最近は動物病院に「アレルギー」の相談に来る飼い主さんが増えています。
最初は「皮膚炎?」と思って放置していた皮膚の赤みがなかなか消えない。

そのうちに強烈な「かゆみ」に襲われて夜も眠れない!そんな状態になってから、慌てて相談に駆け込む飼い主さんも。

犬のアレルギーを予防するためにできること。
例えば毎日食べるドッグフードに含まれるアレルゲンを最小限、除去することです。
簡単に言えば、アレルギーを起こしやすい食材を除去したものを最初から与えるということです。
まだまだアレルギー治療には「これが正しい!」ということは明確ではありません。
アレルギー症状にも個体差があるのです。

犬のアレルギー・アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは人間の皮膚炎と同じ病名です。
アトピー性皮膚炎の場合半数以上の犬に「食物アレルギー」が見られるのです。
アトピー性皮膚炎の場合、生まれながらに「アレルギー体質」の犬もいます。
遺伝の要因や何らかの原因で皮膚のバリア機能が低下していることも原因の一つです。

なぜ起きる?

アトピー性皮膚炎はダニやカビが原因で起きる「皮膚のバリア機能不全」という表現がぴったりです。
本来は皮膚が反応を起こさない部分が、急に皮膚が過剰反応を示す。
これによって引き起こされる皮膚炎がアトピー性皮膚炎です。

遺伝的な要素を考えてみると、親犬から引き継ぐということではないのです。
犬種によっては遺伝的にアトピー性皮膚炎をおこしやすい傾向もあります。

皮膚に起きている異変とは?

本来は適度に潤うはずの皮膚のバリア機能が弱くなっている場合。
すぐにアレルゲンは皮膚に侵入していきます。
それによってアレルギーの反応が起きてしまうのです。

アレルギーが起きたときの症状

アレルギーに反応すると犬にはすぐに症状が現れます。
例えば皮膚炎や鼻炎そして目のかゆみを伴う炎症や胃腸障害なども引き起こすのです。
比較的皮膚の薄い部分にアレルギー反応が強く出るのです。

わきの下やおなか周りにはどうしてもアトピー性皮膚炎の症状が強く出ます。
アトピー性皮膚炎が起きやすいのは春から夏にかけてのシーズンです。

慢性化してしまうと年中、肌のコンディションが悪いという状態になってしまいます。

アレルギーの予防方法について

アレルギー反応が出始めているときに、まずはアレルゲンの特定を行うことから治療は進めていきます。
獣医師の方から提案があった場合、飼い主さんはアレルギー検査を検討してみてください。
普段から食べているドッグフードに含まれているアレルゲンがある場合には除去することが必要です。
それによってアレルギーを今後、予防できる可能性も高いのです。

体質改善を行う

アレルゲンを除去するということに加えて、体質改善をすることでアレルギーを予防する方法もあります。
それが「イヌインターフェロン-γ」です。
インターフェロン注射薬になります。

決まった間隔で4週間の間インターフェロンの注射をします。
それによって半数以上の犬にアレルギー反応の改善がみられるというものです。
個体差はあるのですが副作用などもないので、試す価値は十分にあります。

予防法について

普段からシャンプーを美容目的だけに行わないようにします。
つまりシャンプー類も厳選して肌に良いものを使う。
そしてアレルゲンを洗い流すという気持ちで行うことが一つの方法です。
オーガニックシャンプーなどを使って、皮膚の内側までをきれいに洗い上げる。

そして散歩などで蓄積されやすいアレルゲンを洗い流すということを目的にします。
皮膚のバリア機能を高めるために、シャンプーをした後にはセラミドのローションを塗布するなど、ていねいなお手入れが必要です。

犬用サプリメントを利用する

ドッグフードやシャンプーに加えて犬用のサプリメントを適時利用することは犬のアレルギー予防には効果的です。
セラミドコラーゲンや腸内環境を整えるサプリメントです。
常に体を改善させる目的でサプリメントを摂取している間に、何らかの変化がみられるものです。

アレルギーを予防することと治療をすること

ドッグフードの見直しはアレルギー予防の第一歩です。
そこからアレルギー体質を改善していくことが重要です。
毎日継続的なお手入れやサプリメント投与で、長い時間をかけてでも体質を変えることは、アレルギー予防に必要なことです。

アレルギーの治療について

人間のアレルギーと同じように犬のアレルギー治療にも時間がかかります。
即効性のあるステロイドを長期間、使い続けることは体に負担をかけてしまいます。
動物病院ですすめられる方法は対処療法です。
実施には薬を服用してアレルギー反応を鎮める、抑え込むという方法です。
動物病院では一番ポピュラーな治療方法として知られています。

まとめ

犬のアレルギー対策は気長に行うものです。皮膚の赤みが出てきた時点で「予防」は難しくそれに「対処」することを考えていきましょう。アレルギーを起こしにくいペットフードの原材料を選ぶ。そして皮膚は常に清潔にしておく。そんな心がけがアレルギー体質の犬には必要です。