愛犬が亡くなったとき。早急に葬儀の準備をしてあげましょう。
動物病院では必ず亡くなった犬の法要が行える、霊園墓地を紹介するパンフレットを準備しています。
持っています。

因果なことですが、動物には必ず飼い主よりも先に「死」が訪れるものです。
犬が亡くなった時の葬儀は基本的にどの家庭も行っています。
まずは火葬を考えなければいけません。

愛犬が亡くなった時の火葬の方法とは

愛犬が亡くなった時の火葬の方法とは

犬の場合、葬儀というよりも「どのように火葬をするか」が大切です。
最近では合同火葬というよりも個別で自宅まで遺体を引き取りに来てくれてそのまま火葬をしてお骨拾いをするという葬儀の形が多くなってきました。
まずは飼い主として、愛犬の死は辛いのですが火葬の方法を考えてあげましょう。

葬儀社に出向いて火葬をお願いする場合

人間の葬儀とほぼ同じで祭壇に遺体を安置します。
そして簡単なお経をあげてもらい、最後のお別れをして葬儀社の中にある火葬場に見送ります。

火葬の間、葬儀社の中で待たせてもらう。そしてお骨拾いをして骨壺と一緒に帰宅という方法です。

人間の火葬式と同じ形式です。
お別れの会という形で友人や世話になった人に集まってもらい盛大に行う場合もあるようです。

多くの人が家族葬のような形で家族だけで見送る形式が最も多い形です。
中には遺骨を霊園に入れず手元供養する人も多くなってきました。

遺体を引きとってもらい火葬をしてもらう場合

専用車で自宅まで遺体を引き取りに来てくれます。
そのまま火葬場で合同火葬を行い、提携の霊園に埋葬するという形です。

立ち合いはなしで返骨もありません。
これは少し寂しいような気がしますが、一人で旅立つのが可哀そうと感じる飼い主が他のペットと合同火葬を望む場合が多いのです。
そして合葬という形で仲間たちと眠る方法です。

飼い主の考えが反映される葬儀の形

愛犬の火葬、葬儀には飼い主の考えが反映される

個別火葬を行う場合、できるだけ目の前で見送り間の前でお骨拾いをさせてもあれる葬儀の形をお勧めします。
我が子の最後の姿を見送り、そしてお骨になった我が子を骨壺に戻してあげる。
そこまでは飼い主の役割だと考えるからです。

「火葬に立ち会う」ことは、身を切るように辛いことです。
そんな場面は見たくないと考える飼い主さんは合同火葬を選ぶのでしょう。

ただできることであれば「お見送り」は最後まで飼い主がしてあげることが、基本姿勢だと思います。

火葬に立ち会いたくないと考える飼い主さん

個別火葬でも業者に一任するという考え方もあります。飼い主さんの感情が大きく左右されることです。
ですので、個別火葬で骨壺に入った我が子を受け取るだけという葬儀も実際には多いのです。

人間の葬儀とは全く違った形でのお別れですが、どの形が正解ということは言い切れないのが火葬に対しての考え方です。

ペットのお葬式とペットロス

ペットロス

ペットの葬儀の形を後から後悔しても何も変わりません。
あの時こうしていたらよかった…という悔いが残らないような葬儀を選んでください。
すべて業者に一任したことで後悔につながる場合。
どのように考えればよいのでしょうか。

ペット葬儀には1万円以上の経費がかかります。
中には5万円近い豪華な葬儀の形を提供する業者もいます。

ペットロスになる前に、やはり最後の別れ方は自分の思い描くものにするべきだと思います。

もちろん、予算との兼ね合いが大きく関連します。
だからこそ、今一度ペットの葬儀の在り方を自分なりに考えてみてください。

ペット葬儀の業者が増えている

実際にペット葬儀も業者次第です。心温まる葬儀をしてくれる業者とそうでない業者。
金額は抑え気味でもペットを見送るという心を持ち合わせた業者との出会いで、飼い主は救われます。

逆に高額な経費がかかり、心のこもらない葬儀で終わってしまうと、生涯の悔いが残ります。

HPだけではわからないことがあります。
不透明なこともあります。
だからこそ担当者とじっくりと話せるチャンスがあれば、とことん、質問をして納得のいく葬儀を滞りなくすましてあげられるように、努力をしてください。

ペット葬儀費用について

ペットの葬儀にかかる費用は民間で葬儀を依頼した場合には1万円~5万円という相場です。
基本的には火葬式という考え方です。

市役所に遺体を引き取ってもらうという人は最近では少なくなってきました。
ほとんど家族だけで見送るケースです。

民間で行う最安値の葬儀

火葬料金として1万円程度を納めると、火葬を執り行う業者もあります。

損場合、返骨はなしという場合が多く、倫理的に飼い主としては手元供養もできないデメリットもあります。

体重のより料金は違う

ペットの大きさによって料金体系が違います。

小型犬や猫の場合には1万円~3万円の間が平均です。
そして中型犬ならば4万円程度
大型犬からは6万円前後となります。

まとめ

ペットの葬儀はいずれにしても業者の取り扱いによって非常に簡易になる場合もあります。
そして飼い主側に寄り添い、良心的な金額で執り行える場合もあります。

評判や口コミを吟味して決めるようにしてください。