正しい洗髪の仕方とは

まず絶対にしてはいけないのは大量のシャンプーをつけて力任せに髪を洗うことです。
これは頭皮が荒れるだけでなく、擦ることで短い髪の毛や発毛途中の髪の毛が擦り切れてしまうことになります。

そのうえで休止期に入っているような髪の毛も根こそぎ抜けてしまうので、かなりの髪の毛が減ることになってしまいます。

シャンプーを使うときは直接髪にかけるのではなく、手で充分に泡立ててから指の腹や手のひらでマッサージをするように髪と頭皮を洗っていきます。
爪を立てることなく優しく洗っていきましょう。

また、シャンプーやリンスは充分に洗い流しましょう。
特にリンスは油成分が多いために毛穴に詰まったりすると皮膚が荒れるだけでなく、悪臭の原因にもなります。

フケが多い人は特にしっかりと洗い流す必要があります。
フケは頭皮の古い角質がはがれたものです。

これが頭に多く残った状態だと菌や微生物が繁殖しやすくなり、かゆみや髪の傷み、抜け毛の原因となっていきます。

まとめ

ヘアケアをする女性

ヘアケアの基本はやはりシャンプーです。

自分に合ったシャンプーを選ぶことからはじめ、正しいシャンプーの仕方、回数を守って行うことだけでも基本的なヘアケアは充分にできます。

まずはシャンプーから改善していきましょう。

 

【髪のボリュームが気になるあなたへ】