ペット(犬)の暑さ対策

犬は人間が思うよりも暑がりです。
猛暑と言われている現在の気温ではとても、外で過ごすことは厳しいものです。
それは犬種問わず、熱さは犬の大敵です。
日中の散歩は過酷ですので散歩の習慣がある場合には早朝か夜間。
どちらかで飼い主さんも調整してあげましょう。

夏バテ中
犬にも熱中症というリスクがあります。
熱中症は外で起きるとは限りません。
家の中でも高温になっている場所はいくつもあります。
危険防止のためにも夏の間はエアコンの効いている部屋だけ往来ができるようにするなど、飼い主の方である程度規制をかけた方が安全です。

犬は家の中でも熱中症になる

犬は家の中でも熱中症になる!?これは本当の話です。
普段から家の中を自由に往来している子の場合、間違って風呂場まで行ってしまった場合。
湿度も高くエアコンも効いていない状況ですので、かなりの高温になっているのです。
また、飼い主さんが良かれと思って窓を開けてエアコンを切った状態で外出した場合。
帰宅した犬が熱中症を起こして苦しんでいたということもあるのです。

犬にとって危険な温度とは?

犬は基本的に暑さに弱いと覚えておいてください。
ハアハアとパンティングを始めたら暑さを感じている証拠です。
やがて心拍数がぐんぐんと上り、呼吸が苦しくなる場合にはすぐに冷やして、動物病院での緊急の手当が必要です。
愛犬がそのような辛い思いをしないようにしてあげましょう。
室内で過ごす場合には、エアコンの効いていない場所に、勝手に立ち入らないようにする。
ゲージをしたり鍵をかけるなど細心の注意を払ってください。
気温で言えば25度以上になると、かなり暑さが厳しく体にも堪えるよにうになります。

エアコンを使って室内を冷やす

温暖化の影響で、一昔前のように朝晩が冷えるということはなくなりました。
朝から30度近い気温に上昇する日も多いのです。
夕方になっても25度前後の気温が下がらない状態です。
猛暑日、熱中症注意などという警告が出ているような真夏日にはエアコンのある部屋で過ごす。
これが犬にとっても安全なことなのです。

25度を超えると暑さで苦しい犬もいる

特に室内の温度でも25度を超えると暑さに弱い子の場合、呼吸が早くなってしまいます。
鼻の短いタイプの犬種は本当に暑さに弱いのです。
犬にとって扇風機は気持ちよいのでしょか??実は扇風機が気持ちよいと感じるのは人間だけなのです。
肉球にしか汗をかかない犬は皮膚に扇風機の風が当たってもあまり涼しさは感じないようです。
それよりもエアコンで部屋を冷やしてあげる方が先決です。

犬の暑さ対策

暑い日が続くとなかなか散歩もでかけづらくなります。
生活のペースも崩れがちで運動不足になる犬もいます。
そのために食欲不振になる場合もあります。
そんなときはまず、水分補給をしっかりと行います。
最近は、犬用のスポーツドリンク系の飲料が販売されています。
夏の間だけでも、そのようなものを上手に追加って水分補給を十分に行います。

食欲不振は夏バテのもと

夏になると食事量が減るという場合には香りの強いウエットフードを使うとよいでしょう。
涼しい場所で、香りの強いもので食欲をそそるようにします。
暑さで食欲不振が続くような場合には、動物病院に相談をして何か病気にかかっていないかどうか?を確認しておく方が安全でしょう。

犬だけで留守番をする場合

飼い主さんがどうしても犬を留守番させる場合、必ずエアコンの効いた部屋だけで留守番をさせるようにしてください。
可能であればゲージの中に入れて留守番をさえる方が安全です。
心地よくエアコンが効いている場所で待機させるようにしましょう。
飲み水はたっぷりと与えるようにしておきます。
広い場所で自由にお留守番をさせるのはかえって心配です。
基本的に留守番はゲージの中でというのが基本です。

暑い夏に便利なモノ

冷凍のペットボトルにタオルを巻いて置いておきます。
ひんやりとしているので暑いときにはひんやりと気持ちの良いものです。
そして、通院や散歩などで外に出る場合には水でぬらすと冷却するタイプのバンダナは欠かせないでしょう。
そして室内用のひんやりマットも準備しておいてあげましょう。

犬の暑さ対策はいつも早めに行う

サマーカットというトリミングカットがあります。
被毛を短く刈るのですが、猛暑日が続く場合にはあまり意味がありません。
かえって熱い思いをさせてしまうだけです。
それよりも暑い時間帯に外に出ない工夫の方が大事です。
最近では夏を迎える前から暑い日が続く場合があります。
犬の場合には25度という気温をいつも境目として考えてあげましょう。
自宅の中でもひんやりグッズを準備して暑さ対策は万全に行ってあげるべきです。

まとめ

快適に夏を過ごしいて無事に元気な秋を迎えることが一番の目標です。
夏の間に暑さで辛い思いをしないように飼い主さんは細心の注意を払って犬に対応してください。
それがなによりもの愛情です。