ペット保険に加入するかしないか?まずはここを選ぶ必要があります。
最近はペットの保険会社がとても多くなってきました。
初めてのペット保険をどう選べばよいのか?いくつかのポイントがあります。
まずは補償の割合や1年間の支払限度額と支払限度回数などの条件を考えてみてください。

診断を受ける犬

ペット保険のメインを考える

自分のペットに対してどのような補償を望んでいるのか?まずはこの部分を明確にしてください。
例えば通院保障は病気やケガで通院をした時に所定の保険金を給付するもです。
そして入院保障は入院時に所定の保険金が給付されるものです。
どちらかに特化した保険もあります。
一般的には最近は総合的に補償を受けられる保険もあるのです。

補償の割合を検討する

ペット保険の場合には、その時にかかった診療費の何パーセントが補償されるのか?がポイントになります。
人間が医療を受ける場合のように、あらかじめ健康保険があるものではありません。
一度の診療費がかなりの高額になる場合もあるのです。
保険の種類によっては100%の保障をメインにしている会社もあります。
たいていの場合には50%~90%という形になっています。

飼い主が望むのはどのパターンなのか??

万が一のために補償の割合を大きな保険に加入する。
もしくは月々の保険料の安さを重視して保障の割合は低くする。
このどちらかに決めなければいけません。

犬のライフステージによってのケガや病気

ペット保険を検討したときに加入時期は飼い主さんによって考え方は違います。
子犬の時期は大きな病気になる確率は低いものです。
犬種によっては怪我が多くなる場合もあります。
ただ、病気の場合には一度大きな病気を経験してからのペット保険加入は困難です。
そう考えると病気になる前に加入することがベストなのです。

 

補償限度額か補償限度日数か?

ペット保険を選ぶ際に、補償限度額がいくらに設定されているのか?が知っておくことが重要です。
1年間の支払保険金の合計金額を補償限度額と決めている商品と、通院、入院、手術それぞれに細かな設定がある場合を例に挙げます。

〇通院、入院、手術を合わせて年間支払限度額が60万円の場合、契約中の限度数はなしで、年間総支払額が60万円という保険
〇通院は1日あたり10,000円で年間20日まで・・年間支払額20万円
〇入院は1入院にあたり20,000円で月間30日まで・・年間支払額60万円
〇手術は1手術当たり10万円(年間2回まで)・・合計支払額20万円

このようにペット保険によっては補償内容が大きく変わります。

万が一のときに受け取れる金額が重要

ペットが病気になった場合。想定外の高額医療費がかかることは日常茶飯事です。
この急な出費に対応するのがペット保険です。
人間が医療機関にかかるときとは、けた違いの医療費が急に必要になることは稀な話ではないのです。

 

いざというときの自己負担額を想定しておく

保険金を受け取れる日数や回数に制限がないので、高額な治療費が必要な場合でも、保険の給付により最終的には自己負担額が少なく済むケースがあります。
この場合、注意しなければいけないのが、契約期間中の支払保険金です。
一時的に動物病院に支払う金額が大きくても補償を受けることで戻ってくる給付金がある場合、多少は月々の保険料が高めでも仕方がないと考えておく。

また保険料が格安の場合、月々の負担はとても少なく済む。
受け取れる保険金に対して回数が年間20回などと決められている場合が多い。
通院や入院が長くかかる病気にかかったケースの場合には、途中で補償が受けられなくなるというケースもあります。

診断を受ける犬

窓口請求が後日請求か?

動物病院によっては窓口清算でペット保険の計算をしてくれる場合があります。
日本国内ではまだ数社しか窓口対応をしていませんが、ペット保険の種類によっては、いざというときにペット専用の保険証を提示するだけで、加入条件通りの割合で計算が行われます。
そして自己負担額のみを支払うだけでOKです。
この場合、年間の利用回数が定められているので、1年間、計画的に保険を利用しなければいけません。

その一方で、後日請求の形を取るペット保険がその他多数です。
一旦、その日かかった医療費を清算し、改めてペット保険会社に飼い主が所定の手続きを行い請求をする形です。
今はこのパターンがほとんどです。

ペットと楽しい時間を過ごすためにシビアに決めたい保険

ペット保険を決める際には補償される病気をきちんと一覧でチェックしておきましょう。
そして清算方法が窓口か後日か?もチェックポイントです。
そのペット保険が自動更新で終身タイプかどうか?もきちんと見極めておく必要があります。

まとめ

飼い主さんの意向に合っているペット保険を選べることが一番重要です。
わからないことは、加入前に保険のカスタマーサービスに問い合わせをして、説明をうけておくことが何よりも重要です。