わんちゃんをお迎えをしてすぐに考えること。
それはドッグフードは何を食べさせればよいのか?ということです。
安全なドッグフード?栄養価の高いドッグフード?何が一番良いのでしょうか?
動物病院で紹介してもらったドッグフードをメインに食べ続ける飼い主さんもいます。
自分の目でじっくりと選んでこだわりのドッグフードを与える人もいます。

 

ドックフード

ドッグフードをどう選ぶ?

ドッグフードを値段で選んでいませんか?気軽に購入できるドッグフードの場合には、健康を害するものが含まれている場合もあるのです。
例えば添加物が多く含まれているものや、材料が不透明なもの。
そして穀物類が多く使用されているものは安価で大量パッケージに、なっている場合が多いのです。
犬にとってドッグフードは何よりも栄養バランスが取れたものが望ましいと言われています。

子犬の時代・食欲について

小型犬などの場合には食べムラが多く、なかなかスムーズに適量だけ、食べることができないという悩みがあります。
そんなときにはドライフードをふやかして食べやすくする工夫も必要です。
ときにはウエットフードのトッピングもとても喜んでくれるものです。
なかなか、自分の力で食べようとしない子の場合には、飼い主さんの工夫次第で、ある日突然、自分でドッグフードを完食するようにもなるのです。
やはり大切なのは食べる環境や、ドッグフードの嗜好性です。

動物の体に必要なもの

人間の体を作る場合と同じです。
炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルが必要なのです。
成長期の栄養管理は飼い主さんの大切な役割です。

健康的な体を作るための骨や筋肉が成長していくときに適切なドッグフードが必ず必要です。
体の機能もしっかりと成長する時期でもあるのです。

特に小型犬の場合には口も小さいので一度にたくさんのドッグフードを食べることができません。
生後5カ月ごろまでの間は1日の食事を4回程度に分けて与えるようにしてみてください。
1歳を迎えるころには1日2回の食事時間を定着できるように、工夫をしてみてください。

ドッグフードの種類について

ドッグフードには4つの種類があります。
一番よく見かけるのが総合栄養食です。
そして病院などで購入ができる療法食、アレルギー対策のための目的食、間食という種類の中で食事を選択していきます。
ドライフードとウエットフードという形態の違いもあります。
嗜好性の高いドッグフードの場合には、犬の食いつきもよく、栄養バランスの良いものを適量きちんと与えることが大切です。

ドックフード

犬種や大きさで選ぶ

大型犬と小型犬のドッグフードは違います。
もちろん、口の大きさも違うのでドライフードの場合には粒の大きさにも各メーカーは配慮をしています。
そして体重や体格によっても、適したドッグフードを与える必要があります。
犬のなかには好き嫌いをはっきりと表すタイプの子もいます。
「好み」というものがあるのです。
最初は小袋になったドッグフードをお試しで与えてみることも必要です。

ドッグフードのタイプ

ドライフードは全体の水分用は10%以下でカリっとした食感が特徴です。
保存期間も長く、持ち運びをするときにも便利です。
しっかりと噛んで食べることで、歯石の予防にもつながります。
水分量が少ないドッグフードですので、新鮮な水を常に飲めるように工夫をしてあげましょう。

セミモイストフード

半生タイプのドッグフードです。
水分量が多いのでふんわりとして、食べやすい食感が特徴的です。

ウエットフード

柔らかく食べやすいタイプのドッグフードです。
ドライフードのトッピングに使う場合もあります。
ウエットフードをメインに食べている子もいます。
保存期間が短めですので、衛生面に注意をして与えるようにしてください。

年齢別にドッグフードを選ぶ

子犬に与えるドッグフードはグレインフリー(穀類不使用)のもので、動物性たんぱく質が豊富に含まれているものを選んでください。
添加物が不使用で何の動物性の脂質が使われているのかが明確であることが条件です。
子犬に必要なのは良質な動物性たんぱく質です。
成犬と比べるとその2倍近い栄養が子犬時期いは必要です。

1歳以降のドッグフードについて

1歳を過ぎた犬に与えるドッグフードの目的は「健康維持」です。
ドッグフードは維持食とも呼ばれています。
ドッグフードの内容としては、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルという栄養素を豊富に含んでドッグフードが適切です。

シニア時期のドッグフードについて

老犬に向けたドッグフードは、その犬の老化現象を見極めて成犬用のドッグフードからシニアフードに切り替えてください。
例えば睡眠時間が伸びて食が細くなったと感じたとき。
そして動きも鈍くなってきている場合には、シニア用のドッグフードが適切です。

体質からドッグフードを選ぶ

太り気味の犬の場合には、ダイエット用のドッグフードを選んであげましょう。
そしてアレルギー気味の犬には、アレルギー反応が出づらいドッグフードを選んであげましょう。

まとめ

ドッグフードには数えきれないほどの種類があります。
その中から、年齢、体質、体格に沿ったものを選ぶことが何よりも重要ポイントです。
そのためにも普段の食事光景を観察して、食べムラや嗜好性を飼い主が判断してあげることも大切なのです。

ドックフードを食べる犬