断捨離は、すっかり日常生活に浸透した言葉になりましたが、
みなさんは断捨離をしたことがあるでしょうか?

50代以上の方は生きてきた年数分、多くの物に囲まれた生活をしているのが一般的です。
また、50代や60代の方は、子供の独立や親との同居やお別れなど、
ライフスタイルが変わりやすい年代でもあります。

手持ちの物を見直すには、タイミングの良い時期ともいえるでしょう。
それ以上に、50代の方に断捨離をしていただきたい理由があります。

断捨離をするのに、年齢は関係ないと思うかもしれませんが、断捨離をするにはパワーが必要です。
体力・気力がある今のうちに、断捨離を実行しましょう!

 

50代で、なぜ断捨離が必要なのか?

断捨離とは

断捨離とは
断捨離とは

一般的には、片付けの代名詞のように知られている断捨離。
しかし、本来の意味は単なる片付け法ではなく、
「いらないモノを断ち、いらないモノを捨て、モノへの執着から離れること」とされています。
余計な物を買わない、選ぶ力も必要なのです。

 

断捨離には体力と気力が必要

断捨離をするには、物を選り分けるために、
物を出して仕舞うを繰り返すことが多くなります。

つまり、断捨離には体力と気力が必要になるのです。

例えば、押入れから来客用の布団を何組か引っ張り出すだけでも、体力がいります。
高い位置にある収納スペースにある物を、脚立や椅子に乗って上げ下げするのも、気力がいります。
もし高い場所に重い物を仕舞っていたら、最悪です。

家族の手を借りなくてもすむ、体力と気力がある今のうちに断捨離を行いましょう。
断捨離にはパワーが必要ということを、覚えておいてくださいね。

断捨離のメリット

goodの指の画像
いい情報があります

断捨離には様々なメリットがありますが、
一般的なことから50代ならではメリットも紹介いたします。

心身ともにリフレッシュ&選びぬく力を磨く

断捨離をしたことで、
キッチンに空きスペースが増えたなど物理的な理由があります。
それゆえ、作業がしやすくなり気分が良いなど精神的なことまで、
心も身体も余裕がでてきます。
心身ともにリフレッシュできるのです。

 

また、断捨離をしているうちに、選ぶ力が養われるのは必然的です。
安いからと必要がない物の購入も、控えるようになってきます。

プレ終活になる

50代の方は、まだ終活まで考えていない人も多いのではないでしょうか。
しかし、いざ終活を真剣に考える年代になった時、
今よりさらに物があふれているのに体力・気力も衰え、
自分で断捨離を実行するには困難さがつきまといます。

断捨離は終活のひとつとして、いずれしなければならない時がくるでしょう。
ここで一度断捨離をしておけば、プレ終活にもなり後々楽になります。
また、シンプルな老後を迎えたいという方にも、効果的です。

有料ゴミ袋になる前に

燃えるゴミ・燃えないゴミを出すのに、既に地域によっては、
街の指定した有料のゴミ袋を購入してゴミを出さなければなりません。
有料のゴミ袋制度を採用している地域は、どんどん増えています。
お金を出して捨てる日がくる前に、不要な物は早めに片付けましょう。

+αのお小遣い

なかなか物を処分できない理由のひとつが、もったいないと感じるからです。
しかし、処分の仕方は捨てる以外に、人に譲る、寄付する、売るという方法も考えられます。

特に売る場合は、買取店、フリーマーケット、ネットオークション、フリマアプリなど幅広く手段があります。
物を処分から活用へと変えられるので、プラス思考で作業ができ、お小遣いにもなるのも魅力的です。

なかでも、フリマアプリは特におすすめといえます。
中々歳を召してからのアプリ習得には骨を折ります。
そのため、今のうちからフリマアプリの利用は効果的です。
50代以上の方なら、匿名配送も可能なメルカリやラクマがおすすめでしょう。

断捨離の方法

こんまり流など片付けの方法は数多くありますが、自分に合うやり方で行うのが一番です。
比較的50代以上の方に向いているといわれる片付け本を、以下に紹介しておきます。

1.「すっきり!幸せ簡単 片付け術」

 

2.「あした死んでもいい片付け 実践!―覚悟の生前整理」

断捨離をして失敗した物

 

断捨離を始めると、やみくもに実行しがちですが、処分しない方がよかった物として、以下の物がよく挙げられます。

 

・重要な書類(保険証券など)

・緊急時の必需品(懐中電灯など)

・思い入れのある物(幼い頃の宝物など)

・再び手に入らない物(限定品、廃版品など)

・あると精神的に安定する物(癒しグッズなど)

・なくなると生活の質が下がる物(処分し過ぎた服や電化製品など買い直す場合も)

 

断捨離をする上での留意点

禁止事項
禁止事項

断捨離には落とし穴もありますので、以下の点に気を付けましょう。

無理をしないこと

焦らずに行うこと

50代以上の方は、無理に短期間で終わらせる必要はないでしょう。
休憩をはさみながら片付けするのもコツです。

無理して処分しないこと

自分なりの断捨離の基準を持つと、作業がしやすいでしょう。
例えば、壊れている物は処分する、今必要でもなく興味をもてない物は処分するなど。

余分な物を買わないようにすること

片付けのために収納グッズを購入したら、本末転倒です。
収納グッズはできるだけ手持ちの物ですませ、購入は控えましょう。

家族との関係

断捨離を行う際には、家族との関係にも気を付けたい点があります。

家族の物には手をださない

家族とはいえ人の所有物を勝手に断捨離するのは、トラブルの原因になります。

家族に自分が断捨離していることを伝える

自分は片付けをしても家族がしないため、断捨離をした感じがしないという悩みもききます。
家族にも断捨離をして欲しいなら、自分が断捨離をして生き生きしていることを見せるのがポイントです。
自分の考えを押し付けるのではなく、知ってもらう程度の気持ちでいましょう。

また、断捨離をしていることを家族に伝えなかったために、
ある共有物を処分したら、共有物がないことに気付いた家族が、

不便だろうと思い再び購入したという失敗例もあります。
共有している物は、必ず相手にも確認をとってから処分しましょう。

断捨離でライフスタイルのクオリティを上げよう

綺麗に掃除した部屋
綺麗に掃除した部屋

断捨離をすると、心身ともにスッキリするばかりでなく、時間にもゆとりが生まれてきます。
ストレスフリーにもなりやすく、さらに生活の質も向上していきます。
体力も気力もある50代で断捨離をすることで、クオリティが高いライフスタイルを目指しましょう。